トップページ > 記事閲覧
点滴速度について
日時: 2013/11/28 00:28:56
名前: testudo < >

メンテ

Page: 1 |

4クールおつかれさまでした ( No.1 )
日時: 2013/11/21 21:40:59
名前: もみじ

いつもお母さまの付き添いお疲れ様です。なんだか次から次に色々発生してしまっているみたいですね。

今回の事はここで聞かれるよりも主治医などに「こんな事が有りましたが、問題は無いのか?」ときちんと
確認される法がよいかと思います。

「不信感」が有る中での治療は副作用の受け止め方だけで無く、色々とトラブルの元になります。
将来、「あの時にきちんと言っておけば良かった」とか「あの時に確認しておけば良かった」とならないように。

ヒューマンエラーと医療事故や医療ミスはわが身には来て欲しくないことです。それを防ぐのは医療者側だけではなく、患者自身や側にいる家族でも防ぐ事はできますから。

まだ治療が残っているとおもいますから、まだまだ気をぬけないしストレスや不安も多いと思います。こうして投稿それることで主さまだけでなく、多くの方にも勉強になっていると思います。
メンテ
Re: 点滴速度について ( No.2 )
日時: 2013/11/21 21:44:18
名前: もみじ

途中で投稿してしまったのですが。スレッドを一つにまとめていただけると助かります。
この調子で一つの事にスレッドをたてられ続けると、いまにこのページは上から下まで testudo <testudo@live.jp >さんの投稿だらけになってしまいます。

最初の投稿の時にパスワードを入れておけば、題名を変えて投稿したら、新しい投稿がされたことが皆さんにわかりますよ。
すこし気になったのでおせっかいでごめんなさいね。
メンテ
Re: 点滴速度について ( No.3 )
日時: 2013/11/22 08:33:15
名前: testudo< >

もみじさん、コメントありがとうございます。
スレッドをまとめた方がいいでしょうかね。ダブルヒットリンパ腫のことから医療体制のことまでいろいろ書かせてもらっているのですが、いっしょにしてしまうと逆に分からなくなってしまいそうで。

以後、気を付けたいと思います。それにしても、病人や認知症のお歳寄りに変なものを売りつける奴、ガスの検査料としてカネを取ろうとする奴など、日本人は悪人ばかりになりましたね。
メンテ
Re: 点滴速度について ( No.4 )
日時: 2013/11/22 20:22:47
名前: testudo< >

自殺したい気持ちです。心毒性の高い薬はため込んでいので、死ぬ気になればすぐ死ねます。不整脈でポックリでしょう。

しかし、私はまだ死ねない理由があります。父や母が生きているのに、自分だけが死ぬのは卑怯だし、やりたいことも沢山あります。

どうして、死にたい気持ちになったかというと、今日、母の付き添いをしていたら、看護師に呼ばれて、点滴速度のことで、昨日化学療法室で騒いだようだけど、何があったのか、ということを30分ほど聞かれたからです。

私は母の顔色が蒼白で意識がもうろうだったので可笑しいと思い、輸液ポンプの表示を見たら、150ml/hになっていたので、「お母さん、早く看護師を呼んだ方がいいよ。我慢したら取り返しのつかないことになるから」と母に伝えました。

ところが、化学療法室の看護師は昼休みが近いのか数人で雑談。患者のバイタルチェックなんかしていませんでした。

そこで、私はあまりの看護師の無責任ぶりに「リツキサンで死んだ患者もいるんだそ」と奥で雑談している看護師に聞こえるような声で言ってやりました。

ナースコールもありますが、以前から押してもすぐに来ないと聞いていたのと、母が看護師さんに迷惑をかけたら困るから、押したくないんだよ、と言うのです。

私の声に驚いたのか、何人かの看護師が母のところに駆け寄ってきました。で、輸液ポンプの設定を変えて、点滴速度を遅くしてもらいました。

ところが、その後、身に覚えの無いところから何度か携帯に着信があり、電話をしてみたらも母が通院している病院からでした。

しかし、電話をしてみると電話交換士がでで、ここの電話はダイヤルインなので、何処の誰が電話をかけたかを調べることはできないと言ってきました。そこで、思い当たりそうなところ、「血液内科」「化学療法室」「放射線科」「整形外科」が電話をしたか、電話交換士に確認してもらうことにしました。

すると、不思議なことにどこからも東宝には電話をしていない、言うというのです。

今日、改めて看護師長から事情を聞かれて、正直にお答えしました。

厄介な事なるのは怖いし、密室での殺人ももっと怖いので、以前、いとこが国立病院で心臓を手術する際、医師団に30万円(昭和50年頃)、包んだという話を思い出し、封筒に10万円入れて、看護師長に渡そうとしました(結局断られましたが)。もっとも、金品は受け取らないとはいっても、菓子折はきちんと受け取りますけどね。いとこの場合は、お金を包んだことて、待遇がたの患者とは全然違ったそうです。偉い先生が何とも回診に来てくれたそうです。


メンテ
Re: 点滴速度について ( No.5 )
日時: 2013/11/22 20:26:04
名前: testudo< >

一応、私もウソは嫌いですので、本当の事をお話しして、やはり抗がん剤を投与している時は、患者のバイタルチェック必要ではないか、と言うことも話しました。現在の主治医の治療方針には反対ではないし、続けて欲しいとも話しました。

さて、母の抗がん剤治療も終わって、CTの撮影も終わったと思い、結果を聞いて帰ろうと思ったら、その主治医に呼ばれ、昨日の事をまたまた聞かれました。

「今の治療方針不満があるのですか」「化学療法室で騒がれてはもうあの部屋では治療は出来ません」と主治医から言われたのです。

前にも書きましたが、血液内科で他科との連携が取れるところは「市立函館病院」しかないのです。赤十字病院は規模を縮小し、民間の診療所のクリニックではとても母のような大きな腫瘤のある治療はできないでしょう。私はこの言葉を聞いて、一種の脅迫かと感じました。治療が出来ないと、母は死を迎えるだけです。

私はこの主治医に言いました。「今の治療方針には不満はありません。どうか続けてください。私の言葉で一部の看護師のプライドが傷ついたのなら、謝ります。どうもお騒がせしてすみませんでした」と言いました。

心の中では、何も私は間違ったことは言っていないのに、何で謝らなければならないのか、という悔しさはありました。しかし、相手が主治医に告げ口をするまでの不愉快なことをしたのだから、患者や家族といった立場の低い者にとって、ケンカをするのは得策ではないと感じたからです。

私は深々と頭を下げて、「どうもすみませんでした。素人人間が医療に口を出して申し訳ありません」と言い、診察室を出ました。

御存じの方もいるかと思いますが、リツキサンのパンフレットには、患者のバイタルチェックをし、異常があった場合は、点滴速度を遅くするか、中止すること、と書かれています。

また、阪大ではB型肝炎のキャリアの患者iリツキサンを投与して、亡くなられたという事故もありました。
メンテ
Re: 点滴速度について ( No.6 )
日時: 2013/11/22 20:34:04
名前: testudo< >

点滴速度が速すぎると、患者に影響が出ることは医師に限らず、看護師も承知しているはずです。

これは極端な例かも知れませんが、こういうことも、実際起きているのです。

「警視庁府中署は17日、誤って通常の10倍の速度で栄養剤を点滴し、患者を死亡させたとして、業務上過失致死の疑いで、東京都府中市の都立府中病院(現・都立多摩総合医療センター)の女性看護師(22)を書類送検した。

同署によると、看護師は容疑を認め「なぜ間違ってしまったのか分からない」と供述している。

送検容疑は昨年6月11日午後、末期がんで入院していた男性患者=当時(79)=に栄養剤を点滴した際、速度の数値を「毎時25・3ミリリットル」と入力しなければならないのに、小数点を入れずに「毎時253ミリリットル」と誤って10倍の速度を入力。そのまま投与し、患者を死亡させた疑い。

この点滴は本来、投与に48時間かかるはずだったが、5時間弱で終了。患者は終了直後に容体が急変し、2日後に亡くなったという。

同医療センターは「ミスがあったのは事実。患者のご冥福をお祈りします」とコメントした。

御冥福をお祈りするだけで済んでしまう事故ではないとは思うのですが。

また、市立函館病院は過去に産婦人科(現在は閉鎖中)で、医療ミスで胎児が死亡する、という事故も起きています。

こんな病院でも「医療機能評価がVer6.0」なのです。
(私は医療機能評価がVer5.0の病院の精神科病棟で殺人事件が起きているのを知っているので、こんな評価は信用しませんが)。

まあ、私が情報工学の学校を卒業し、医療には素人なはずなのに、薬のこと等よく知っているので、看護師とっては嫌な存在だったのかもしれません。黙って指示従っている患者の方がやりやすいですからね。

私も強ミノの点滴速度を速めすぎたら、具合が悪くなったことがあります。強ミノはさほど副作用はありませんが、リツキサンの場合、未だに分からない部分が多いことも少なくはないのではないでしょうか、原発性胆汁性肝硬変症にリツキサンが効くという話も聞いたことがありますが、どういう機序で効くのか説明して欲しいモノです。

実家のある函館しばらくぶりに戻ってきて、医療の質の低下に失望しています。少なくても、札幌や江別の病院ではこんなことは無かったです。岩見沢に住んでいた時は、てんかんの発作を起こした上司を近くの市立病院に連れて行ったら、廊下の椅子に長時間寝かされていました。郡部の病院では、数十年ぶりに回復手術をしたら、タオルが出てきたという話もよく聞きます。大昔には、サリドマイドの回収が始まっているのにも関わらず、妊婦にサリドマイドを処方した診療所もありました。

何とも不愉快というか、看護師の怖さを思い知らされた感じでした。看護師はやる気になけば、「マスキュラックス」をエンドキサンに大量に混ぜてやれば、母を殺せますからね。ああ、怖い・・・。
メンテ
Re: 点滴速度について ( No.7 )
日時: 2013/11/23 07:37:14
名前: testudo< >

看護師の意地の悪さには閉口。公立病院なら公務員なんだよ。患者会もお茶啜って、知らん顔かな。

やはり腑に落ちないのなら、弁護士に相談するしかないでしょうかね、
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存