トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
節性辺縁帯リンパ腫の治療方法について
日時: 2012/05/27 20:18:27
名前: スマイルママ

はじめまして
スマイルママと申します。

私、2009年胃MALTリンパ腫からの形質転換でびまん性大細胞型B細胞リンパ腫W期(骨髄浸潤あり)でR-CHOPを8回受けました。
2011年3月PET-CTにて異常集積ありでしたが生検できないところでしたので経過観察しました。
2012年3月PET-CTにて異常集積の数が増え、右脇の下を生検した結果、節性辺縁帯リンパ腫と診断されました。
全悪性リンパ腫の1パーセントの稀なタイプらしく、インターネットで調べてもなかなか参考になる資料が見つかりません。
再発で生検したリンパ節からは低悪性度でしたが、初発がびまん性だったこともあり
どのタイミングでどのような治療をしたらよいか、
同じ病型の方がいらっしゃいましたら、どんな些細なことでも構いませんので教えていただけませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

                                                                                    

Page: 1 |

Re: 節性辺縁帯リンパ腫の治療方法について ( No.1 )
日時: 2012/05/27 21:37:18
名前: shuu

http://ganjoho.jp/public/cancer/data/ML_histology.html
↑上記に、以下が書かれています。

「がん細胞が、胚中心細胞に分化してできるのがろほう性リンパ腫、
暗殻細胞に分化してできるのがマントル細胞リンパ腫、
そして辺緑帯B細胞に分化してできるのがMALT型リンパ腫です。」
リンパ節内部でB細胞ががん化するとき、そのB細胞リンパ球が
存在する場所に起因するようです。

また、
http://ja.wikipedia.org/wiki/MALT%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E8%85%AB
↑上記には、
「MALTリンパ腫(MALTリンパしゅ、英: MALT lymphoma, HL)は、
胚中心を経由した濾胞辺縁帯B細胞に由来する節外性B細胞性リンパ腫である。
WHO分類の正式名を
『Extranodal marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue type
(粘膜関連リンパ組織型節外性ろほう辺縁帯リンパ腫)』
というと書かれています。

スマイルママさんが告知を受けられた初期と、変わっていないようにも思います。
濾胞性でもびまん性への転化はありますが、
その場合、すべてがびまん性に変わるのではなくて、ろほう性とびまん性との
同居(混合)と考えた方が納得がいきそうな気がします。

上記を材料に、主治医の先生と話されることをお勧めします。


でも、
「節性」と、「節外性」と微妙に違いますね。
やはり、医療素人の一患者である私では限界か、
先に書いたことが、的を外れていたら、ごめんなさい。

Re: 節性辺縁帯リンパ腫の治療方法について ( No.2 )
日時: 2012/05/27 22:42:59
名前: スマイルママ

shuuさま

さっそくコメントをいただきましてありがとうございます。
MALTリンパ腫は節外性でしたが、胃だけが瀰漫性で他のリンパ節にはMALTリンパ腫が残存したのかもと思います。
いろいろと調べていただきありがとうございます。
これからセカンドオピニオンも受けて治療方法を考えたいと思います。
            スマイルママ
Re: 節性辺縁帯リンパ腫の治療方法について ( No.3 )
日時: 2012/05/29 23:31:23
名前: shuu

スマイルママさん、

ちょうど、いろいろ調べていたところだったので前回はつい投稿してしまいましたが、
本当は、MALTの患者さんで形質転換された人からの書き込みを期待されていたの
かもしれませんね。
私は濾胞性ですが、濾胞性にもびまん性への形質転化があります。
残念ですが、そうなると荷物がもう一つ増えることになります。

前回の投稿は、出過ぎたかなと反省しています。


そういえば、胃のMALTリンパ腫の人のスレッドが最近はありません。
ここに、あなたと似たような状態の人からの投稿がありますように。


※ 追記
サニーさんのスレッドに、セカンドオピニオの医師の一覧を紹介しました。
お役に立てるようならご覧下さい。
Re: 節性辺縁帯リンパ腫の治療方法について ( No.4 )
日時: 2012/05/30 21:13:06
名前: スマイルママ

shuuさま

コメントいただいて嬉しいです
セカンドオピニオンの件もありがとうございます

節外性のMALTリンパ腫と節性辺縁帯リンパ腫は
近縁のようですが どのような経過を辿るのか
治療はどうしたらいいのか・・・
再発は標準治療がなく、経過観察、ゼヴァリン、フルダラ、ベンダムスチン、自家移植などなんでも可能とのことですが・・・・MAJTリンパ腫の場合、抗がん剤は効きにくいので、せっかく治療しても治療しなくても予後にあまり変わりがない様な話を聞くと経過観察でできる限り過ごせたらいいなと思う反面、生検したところからはたまたま低悪性度でしたが他のリンパ節には瀰漫性の要素があるかもいれないと考えると治療しないのも落ち着かず・・・・
今の医療は本人次第になっていますので選択が難しいです。
皆様からの体験談や情報をいただけるとありがたいです。

shuu様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Page: 1 |