トップページ > 記事閲覧
白血球が300まで減ってしまいました
日時: 2013/09/22 18:08:54
名前: testudo < >

現在、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫で入院治療中の母のことなのですが、もともと赤血球、白血球、血小板が少ない方でした。

今から10日ほど前にTHP-COP療法を始めましたが、白血球数が300までに減ってしまいました。好中球の割合は1%です。

G-CSFは投与されていますが、全く改善する気配がありません。他の患者さんのブログなどをみていると、中には極端に低下している人もいましたが、多くは1000以上でした。

無菌室には入っておりません。普通の4人部屋です。

発熱があって、何かの最近に感染したのでは、ということで抗生剤の投与も受けています。

このまま放置しても、白血球は元に戻るのでしょうか。また、次回からリツキサンを使用するとのことですが、白血球数の戻りが悪いなかでも治療は行われるのでしょうか。周囲にリンパ腫に詳しい人がおらず、専門書をアマゾンで買い込んで勉強しているところです。

白血球数が減っても、元に戻ったという方の声や今後の治療についてのアドバイスをいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます、
メンテ

Page: 1 |

Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.1 )
日時: 2013/09/22 20:12:21
名前: ナーサン

testudo様、初めまして。お母様と同じDLBCLで治療した者です。
testudo様の書き込みでは分からないのですが、THP-COP療法を受けられた
という事は、ご高齢か心臓等に疾患がお有りなのでしょうか?

抗がん剤療法は個人個人で骨髄抑制の出方も違うと聞きます。
お母様の場合も骨髄抑制が強く出られたみたいですね。
白血球300という患者さんは、当地では多くの患者さんに見られる様です。

当地ではR-CHOPでも無菌室に入る患者さんも多いですし、白血球0まで低下
する患者さんも多いです。好中球が↑してくると白血球300でも退院させられます。
4人部屋では無くて退院です^^; 患者さん本人は「無菌室からいきなり
実家に帰れと言われて、マスクしていても息するのが怖かった。」と言います。

最近は白血球が低下=無菌室では無くてビニールシートに空気清浄機という
ケースも多いと聞きますので、お母様の環境が特別では無いかも知れませんね。

血液がんの治療では骨髄抑制がとても強く出ますので、感染症との戦いでも有ります。
発熱もされているという事なので、口内炎などでも辛い思いをされていませんか?

ご高齢の患者さんの場合は、口腔ケアをきちんとしないと、すぐに口内炎が出来ます
ので、水を飲むのも食事をするのも薬を飲むのもとても辛いと思います。

白血球を↑する為にG-CSFを打たれていると思いますので、日数がたてば多くの場合
上昇するのでは無いでしょうか?そこはお母様の骨髄がどれだけ元気かによるかも
知れませんね。

抗がん剤治療をするには白血球の数値で判断するので(私の場合は2000以上)
今の白血球300の状態では次回治療は暫くは延期されると思いますよ。

ただ、瀰漫性との事なので「治療出来無い時間」が長いとご心配な事と思います。
主治医に不安や疑問に思っている事は遠慮しないで聞いてみて下さいね。

白血球が低下しても元に戻った方は沢山居られますよ。というか、
多くの感染症は白血球が低下するから悪さをするので白血球の数値が↑すれば
口内炎もそうですが、状態は多くの場合は改善されるみたいです。
それらの事も含めて主治医や病棟ナース等と話をしてみて下さいね。

その場合、血液内科の主治医はとても忙しいので、事前に「お話がしたい」と
ナースを通じて申し込んでおく方が良いかと思います。急に頼んでも多くの場合は
待たされる事が多い様です。

また、その場合はメモなどに質問内容をまとめて書いておかれると良いですよ。

ご質問の答えになっているか分かりませんが……。
お母様の熱が早く下がります様に。残りの治療がトラブル無く終了します様に。
応援しております。
メンテ
Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.2 )
日時: 2013/09/22 22:06:06
名前: kimi

testudo様、初めまして。
同じびまん性患者本人です。

私が治療した病院だと、白血球2000以下だと治療が出来ませんでした。
同時期に治療した30代の方は、毎回600〜800くらいまで下がってしまうようで、G-CSFを10日受けて(平均5日くらいでしょうか?)、何とか2000まで持って行き、間を空けずに治療をしていました。

60代の患者さんの場合は、残り2クール分の時、白血球が1500くらいまでしか上がらず、1週間治療をのばす事で全てやりおえていました。

2人分しか情報がありませんが、何か参考になるでしょうか?
メンテ
Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.3 )
日時: 2013/09/23 10:09:48
名前: magumaguone

現在入院中60歳の男性です。濾胞性で再発しやすいタイプで7月から入退院を繰り返しています。移植に向けての前処置です。10月も入院かな?本番は11月かな?
予定では昨日退院予定でしたが、白血球はこれまでは
G-CSFで上がります。私の場合はノイトロジンでした
ただ、ヘモグロビンと血小板の数値が低いので昨日輸血しました。
今、血液検査待ちです。
結果が良ければ退院ですが、悪ければまた輸血かな?
リンパ腫は人それぞれ症状も副作用も違い、厄介な病です。
私は白血球の少ない時は20もあります。
いい薬があるので2000くらいにはすぐに戻りますよ。
メンテ
Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.4 )
日時: 2013/09/23 16:00:02
名前: testudo< >

ナーサンさん、kimiさん、magumaguoneさん、コメントありがとうございます。

母は72歳ということもあり、たまに不整脈(循環器科の医師が言うには気にするほどでもないとか)という条件だったので、THP-COPを選択したと思います。胃や脾臓の腫瘍が大きいので、リツキサンは使わなかったのでしょう。

今日、母から電話があり、熱が38.8℃まで上がり、その後38.5℃になったとのこと。主治医は出張(??)で離島言っていて、別の血液内科の医師がG-CSFを中止させたとのことです。

無菌室は空きがないそうです。

白血球が300でも退院させるとは驚きです。不思議なことに母の口内炎はそう酷くないようです。看護師が口腔ケアに来るそうです。

もう少し、様子を見てみたいと思います。母には安物のマスクではなく、N95のマスクをさせたいと思います。ありがとうございました。
メンテ
Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.5 )
日時: 2013/09/23 18:06:01
名前: ナーサン

testudo様、こんばんは。お母様と同年代の方も当地にも沢山おられます。
最近は血液がんの患者も増加傾向なので無菌室も全国的に待たされる様です。
殆ど心太状態ですし、検査に行っただけのつもりでも数値が悪ければ、
そのまま入院というケースも血液内科ではよく見る光景です。

時には野戦病院さながらに病室が開くまでは廊下のストレッチャーの上で
抗がん剤治療を受ける患者さんも居られます。当地で治療される患者さんの場合では、
「特に特別では無い」のです。「自分だけが特別なのでは無い」という事を知るだけでも、
気分的には違ってくるのでは無いでしょうか?

発熱もされているのですね。私も一ヶ月半の入院の時は発熱も有りました。
氷枕がとても気持ちよかったので、一日に何度も看護師さんに「氷枕お願いします」
と頼みました。後は、首の周りとか脇・足の付け根などには家から凍らせたペットボトル
を持ってきて貰ってタオルにくるんで冷やしていました。

氷水で濡らしたタオルを頭の上に置くだけでもとても気持ち良かったですよ。

G-CSFは白血球の数値などが↑すると打たなくなります。
病院にもよりますが、G-CSFを連続投与されるDrも居れば、毎回の検査の
数値で打たれるDrも居られます。それぞれにDrの主義が有ると思いますが、
不安な様でしたら遠慮しないで質問されたら良いですよ。
「G-CSFも高額だし。必要無い薬はなるべく打たない。最初の内は自力での
上昇が強いので後半になると打つよ。」と私の場合は言われました。

口腔ケアがきちんとされているので、安心しました。口内炎が無いだけでも
とても気持ちの上でも栄養摂取の上でも大切な事なので。

「疑問に思った事は何でも遠慮しないで聞く」がこの病気では特に大切に感じます。
メンテ
Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.6 )
日時: 2013/09/26 21:32:12
名前: testudo< >

ナーサン様、やはりどこも似たような状況なのでしょうね。大都市に医療機関が集中して、地方は本当に貧困な状況です。

母の白血球数は3,500まで回復しました。ようやくG-CSFが効いてきたのでしょうか。

ただ、主治医は今回、白血球が予想以上に減少したので、次回からは減薬すると言っていました。

実は、母の抗がん剤による治療は先月に行う予定でした。しかし、その病院での悪性リンパ腫の治療実績が少ないことや血液内科がなく、担当が消化器内科の医師ということで、血液内科のある病院に転院して治療させたいと言って病院を変えました。ちなみに前の病院ではR-CHOPを初回から行うということでした。

医師は患者や家族に専門的な用語を使って説明するので、こちらもある程度勉強しておかなければなりません。もともと情報工学系の勉強をしてきた私でしたが、高校時代に結構レベルの高い生物の授業を受けたことで、今となってそれが役立っています。
メンテ
Re: 白血球が300まで減ってしまいました ( No.7 )
日時: 2013/09/28 20:54:33
名前: ナーサン

testudo様、こんばんは。白血球が上昇して良かったですね。
どんなに治療をしないといけなくても、白血球などが低くて出来無い場合はやきもきしますよね。
私も治療では何度も白血球が上がらなかったり、ヘルペスになったりが原因で治療延期になりました。

瀰漫性は進行が早いので治療延期を言われる事は、とても辛かったです。

年齢やリンパ腫以外の病気が原因でいわゆる標準治療が受けられない。
という事は往々にして有るみたいですが、瀰漫性の場合は量を減らすという事は、今後にも多大な影響が有りますので、
その点を一度主治医に時間を取って貰って説明を受ける方が良いかも知れません。

でも、最初の病院が血液内科では無かったのに、ご自分で血液内科が有る病院への転院を手配された事。
これだけでも凄い事だと思います。私が発病時にはそんな考えすら出来ませんだしたので。
testudo様は凄いです。既に色々と情報収集もされておられるし、心強いご家族だと思いますよ。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存