トップページ > 記事閲覧
濾胞性リンパ腫について
日時: 2015/01/15 06:22:45
名前: キンシャチ

濾胞性リンパ腫になって4年目を迎える患者です。
この病気について4年間、聞きかじってきた情報を私なりにまとめてみました。
濾胞性リンパ腫に限った情報で私の独断の解釈もあると思いますが、参考になれば幸いです。
http://www.medias.ne.jp/~kako-architect/99_blank096.html
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.64 )
日時: 2016/10/17 00:01:30
名前: naoruko

か?会社を休まず治療したいのですが…、長期的 に休まないといけないのでしょうか。
メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.65 )
日時: 2016/10/22 19:16:11
名前: ナーサン

naoruko様、投稿から数日が経過しましたね。
提供されている情報が少ないので、質問に対しての返信が難しいのかも知れません。

もう少し、今の状況や、どの様な治療をDrから言われているのか位は書かれた方が良いかと思います。

リンパ腫のタイプや、治療時の体調、治療法によりお尋ねに対する答えが違ってきますので。
メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.66 )
日時: 2016/11/21 13:51:57
名前: はなこ

私の主人は平成19年濾胞性リンパ腫グレード2病期4
で1か月入院それ以降4週間に1回RーOHOPで6回その後放射線治療をして約8年間、寛解を維持しています。今は4か月に1回血液、CT検査、今月行った時に腫瘍マーカーが上がってきていると言われましたが治療に入る時に言われた事を思うとこの8年間普通に仕事が出来た事がうれしく、1日、1日を大切に生きていますす。ちなみに治療は、約1年かかりました。

 

メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.67 )
日時: 2017/03/01 15:41:16
名前: 宥甲

今年2月のCT検査所見で濾胞性リンパ腫が再発した可能があると指摘されました。私が濾胞性リンパ腫を発症したのは、平成23年8月です(平成17年7月に胃がんで胃の3分の2を切除して以降、年2回CT検査をしている途中で発見されました)。平成23年8月下旬から2週間ほど入院して、退院後平成23年12月まで、R−CHOP治療を受け、その後平成25年12月まで、2か月に1ずつ、リツキサンの投与を受け、その後は、CT検査と血液検査を受け、3年間は何もない状態で推移し、今回再発の可能性の所見があり、3月初めにペット検査受けます。キンシャチさんのURLを見ますと、セヴァリンの選択に魅力を感じました。現在通院中の大学附属病院では、セヴァリンの治療を受け容れていませんが、都会ですので、近くに2つのセヴァリンの治療を受け容れてい医療機関があります。私としましては、そのうちの1つでセカンドオピニオンを聞こうと思っております。キンシャチさんンにお聞きしたいのは、濾胞性リンパ腫が再発した場合、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に変化しているときがあると、国立がん研究センターのURLと見たことがありますが、この場合でも、セヴァリンの治療が可能なのかどうかなのです。お忙しいところ。恐縮ですが、ご教示頂ければ幸甚汚存じます。
メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.68 )
日時: 2017/03/02 11:25:01
名前: キンシャチ

宥甲様
再発時の治療迷いますね、私は、ベンダムスチン、ゼヴァリン共再発時に有効な薬と考えますが、何故かゼヴァリンを選択する医師は最近少ないようです。
私はゼヴァリンそして次に再発した時にベンダムスチンを選択できればと考えています。
ご質問のびまん性への形質転換の場合はたぶんゼヴァリンは使えないと私は思いますが、主治医の先生にお尋ねください。

メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.69 )
日時: 2017/03/02 17:28:35
名前: 宥甲

キンシャチ様 早速のお返事をありがとうございました。ペット検査の上、再診を受けますので、その際、ベンダムスチン、ゼヴァリンのことを尋ねてみます。いずれにしましても、生検により、形質転換しているかどうかが分かると思いますので。その結果を待ってみます。又お尋ねするかも知れませんので、今後とも宜しくお願い申し上げます。
メンテ
濾胞性リンパ腫の再発 ( No.70 )
日時: 2017/03/10 14:30:10
名前: 宥甲

キンシャチ様

ペット検査では、要旨として、

左下腹部の腫瘤に淡いFDG集積が見られる、嚢胞とすれば、SUV比較的高く嚢胞変性したリンパ腫病変の可能性あり、充実性腫瘍としてはSUV値低く、積極的に悪性リンパ腫の再発とは言い難し、単純CTでは嚢胞性病変か、充実性腫瘍かの鑑別困難、造影CTかMRIにて確認して下さい。
第3胸椎にFDG集積を認める。CT上は明らかな骨病変は見られないが、同部にML病変再発の可能性も考えられる、MRIにて精査されたい、でした。

そこで、4月上旬に2回に分けてMRI検査を受けます(造影CTは、私はヨード剤アレルギーのため受けられません)。

主治医の先生のお話では、その結果を見て判断しますとのことでした。もし、再発だとしても、7cm以下、寝汗をかく、血球が減少する等のことがなければ、「無治療経過観察」の選択も有りうるとのことでした(国立がん研究センターの情報にもそのような記載がありました)。

形質転換はないと思われるとのことでした。
治療する場合、主治医の先生はどのように考えられていますか、と聞きましたら、ベンダムスチンとリツキサンとのこでした。
私から、セヴァリンのことを聞きましたところ、他の治療法を実施した後で、セヴァリンをしても効果が薄いと思うので、もしセヴァリンを選択するのであれば、一番最初に選択する方が良いとのことでした。

結局、現時点では、再発は確定できず、MRIの検査結果まちです。

キンシャチ様は、「無治療経過観察」についてはどのようなお考えをお持ちでしょうか。もし、お差し支えなければご教示下さい。何回もメールをお送りして済みません。
メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.71 )
日時: 2017/09/16 19:46:53
名前: ヒロ

初めて読ませてもらいました。知らない事も多くとても参考になりました。ありがたいです。
私はホジキンと非ホジキンの2種類を持ってます。今は濾胞性の通院治療中です。3Bで進展傾向です。セヴァリン、かかりつけの病院は該当しません。また主治医に相談し、移植は最後にしたいです。できる事ならせずに。ホジキンの治療が大変でしたので。
また教えてください。
メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.72 )
日時: 2017/10/19 11:58:58
名前: つばさ

キンシャチ様へ 2015年9月14日に部分寛解での「リツキサンの維持療法」について質問させて頂きました。翌年2月より、2か月に一度リツキサン治療をしました。6回終わった後の効果をみるため、PET-CT
を撮ったところ、部分寛解より少し増悪していました。以前より、担当医には「ゼヴァリン」療法を次回には希望する旨を言っていましたが、県外にしか対応できる病院がなく、直ぐには「ゼウァリン」を選択できませんでした。そこで、R-B療法を今年2月から6クール受けました。自分としては、良好な結果を期待はしていませんでした(何か、色々なところに違和感があった)が、9月末のPET-CTでは、集積が認められず、寛解であろうとのことでした。そこで、質問です。このタイスミング(おそらく11月)で、ゼヴァリンを地固め療法として勧められています。ゼヴァリンは「最後の切り札(ジョーカー)ではなく、受けるタイミング」が大事だと、自分なりに勉強しました。私としては、少しゆっくり休みたい気持ちがある一方、時期について躊躇してはならないとも考えています。キンシャチ様のアドバイスをお願いします。む
メンテ
Re: 濾胞性リンパ腫について ( No.73 )
日時: 2017/10/20 11:09:36
名前: キンシャチ

つばさ様
寛解おめでとうございます。
私は医療関係者ではありませんので個人的な話として聞いて、主治医とご相談ください。
PET-CTで集積が無いようですので完全寛解状と思います。
私ならこれ以上の治療はしません。(どんな薬も副作用があり、体に負担をかけますし、リスクもゼロではありませんので)
R-B療法もゼヴァリン同様有効な治療法で寛解後5年以上経過観察されている人も多くいます、一年一年無事を喜ぶ楽しみを私は期待します。
ゼヴァリンの地固め療法も効果があるという報告もありますがR-B療法の後の地固め療法は聞いたことがありません。(たぶん認定されていない?)
私は濾胞性の場合各回の治療を完全寛解で終わらせることが重要と考えています。
つばさ様は現在その状態になっていますので安心して
良いと思います。
これからの楽しい時間をお楽しみください。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存