トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
★胃原発MALT再発★
日時: 2012/06/06 00:38:35
名前: スマイルママ

前回、『節性辺縁帯リンパ腫の治療方法について』というスレッドをたてさせて頂きましたスマイルママと申します。

前回のスレはこちらからご覧ください。

http://hpcgi3.nifty.com/webpage3/nexus/patio01/patio.cgi?mode=view&no=1439

さて今回は、実は・・・

再発が発覚し、生検をしたところ、
『節性辺縁帯リンパ腫』と診断を受けたのですが、

今回セカンドオピニオンで訪れた病院にて
『元々の胃原発のMALTリンパ腫の再発』ということが解りました。

私は、

 2009年 胃MALTリンパ腫からの形質転換で
      びまん性大細胞B型W期(骨髄浸潤あり)
 
         ↓↓↓

      R−CHOP 8回 受け
         ↓↓↓
        
         寛  解

 2012年3月 PET−CTにて再発の疑いあり
         ↓↓↓
    
    4月 脇の下にて生検
         ↓↓↓
    
    5月 ●『節性辺縁帯リンパ腫』と確定診断を受ける
       ●再発の為、自家移植を勧められる

         ↓↓↓
    
    6月 低悪性度にも関わらず“自家移植”が最適な治療法なのか悩んだ末、セカンドオピニオンをもとめる
         ↓↓↓
      
      『節性辺縁帯リンパ腫』ではなく『胃原発のMALTの再発』だと判明する。



☆胃原発のMALT再発☆

・同じような体験をされた方がいらっしゃいましたら、ぜひ体験談やご意見をお聞かせいただけないでしょうか。

・再発の治療法について何かご存知の方がいらっしゃいましたら、些細なことでも構いませんのでお聞かせください。

長々とありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

  

Page: 1 |

Re: ★胃原発MALT再発★ ( No.1 )
日時: 2012/06/06 21:09:22
名前: ナーサン

スマイルママ様、こんばんは。

リンパ腫のタイプは治療にとても重要なのですが、リンパ腫の生検では時に今回の様な事が有る様です。

生検された物は病理で診断される訳ですが、リンパ腫専門の方も少なかったり。
「見た目で判断」(DNAでもされるみたいですが)の部分が大きいそうです。

リンパ腫の診断には病理や画像、血液などの各種検査などから判断されます。
でも、そもそもの判断が難しいと聞きます。

リンパ腫のタイプは血内のDrから聞く事が多いと思います。
そんな訳で今回みたいにリンパ腫のタイプがコロコロ変わると、
治療法の提示も変わる事が多いので患者サイドにしても混乱しますよね。

でも、今はリンパ腫のタイプが決定した!これは安心材料の1つですね

再燃が確定という事なので次の治療に移植が提示されているのだと思います。
自家移植にするか? ミニや同種移植にするかの選択は難しいと思いますが、
とことん先生方と話をされて納得した治療を選んで下さいね。

Re: ★胃原発MALT再発★ ( No.2 )
日時: 2012/06/08 05:59:36
名前: スマイルママ

ナーサン様
コメントをありがとうございます。
病理の診断確定は治療法が変わってきますので
とても重要ですね。
低悪性度で しかも化学療法が効きにくい(私の場合?)
MALTリンパ腫の治療選択は難しいですね・・・・
初発はびまん性でしたのでR-CHOPという標準治療があり
迷うことがなかったのですが、再発となると標準治療がなくて迷ってしまいます。
セカンドオピニオンの先生は「今の状態からは自家移植は勧められない」
とのことですので、経過観察してもう少し様子を見ることにしました。
治療のタイミングも難しいですが、
低悪性度らしくゆっくりとあまり進行しないことを願っています。

これからもよろしくお願いいたします。

Page: 1 |