トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
放射線の怖さ
日時: 2012/08/26 18:06:08
名前: ケン

60歳男 7年前下咽頭がん、頸部食道がんになり放射と化学療法で治癒しました。その後放射の副作用で嚥下、咀嚼機能喪失で障害者3級で当初より胃瘻です。3年前から食道狭窄で検査の時点で治療不能です。
相談は飲み込みできないためのどにたまる唾液など引っ切り無しにしてる吐きだし、吸引が息苦しく体力的にもかなりつらいこと。夜のどがカラカラに渇き6回位起きて口を潤し、そのたびに吐きだしすること。(毎日寝不足)飲み込みできないため常に脱水ぎみ(点滴)なこと。吐きだし、吸引で不整脈、動悸、息切れになり内科に通院中です。 主治医に頸部食道再建を依頼したが放射のため術後合併症の危険ありで手術は止めたほうがよいと言われ他の大学病院でも同じようなことを言われました。今のままでは毎日が辛いだけです。
何かいい治療法はないでしょうか。

Page: 1 |

Re: 放射線の怖さ ( No.1 )
日時: 2012/08/28 09:22:05
名前: ヨシコ

ケン様
 ヨシコです。放射線治療の後遺症にご苦労されているのですね。お察しします。私は抗がん剤治療のみで、放射線治療をしていませんが、少しでも改善されることを祈って、先日読んだ本をご紹介します。その本とは、政治家の与謝野馨著『全身がん政治家』です。与謝野さんは39才でリンパ腫になられたのを皮切りに、4つのがんと2回の再発を経験していらっしゃるそうです。与謝野さんは、治療の後遺症で、放射線性の膀胱炎になられ、血尿と膀胱洗浄に苦労されたそうです。そのうち、担当医から東京医科歯科大学付属病院の高気圧酸素治療を勧められました。潜水艦のような大きな機械の中に、1日2時間、20日間入るという治療です。与謝野さんは、「この治療が、私の生活の質を全く変えてくれました」、「高気圧酸素治療は、昔からある治療法だそうですが、放射線障害にこれほど効果があるということは、一般的にはほとんど知られていません。私と同じように放射線治療を受けて副作用に苦しむ方たちに、ぜひ治療の選択肢の一つとして知っていただきたいものです」と書いていらっしゃいます。
 ケン様も是非、主治医にこのことを告げて、放射線治療ができる病院を紹介してもらったらどうでしょうか。体調が少しでも改善されることを、お祈りしています。
Re: 放射線の怖さ ( No.2 )
日時: 2012/08/28 10:54:23
名前: ケン

ヨシコ様
貴重なお話ありがとうございます。初めて知りました主治医に相談し治療を受けたいと思います。
本当に心からお礼致します。

Page: 1 |