トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
維持療法後の濾胞性の再燃
日時: 2012/06/13 23:10:50
名前: ジェシカ

2007年にR−CHOP6クールにてCR。その半年後から2年間に渡り、だいたい半年毎4回のリツキサン維持療法を行い今に至ります。先月pet-ctで脾臓への集積が認められてしまいました。維持療法終了から二年五か月での再燃と少し早めで落ち込んでいます。こんな状況なのに次回の外来は12月にされ不安がつのります。医師はとりあえず血液も大丈夫だから・・・などと。自覚状は全くありません。これからの全てが怖いです。

Page: 1 |

Re: 維持療法後の濾胞性の再燃 ( No.1 )
日時: 2012/06/21 23:11:23
名前: ジェシカ

すみません。引き続きジェシカです。リツキサンの維持療法を行った場合、もう少しの猶予があるものと人生設計を勝手に練っており,動揺してしまいました。私の様に完全寛解後に維持療法をし、二年半位で再燃された方は、いらっしゃいますか?
Re: 維持療法後の濾胞性の再燃 ( No.2 )
日時: 2012/06/22 07:03:18
名前: mauna

ジェシカさん おはようございます。
私もジェシカさんと同じ濾胞性で、2009年5月からR-CHOP6クール+リツキサン2クールを受けCR。その後2010年3月から3ヶ月毎8回の維持治療を受け、昨年12月が最後の維持治療でした。でも、その頃から寝汗をかくようになり、背中と腹部の痛みも出始めて、3月のPET-CTで再発が確定されました。
その後5月のCTで少し大きくなっていましたが、急激な変化はなくたぶん濾胞性のままだろうということで、経過観察中です。次回8月にCTをまた撮ります。その結果で治療開始時期を相談することになっています。フルダラ・ベンダムスチン・ゼヴァリンから何を選ぶか・・とても悩ましいところです。
ジェシカさんは維持治療終了後2年5ヶ月での再燃・・・ショックですよね。でも維持治療中に再燃されている方もいらっっしゃいます。私もDr.に維持治療していたのに、R-CHOP終了後2年半での再燃って早くないですかと聞いてみたところ、普通だし、維持治療のおかげで少し長く抑えれたんじゃないって言われました。
中には長年緩解を維持されている方もいっらしゃいます。ですが、悪性度は低くても再燃を繰り返すのが濾胞性の厄介なところですよね。人生設計たてれないです・・・でも、粘って頑張っていれば、どんどん新しい薬が出てきます!!どうか落ち込まずに、今日生かされていることに感謝しながら、楽しんで、お互い頑張りましょうね。
それと、次回の外来まで6ヶ月ってちょっと長くて心配ですよね・・もし私なら、せめて3ヶ月後に診て下さいってDr.に無理やりでもお願いしちゃいます。Dr.が何と言おうと、主役は患者!!そう思ってどんなことでも納得できるまで話し合っています。(そうして下さるDr.に出会えてほんとうにラッキーです。)
長々書いてしまいましたが、ジェシカさんの不安や落ち込みが少しでも落ち着いて、笑顔を取り戻せますように!!


Re: 維持療法後の濾胞性の再燃 ( No.3 )
日時: 2012/06/22 12:34:47
名前: ジェシカ

こんにちはmaunaさん、返信下さり有難うございます。嬉しかったです。私の維持療法の成果というものも、あくまでデータに照らし合わせて見てのものでしたね。このタイプの病が、通常以上に多岐にわたる経過を辿るだろう事を、今一度認識し直さねばいけませんね。私の経過観察は、3か月毎の血液検査が主でした。しかし先日の再燃告知の際、ボーッとしていた私は「次回の予約は12月で・・・」と言う主治医の言葉を聞き逃しました。翌日、病院に確認及び予約変更の電話を入れ、看護師に医師に確認し折り返しのお電話をいただきましたが、それは「先生は大丈夫なので予定通りの日にいらしてください」と、いうものでした。悲しかったです。血液内科医が多忙であることは、承知しています。でも以前から感じていた不信感が確かなものとなってしまいました。そういう訳で、これからの事は全く未定ですが、私も出来る限り前を向いて行く努力をして進みたいと思います。maunaさんも、どうそご自愛下さいます様。本当に有難う御座いました。
Re: 維持療法後の濾胞性の再燃 ( No.4 )
日時: 2012/06/24 01:07:51
名前: ジェシカ

追伸です。私は小さな地方都市(県庁所在地ですが)在住です。一応がん専門病院の血液内科を受診しています。近隣には血液内科医が二人しか居ない大学病院と、症例数の極端に少ない市民病院があるだけです。首都圏に通うにも無理があり、私の主治医も血液内科部長という立場の方で、不安を抱えつつも、この場に留まるしかないのが現状です。

Page: 1 |