トップページ > 記事閲覧
再発後の治療法、ゼヴァリンとベンダムスチン
日時: 2012/11/09 16:00:25
名前: J.M

はじめまして。先月のC.Tの結果で再発が指摘され、ゼヴァリンかベンダムスチンのどちらかに決めるように言われました。2007年に濾胞性でR-CHOP6回、CRにならなかったので、すぐに続けて、R-フルダラを6回の予定を白血球の下がりがひどく、3回でやめて、しばらく白血球の様子見となりました。その後2008年12月から6ヶ月ごとのリツキサン維持療法を始めたのですが、3回目の2010年1月の維持療法2週目に肺炎になって、中止。その頃に好中球にペルゲル核異常なるものが現れて、これは、MDSなので移植しかないと言われ、3ヶ所にセカンドオピニオンをもらいに行き、なんとか移植はまぬがれました。その間は毎月、血液検査を受けるのみで、治療はなし。ところが、2010年12月のCTでリンパ腫が消え、異常核も消えてしまいました。その後、血液検査も異常なくきてました。そして、先月の再炎です。1年ぶりのCTでした。血液検査上は異常がなかったので、CTを拒否してました。再炎部位は腹部大動脈のそばのリンパ節です。いまのところ、ここだけです。で、ゼヴァリンかトレアキシンか、の選択をせまられて、困っています。血液毒性が他の人より強くでる傾向にあるのではと、思って。この治療を受けられた方がいらしたら、是非、情報をおしえていただきたいです。よろしくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 再発後の治療法、ゼヴァリンとベンダムスチン ( No.1 )
日時: 2012/11/30 08:43:50
名前: ハイジ

J.Mさま

その後いかがお過ごしですか?
ずっと気になっていましたが、治療方針は決まり、治療開始したでしょうか。

J.Mさんの参考になるかわかりませんが、私のことを少し。
2006年 濾胞性、R-CHOP×6クール ェ解
2011年 再燃 ベンダムスチン×6クール 寛解せず
2012年 また少し大きくなってきていて、様子見状態です。

ベンダムスチンの副作用は、当然ありました。
胃の不快感、食欲不振、体がかゆい、気力が出ない、白血球・好中球減少、
後半では、AST・ALT(肝機能)上昇がみられました。
いずれも自覚的には大したことなく、辛かったのは血管痛でした。

次の治療法について主治医と相談したときに、
ゼバリンのことについて尋ねてみると、
骨髄抑制が強い、と言われました。
私の周りにはゼバリンで治療をしている人がいないので、それ以上のことはわかりません。

あまり参考にならないかもしれませんが、
どのような選択をされたにしても、
J.Mさんの治療が順調に進むことをお祈りします。
メンテ
Re: 再発後の治療法、ゼヴァリンとベンダムスチン ( No.2 )
日時: 2012/12/10 10:53:06
名前: J.M

ハイジ様、

情報をありがとうございます。結局、ゼヴァリンを受けてみることにしました。
副作用の出方は個人差が大きいですし、ドクターに聞いても、わからないわけで、やってみるしかないようですよね。
明後日に骨髄検査の予定です。治療は年明けになるので、今月はしっかり、羽を伸ばしておこうとおもってます。
それにしても、自覚症状がないのに、ダメージの大きな治療をしなくてはならないというのは辛いものですね。
ハイジさんも治療せずにすむといいですね。自然消退してくれればいいのに。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存