トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
PETで活性がないと確認された腫瘍について
日時: 2012/07/25 08:54:58
名前: こうまま

母がR-CHOP6クールで寛解せず、自家移植を伴うオファツムマブの治験の際に、腫瘍のサイズが二クール終了後も部分奏功に至らず、中止、放射線治療に切り替えて先日全日程終了したところです。
放射線治療前にPET検査をしましたが、その際に部分奏功が認められなかった腫瘍に活性が認められませんでした。放射線かの先生の見解では、予防的にも放射線は全ての日程を受けた方が良いとのこと。
しかしそうなると、部分奏功がみられなかったからと、中止した移植をどう受け止めれば良いものかと。。
こう言った場合は、がん細胞自体は腫瘍内で活性は落ちたものの生存しているのでしょうか。それとも、放射線の先生は良く カス と言われますが、腫瘍自体にはがん細胞はいないのでしょうか。。

Page: 1 |

補足です ( No.1 )
日時: 2012/07/25 22:25:38
名前: こうまま

病名を記載しておりませんでした。
「非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」
です。
気になるのは、今は活性がなく眠っているだけであるとすると、そのうち起きて活動をまた始めるのではないだろうか、、と言うことです。
先日主治医に疑問をぶつけたのですが、歯切れの悪い回答で疑問は解消せず。。
CTの結果のみで腫瘍のサイズの縮小率が不十分と言う理由で移植を中止したことについては、
「治験の説明にも記載がありますよ。抗がん剤直後のPETの信頼性は低いですから。普通はCTで判断をします。」というような表現でした。
以前から、腫瘍は残ってもがん細胞の活動が見られないので治療終了となる人もいる、というような説明が以前R-CHOPの治療の際にも説明があったので、辻褄が合わず混乱しています。。
治験を終了したことを抗議されていると思われてしまったのでしょうかね。
Re: PETで活性がないと確認された腫瘍について ( No.2 )
日時: 2012/07/26 00:35:47
名前: ナーサン

こうまま様、こんばんは。PETで活性が無いと確認された事。良かったですね!
私はお母様と同じ瀰漫性大細胞型B細胞リンパ腫W期でR-CHOPGクールをうけました。

お母様が受ける予定だった治療については、経過も含めて一番ご存知なのは主治医です。
主治医が判断するには、それなりの理由があったと思います。

ここから先は私が今までに参加したセミナーや、主治医やその他の先生方、患者仲間から聞いた話から
私が感じた事です。

まず、移植ですが移植は「抗がん剤に奏功しないと適応外になる」と聞きます。
それは、自家移植は「超大量抗がん剤療法」なので、「抗がん剤が奏功しない人には出来無い」とい
う事でした。

それから考えると、
>自家移植を伴うオファツムマブの治験の際に、腫瘍のサイズが二クール終了後も部分奏功に至らず、中止
という判断をされたのは妥当だったのではないかな?と感じます。

しかし、瀰漫性大細胞型B細胞リンパ腫です。活性しているリンパ腫細胞が残っている可能性が有れば、
次に考えられる治療は放射線療法で見える範囲のリンパ腫を焼き切る。という事で選ばれたのではない
でしょうか?

私は2004年の発病でもう8年も前の事ですが、R-CHOPGクール後のCTでは活動有りと出たので、
次の治療として活動部分に放射線を当てるという事を言われました。

当時は私と前後してR-CHOPを受けた同じ主治医の患者さんはCTでは活性が見られないが、PETでは
活性が認められる。という事で放射線を受けられました。

私の場合はCTで反応が出たので主治医は「あぁ〜!」って感じでしたが、「一応PETしましょ
う」という事で受けました。

すると、PETでの反応が無いという事で予定されていた放射線は中止になりました。私自身は「放射
線をしない事で将来再燃したら嫌だからして欲しい」と訴えました。

が、主治医は「CTに写ったのは燃えカスかもしれない。もし、リンパ腫細胞の燃えカスなら放射線は
しなくても良い治療。リスクを考えるとしません。」と言われました。

放射線でもそうなのです。移植となればもっと強力なダメージです。自家移植を伴うオファツムマブの
治験の際に、腫瘍のサイズが二クール終了後も部分奏功に至らず…と有りますが、除除に効いた可能性
も有るし、放射線で残りを焼ききれたのかもしれません。

今まで受けた治療の総合的な効果で寛解になっているので有れば、「再燃と確定しない間は強い治療は
しない。」の判断をされた可能性も感じます。

年齢が60歳という事で移植適応ギリギリという事を考えても、「移植をする事を躊躇する」
主治医お一人だけでなく、放射線や医局の先生方とのカンファレンスの結果で今の判断をされていると
思います。

「再燃への不安」な気持ちはよく分かります。私もそうでしたから。 リンパ腫の検査は患者によって
CTで反応が良く見える人や、PETの方が良い人。血液検査では反応が無いけど画像には出る人。
本当に十人十色と聞きます。

今は活性がなく眠っているだけなのか? 完治しているのか? それをこれから五年かけて経過観察な
のかも知れませんよ。
経過観察しながら5年後に「あの時の治療で完治してたね。おめでとう」と主治医からの言葉を貰え
る!と祈っております。

Re: PETで活性がないと確認された腫瘍について ( No.3 )
日時: 2012/07/29 06:57:54
名前: こうまま

ナーサンさま、遅くなりましたがありがとうございます。

燃えカスもってらっしゃるのですね。
燃えカスがあっても、なくても、寛解後5年が経過して始めて完治といえる点について同じということも理解できました。

私の説明が判りにくくすみません。母はまだ寛解を貰ってません。

正直、オファツムマブと一緒に行った抗がん剤のESHAPは骨髄抑制がかなり強く、また、高熱が出たりなど治験でなければこのタイミングでは利用しない、と言われてたような抗がん剤だったし、移植後のQOLがかなり下がってる様子を見ていると、しなくて良かったのかな、と思ってます。

また、治験終了判断自体は製薬会社が決めるものでしょうし、そこで決められた基準がCTのみであったということなのでその条件に合致して、終了となったということのようです。

通常の治療であれば、CTとPETと両方で確認をするところCTのみで判断するというのは、オファツムマブが効いているのに、それまでの治験費用も無駄になるし、良い成績を収めたにもかかわらず「効かなかった」という結果になることは製薬会社にとっても勿体無い、マイナスなのではないでしょうか。。

また、母の治験開始からの経過や検査のタイミングは次のとおりです。
・ESHAP+オファツムマブの抗がん剤 2クール目終了
  ↓
・末梢決細胞採取前日にCT検査を確認。部分奏効に至らないことが確認(縮小率30%程度)
  ↓
・放射線治療決定
  ↓
・放射線科でCTとPET検査
(放射線の治療計画と活性確認の為)
  ↓
・治療開始
  ↓
・治療開始後の放射線科の診察の際にPETで活性がないことを確認(でも予防的に放射線はすべて行ったほうが良いというコメント)
  ↓
・主治医の定期診察の際に放射線科でPETの活性がないといわれたが、、どう理解してよいのか、と質問。
 →抗がん剤治療直後のPETの結果は医療上証明されてない、と言う回答。(かつ、そういうこと言われると困るんだよね〜、>放射線科、という雰囲気でそれ以上の説明されず???のまま診察終了)
 つまり、現時点で寛解の判断は出来ない。
  ↓
・主治医と放射線科の先生のPETへの考え方が全く違うので私・母は大混乱。。

と言うわけで、こちらにお邪魔いたしました。

正直理解しきれない部分、主治医もそれ以上説明しようとしてくれないことにモヤモヤとしています。

同様のご経験された方いらっしゃれば、ご経験お聞かせください。
また、さまざまなご意見も賜れれば幸いです。
Re: PETで活性がないと確認された腫瘍について ( No.4 )
日時: 2012/07/30 10:53:55
名前: ヨシコ

こうままさん、こんにちは。私は、濾胞性なので、びまん性についてはよくわかっていませんが、先日、パソコンをガチャガチャやっていたら、「悪性リンパ腫の治療効果判定とPETの意義」というレポートを伊豆津浩二先生(虎の門病院血液内科医長:2011年当時)が書いていらっしゃるのを見つけました。それを読むと、こうままさんが心配していらっしゃる問題の答えになるかもしれないことがいろいろ書かれています。例えば、CT画像で治療後に腫瘍が残存しても、PETでは残存腫瘍がない例が紹介されています。よければ、そちらのサイトをご覧ください。

http://www.eisai.jp/medical/clinician/vol58/no595/

完治であることをお祈りしています。
Re: PETで活性がないと確認された腫瘍について ( No.5 )
日時: 2012/08/01 08:15:40
名前: こうまま

ヨシコさま
ご紹介ありがとうございました。
読んでみました。おっしゃる通り、私の知りたかった内容がたくさん記載されていました。
この内容もう一度よく読んで次回の診察の際に疑問を主治医に確認したいと思います。

Page: 1 |