トップページ > 記事閲覧
脳・中枢神経への浸潤について
日時: 2012/12/12 21:29:59
名前: ぼっち

母がマントル細胞リンパ腫のステージWです。
R-CHOPを3クール終え、喉や脇などの腫れはほとんど引きました。
血液の数値も、ほとんど正常値に戻っています。
食欲もあり元気なのですが、手足に力が入らず、歩行困難となってしまいました。
最初はオンコビンの副作用かと思いましたが、どうにも症状が改善しません。
脳への浸潤を心配しCTとMRIを撮りましたが、脳に異常は見られず。
脳骨髄液を採取して調べましたが、こちらも異常なし。
もし、同じような症状を経験された方がおりましたら、アドバイスを頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 脳・中枢神経への浸潤について ( No.1 )
日時: 2012/12/16 02:12:21
名前: p-con

ぼっちさん 初めまして。
濾胞性リンパ腫患者本人です。

医療関係者でもなく、専門の教育も受けていませんので、本当に参考にだけしてください。

自分は 当初 R−COPで治療を受けました。
再発の時は R−FNDです。
2度目の再発は 治療法の選択肢が少なく、R−CHOPとなりました。

この時、アドリアマイシンの副作用と思われるものが出て来て、車椅子でないと病院内の移動も大変でした。
治療が終わると、比較的速やかに自力歩行が安心して出来るようになりました。
治療中は体も疲れます。気が付かないところで疲労が蓄積されることもあります。
それでも、治療が終われば特殊な状況でなければ回復出来ると思います。
少しの間、出来るだけ楽に移動できるように病院内も車椅子移動させて貰うと良いですよ。

お大事になさって下さい。
メンテ
Re: 脳・中枢神経への浸潤について ( No.2 )
日時: 2012/12/17 09:58:11
名前: ぼっち

p-con様、ご回答ありがとうございます。
現在、母は車椅子を利用させてもらっています。
母の場合、抗癌剤はよく奏功しているようですので、麻痺の事だけが心配でした。
発見できない場所で中枢神経への浸潤があってはいけないので、
4クール目は念のためにR−MPV療法に切り替えました。
(リツキサン+メトトレキサート大量療法)
これにより、若干の改善がみられています。
骨髄のMRIも撮りましたが、こちらも異常は見られないとのこと。
ただし、母は昔にヘルニアをやってしまっており、その部分が神経を圧迫しているのかもと言われました。
母は膝から下と手が痺れているようなので、薬の副作用と思いたいです。
入院した際の状況がよくなかったため、最初の1カ月はほとんど寝たきりで、筋肉は落ちてしまっていますし。

心配で夜も寝られなかったのですが、少し楽になりました。
p-con様、本当にありがとうございました。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存