トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
治療後のPET検査の頻度について
日時: 2012/05/02 12:04:25
名前: philos

70歳代の夫が「末梢性T細胞リンパ腫」で8クールの
CHOP療法を受け、昨年3月に8クール目を終了しました。昨年11月のPET検査の結果、「完全寛解と考えられる。」との評価をいただきましたが、主治医から2度目のPET検査を打診されました。前回から1年未満なので返事を保留してあります。この程度の頻度は一般的なのでしょうか。会員の皆様の経験をお聞きしたいのですが。

Page: 1 |

Re: 治療後のPET検査の頻度について ( No.1 )
日時: 2012/05/04 00:38:23
名前: meme

40代の女性です。
病気のタイプは違いますが、同じく8回のR−chopをしまして完全寛解中です。

確か、治療前に最初のPET、治療が終わって一カ月後にPET、ここで完全寛解との診断がつき、その後は一年後にPETでした。合計3回受けました。今、治療後4年半ですがその後、特に勧められませんので受けたことはありません。

ちなみにCTは3年までは半年ごと、今は一年に一度です。
被爆のこともありますので、CTは今は控えめにしていますが、PETもCTも被ばく量は合計で考えた方がいいですよね。といってもPETはCTと比較にならないくらい被ばく量は多いので確かにあまり必要以上には受けたくないですよね。

ただ、私も同じように、治療後の二度目のPETは約一年後に受けました。
恐らく被ばく量を心配なさっていると思います。
もちろん少ないに越したことはありませんが、やはり最初の一年は先生も被ばく量よりもリンパ腫の方の心配をされているということでしょう。

必要以上の回数は受けたくないですが、一年後の二度目のPET、私は同意して受けました。

あ、でもご主人様はまだ昨年のPETから6カ月ですね。確かに近いですよねー

うーん、私だったら主治医の先生にもう一度きいてみます。「半年でもう一度PETということは、何か心配な要素があるのですか」という感じで。。

Re: 治療後のPET検査の頻度について ( No.2 )
日時: 2012/05/04 09:00:20
名前: philos

meme様:
貴重なアドバイスをありがとうございました。
お言葉通り、主治医に確認するのが最善の方策ですよね。次回の診察の時に再度、質問してみます。
それにしてもmemeさんは現在、お元気そうで何より
です。今後ともお体を大切に。
本当にありがとうございました。
Re: 治療後のPET検査の頻度について ( No.3 )
日時: 2012/05/28 23:31:11
名前: p-con

philos様 こんばんは。
濾胞性リンパ腫患者本人です。ちょっと感じが間違っていないか心配です。
この前機械全体を交換したので、日本語変換辞書が使っていたのが消えてしまいました。
それは横に置いておいて、PETの回数ですか。

先生方に言わせると、ある程度の被爆を覚悟で撮影するときは命に関わると思われるとき。
ですから、必要が有れば使えるそうです。
年間の被爆量というのは一応設定されているようですが、自分はあまり気にしていないので、忘れました。
ただ、2回目の再発の時は3ヶ月に1回の検査を受けました。
薬の効果を確認する必要があったようです。
以前、同系列の治療を一度受けていましたから。
だからその時は入院前検査で1回、3ヶ月後に1回、治療終了後に効果確認にPET/CTを受けたと思います。
患者さんの体に合わせて、可能な限り少なくしかし確実な検査を目指すと言うことのようです。
お陰で、部分寛解でしたが、今まで何とか口先だけでも元気にやってこれたと思います。
と言うわけで、今3回目をどうしようかとなっています。

もう、罹患したときから先生方から言葉の上からも鍛えられて、鉄面皮になっちゃいました。
良い面の皮です。

これからの治療、気楽に良いこと悪いこと見えてきますが、楽しいこと、良いことを中心に目を据えて乗り越えたるぞと踏ん張って前進する予定。
今のところ詳細の話は来てませんけどね。

脱線話が好きなもので申し訳ないです。
まっすぐ病気を診るのもよし、たまには脱線して他の方から病気にアプローチしても良いかも知れません。
気持ち楽に、施して貰うのは先生方、受けて踏ん張るのは患者の持ち場。
だから、自分が沈まぬように、前向いて少しでも良いから、前進すればよいのではと思い込むようにしています。

お互いに 完全寛解を旗印に掲示板上でお会いしたいものです。
Re: 治療後のPET検査の頻度について ( No.4 )
日時: 2012/07/01 11:55:11
名前: philos

P-CON様:
遅ればせながら「貴重なご意見をありがとうございました。」丁寧な助言をいただきましたのに当方の事情でコンピュータを使うことができず、本日、
やっとお礼を申し上げることができます。私の夫の場合は昨年11月に8クールCHOP終了後のPETを受け、
RCとの判定をいただきました。その後、2ヶ月に1度の血液検査をしていますが、5月初旬の検査の際に
主治医から「PETをやりましょうか。」と打診がありました。血液検査の数値は可溶性IL-レセプターが541と基準値よりは高目でしたが、その程度の数値は以前にも経験しており、LDHは基準値内であったため、「前回から1年未満ですが…」と申し上げましたら「そうでしたかね?」だけで話が終ってしまいました。主治医の勘違いだったのかもしれませんが、患者としては、memeさんのコメントにもあるように、PETの打診を受けただけで何か悪いことを想像してしまいます。来週には定期血液検査があるので、その結果を見て再度、主治医にPETの必要性について尋ねてみるつもりです。主治医は勤勉な勤務医さんなのですが、忙し過ぎるようで、なかなかジックリと話し合うことができません。私共に限らず、日本の医療の問題なのかもしれませんが…。ネクサスの皆さんが提供して下さる情報の質がその問題を補ってくれることを非常にありがたく思っております。P-CONさんもどうぞご自愛下さい。

Page: 1 |