トップページ > 記事閲覧
末梢性T細胞リンパ腫
日時: 2013/10/14 14:15:36
名前: ケロリン

76歳の母のことです。
2011年夏に末梢性T細胞リンパ腫に倒れ、chop療法で寛解したものの、2012年秋に再発、ジェムザールで治療して、現在経過観察中です。
発病前より、不眠と口内炎があり、最近特に不眠が続き、辛そうです。病気との因果関係があるのかわかりませんが、なかなか改善できません。。
患者数が少ないようで、情報が得られず、心細く思っています。
アドバイスがあればお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 末梢性T細胞リンパ腫 ( No.1 )
日時: 2013/11/22 21:24:10
名前: testudo< >

こんばんは。口内炎は薬もありますが、マヌカハニーが効くという話をきいたことがあります。ニュージーランドやオーストラリアで産出されています。いろいろなランクのものがありますが、中間くらいのものから試してみてはとうでしょうか。

不眠ですが、最近は使いやすい眠剤が出てきているので精神神経科の医師と相談した方がいいかと思います。

経験的に内科の医師は眠剤の知識に乏しく、ハルシオンとかデパスとか平気で出してきます。高齢者にはとてもお勧めできないです。

マイスリーががん患者によく使われていますが、逆に眠られなくなったと言う人もいます。

最近は、苦くないアモバンとして販売されている「ルネスタ」の人気が高いようです。ただ、何処の薬局でも手に入るくすりではないです。

Amazonでメラトニンを買って飲み続ける方法もあります。

抗精神病薬のベゲタミン、セロクエルを処方する医師もいますが、副作用もあるので、避けた方がいいかも知れません。ボーッとして、意識がなくなりますが、副作用もありますし、転倒したりして一大事になる
こともあります。

長期型のベンゾジアゼピン系の眠剤はあまりすすめたくないですね。寝起きも悪いです。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存