トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
濾胞性の再燃治療について
日時: 2012/07/26 15:01:03
名前: akira8008

低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫(濾胞性リンパ腫)が再燃しました、今後の治療方法、治療リスク等についてご教示願います。
小生は56歳 男性 会社員です。(高血圧、高脂血症、通風の治療薬を服用中)
診断〜治療〜経過観察〜再燃までの経過概要は下記のとおりです。
H22年10月(54歳):低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫(濾胞性リンパ腫)診断 病期はステージW期 脇下、足のつけ根のリンパ腫れは大きい(診断時5センチ以上)が自覚症状(発熱、体重減少、寝汗) は全くなし。
H22年11月〜H23年4月:R―CHOP療法を8回実施
H23年6月〜H24年6月:職場復帰し従来(発症前)の体調に戻り、通常生活、勤務(事務職)を続けながら定期的に通院
この間の経過観察(診察、CT検査)では異常なしとの診断
H24年7月(56歳):定期健診(CT検査)で再燃診断 左足つけ根に3センチ弱の進行性リンパ腫発症
再燃診断時に主治医から今後の治療を下記計画で早々におこなうとの説明を受けました。この病院での65歳以下の濾胞性の再燃に対する標準的治療方法とのこと。
  第1段階:8月〜10月:リツキサン+トレアキシンを3回実施
  第2段階11月〜来年1月:造血幹細胞移植(自家移植)を実施
当方なりに調べてみましたが、説明を受けた今後の治療方法がベストなのか、現時点でいきなり造血幹細胞移植(自家移植)までが必要なのか、また治療開始時期についても仕事の都合等もあり、お盆明けくらいまでの猶予期間があるのかも、正直なところ判断、決断がつきません。なお、R―CHOP治療の途中から肝機能数値が悪くなり、以後定期健診にも同数値が継続しています。
直近(7月)の数値はA/G比2.4 AST(GOT)65 ALT(GPT)100 γ-GTP 79 LD(LDH)179 ALP254 この数値で肝臓が治療リスクに耐えられるのか、非常に心配しております。提供すべき情報が少ないと思いますがご意見、ご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。

Page: 1 |

Re: 濾胞性の再燃治療について ( No.1 )
日時: 2012/07/27 15:06:33
名前: キンシャチ< >

私もakira8008と同じ濾胞性リンパ腫で2009年5月R+CHOPにて治療、部分寛解、2010年5月再発CHASER治療後自家移植を薦められましたが、セカンドオピニオンを受け、CMC-544の治験に参加して現在完全寛解中です。
再発の治療は自家移植を急ぐ医者と自家移植を後に回す医者に分かれます。私は自家移植はできるだけ後にと考えています。濾胞性には最近ゼヴァリン、やトレアキシン共に寛解率70%以上の薬があります。再発、再再発にこれらの薬で治療が可能ですが、自家移植するとそれ以降はこれらの薬の可能性がほとんど無くなり、同種移植しか残らなくなります。セカンドオピニオンを受けられてから治療方針を選択されるのも良いのではと私は考えます。
Re: 濾胞性の再燃治療について ( No.2 )
日時: 2012/07/27 18:56:50
名前: ヨシコ

akira8008様
ヨシコです。私もまだ再燃はしていないもののakira8008さんとよく似た状況(2010年に8回のR-CHOPをしました。)の濾胞性リンパ腫患者です。いつ再燃するか、もし再燃したらどの治療法を選択するか、初回治療の次は標準治療が決まっていないので大変悩ましい問題だと思います。ただ、どの治療法を選択するにせよ、ご自分の納得が大切だと思います。今の先生に、何故この療法を薦めるのか、その理由をよくお聞きになり、さらに、セカンドオピニオン(ことによっては、サードオピニオンも)をもらわれてはどうでしょうか?
 別の角度からこの状況を表現すれば、濾胞性リンパ腫はそれだけ多くの選択肢があるということですから、恵まれているということもいえるのではないでしょうか。苦しい治療法であっても、治療法があるということは有難いことだといえますよね。私の場合は、家から遠い病院(県外)に行くのは辛いので、たぶんここでできる治療法を選ぶのではないかと思っています。初回治療で半年、家を離れたことが今もトラウマになっています。
 akira8008さん、どの治療法に決めるにせよ、絶対うまくいきますよ。私は確信しています。
Re: 濾胞性の再燃治療について ( No.3 )
日時: 2012/07/28 18:11:38
名前: akira8008

キンシャチさん、こんにちは。早々に貴重なご返事をいただき、ありがとうございます。私も基本的にはキンシャチさんと同じ考えなんです。濾胞性は再発、再々発、きっと再々々発があると思いますのでいきなり自家移植は厳しいのではないかと考えています。主治医は先のことはあまり考えないで今できる最良の治療を選択した方がいいと話されています。私としては最良の治療をするのは理解できますが今回の治療で自家移植までは納得できていません。今回はリツキサン+トレアキシンの6回クール(標準治療?)で寛解を目指す選択肢はないのか、主治医と相談をしようと考えています。お時間の都合があるときで結構ですので今後ともご教示、ご支援をいただけますようよろしくお願いします。
Re: 濾胞性の再燃治療について ( No.4 )
日時: 2012/07/28 22:38:33
名前: キンシャチ

R+トレアキシン6回の選択も充分有効だと思います。akira8008さんの考えの様に濾胞生は何度も再発する事を覚悟する必要があると思います。私は次の治療はゼヴァリンと決めています。ゼヴァリンは再発、再再発で大きさが4cm以下の場合完全寛解(CR)になる確率が高いようです。CRになった人は寛解状態の期間が長く期待出来ると聞いています。トレアキシンもCRになれば長い寛解期間が期待できるとも聞いています、しかしこれは個人差があるようです。自家移植してもかなりの確率で再発しますから私は治療の順番が濾胞生の場合重要な選択だと考えています。
Re: 濾胞性の再燃治療について ( No.5 )
日時: 2012/08/01 15:51:28
名前: akira8008

ヨシコさん、こんにちは。早々に親切なお返事をいただきながらお返事が遅れてすいません。入院が控えていますので仕事の申し送りや治療方法をあれこれ考えたり、
悩んだりで、ちょっと悶々とした毎日を送っています。今回の治療法については治療後15ヵ月後の再燃は早いほうなので、今回一気に自家移植までおこなうのが
ベストな治療とまではいかないが、今できる最良の治療(この病院にとっての標準治療)だと言うのが主治医からの説明です。それはそれで理解はできるのですが、
自家移植のリスクを考えると踏ん切りがつきませんね。前回診察時にその旨を主治医に伝えましたら、「納得できるまで少し時間を取ろう」と言うことになりまして、
今は色々な情報収集をしながら思い悩んでいます。もちろんセカンドオピニオンもありですが主治医曰く、当方在住地域(東海)は同じ治療方法を選択している病院が多いと
話されていますので、もしセカンドオピニオンを受けるなら別の地域を紹介してもらえるか、ガン相談室(通院先)出向いてみようと思ってます。
あるサイトに「この病気は治癒を目指さなくていいから、この病気で死なないようにすればいい」的な話しがあり、ちょっくら気が楽になりました。(笑)
お互い再燃、再々燃の道のりが待っていると思いますが納得できる治療方法を選択して、生き抜いていきましょうね。今後ともよろしくお願いします。


Re: 濾胞性の再燃治療について ( No.6 )
日時: 2012/08/01 17:16:20
名前: akira8008

キンシャチさん、こんにちは。入院に向けてと言うか、次回診察に向けて多少なりとも悶々と過ごしています。キンシャチさんのようにご自身の治療方針が明確になっておられる方のご意見はとても心強く、深謝いたします。当方もそれなりに情報(ガン情報、日経メディカル等々)収集をしている中では今回の治療はR+トレアキシン(6回)の選択がいいと考えていますので次回診察時に申し出ようと思っています。R+トレアキシンの有効性をみると、今回の再燃はこの治療で完全寛解を目指せそうな気がします(確たる根拠はありませんが)。ただ主治医はR-CHOP後から再燃期間までが短いので「いわゆる質の悪いガン」的な判断で自家移植を勧めてきています。しかし、自分としては自家移植のリスクや再燃確率の高さを考えると、この治療に踏み切るだけの理由がみつかりません。正直、自家移植が怖いこともあり、もしかしたら治療後に今の状態(発症前と同じ)まで戻れるのかも非常に不安です。あと10年くらいは現状の生活の質を維持できたらと思います。キンシャチさんの寛解継続を心より願わさせていただくと共にこれからも心強いご意見をお願いします。
濾胞性の再燃治療について ( No.7 )
日時: 2012/08/11 00:14:30
名前: スイカアタマ

初めまして、私は濾胞性で再再発で今、リツキサンの維持をしています。
2006年病名が分かりR-CHOPをし、2007年再発し転院してR-FCMをしたけど、効き目が?で維持をしてました。一応完解になりましたが、昨年、燃えカスだった所が再燃になり、初めて放射線23回して今3ヶ月ごとのリツキサンの維持をしてます。
一時期、ゼバリン・ベンダマスチンをと放射線の先生に言われましたが、まだその気は無いし、移植は絶対にしたくないと、主治医の先生と話しています。やっぱり、リスクが高いのは自分的にイヤです。
そして、治療をしたので肝臓にもダメージはきていますね。
akira8008さんも、色々迷われますね。
治療を決めるのは、自分ですよね。


Page: 1 |