トップページ > 記事閲覧
サルベージ療法の効果について
日時: 2013/09/24 14:00:18
名前: ぽち玉

母(73歳)について、お伺いします。
平成25年2月よりびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断され、R−CHOP6回の治療を受けました。
発見、開腹手術の回復が遅れたため、腹部にある腫瘍は20cm以上になっていましたが、幸い奏効し、数cmまで縮小していました。
残りは放射線治療でということでしたが、その治療を待つ間に数カ所に再燃してしまいました。
8月よりサルベージ療法を開始しましたが、2種類を行ってみて、一度は腫瘍は縮小するのですが、白血球の上がりをみて、次の治療に始める前に元に戻ってしまいます。

担当の先生はまた違った薬で治療を再開する予定ですが、度重なる治療と白血球の上がりの悪さで母の落ち込みはひどくなっていく一方です。
違った薬で寛解する可能性はあるのでしょうか?
また、一度は効果が確認できたR−CHOPを再度使用することはできないのでしょうか?

その他、知人よりゲルマニウムを薦められましたが、効果のほどはいかがでしょうか?
よろしくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: サルベージ療法の効果について ( No.1 )
日時: 2013/09/25 02:09:53
名前: p-con

ポチ玉さん 初めまして。
濾胞性リンパ腫患者本人です。医療関係者ではないので、参考程度にお読みいただければと思います。

お母様の年齢から骨髄の造血機能が低下しているかも知れないですね。
自分も治療を繰り返して行くと、白血球が何時までも上がってきません。
後で下がってくることもあります。

サルベージ療法中に奏功するけれど元に戻ってしまうと言うことですね。
骨髄を休めさせる時間が必要になっているからでしょう。
年齢と今後使う予定の薬剤強度から、どの位の効果が予想されるか、それも今までの経過を重ねてのをお聞きされては如何でしょうか。
ただ、辛い言葉が出てくることも覚悟の上で とお願いします。医師は最悪の状態も最良の状態も両方話をされます。全てを受け止める事は出来ないと思いますので、話半分・・と言うことも考慮されてください。
治療間隔が短期ですと、同じ薬のセットは使えないかも知れません。

R−CHOPは中にアドリアマイシンという薬がありますが、一生で使える量というのが決まっているそうです。
それギリギリで使用していると思いますので、使えるかどうかは主治医にお尋ねになるのが早いかも知れません。
他の薬剤での寛解する可能性は100%有るとも無いとも言えないです。上手く合う薬が有れば効果はあるとしか言えません。
癌などの病気は、蓋を開けてみないと分らないと言うことが多いので、難しいようです。
でも、無いとも断言できませんので、その点は安心できるかも知れません。

ビタミン類など、またゲルマニウムなどは、病気に直接効果はないと思います。癌が消えたとか完治したとかは殆どが眉唾物と思っていた方がよいと思います。
もし、何か使いたいと思ったときは、主治医に相談されることをおすすめします。

余り明るい情報を書き込めませんで、申し訳ありません。
お母様はじめ、ポチ玉さん ご家族の皆様もお体に注意して また余り無理をなされぬようにされてください。
メンテ
Re: サルベージ療法の効果について ( No.2 )
日時: 2013/09/26 10:45:13
名前: ぽち玉

p-con様
コメントありがとうございます。

母は違う薬剤にて次の治療が始まりましたが、今までの経過から行って寛解は難しく、使用できる薬剤もあまり残っていないという担当の先生の説明がありました。
また、治療後3週目には急速に腫瘍が増大していることも鑑みて(LDHが数日で倍に跳ね上がることも)、急変してしまうこともあるそうです。

今現在、食欲もあり、元気な母の姿を見て、できる限りサポートしていこうと思っています。
ありがとうございました。
メンテ
Re: サルベージ療法の効果について ( No.3 )
日時: 2013/09/26 20:23:05
名前: testudo< >

ピクサントロンはどうしちゃったのでしょうね・・・。効く効かないでいろいろもめていましたけど。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存