トップページ > 記事閲覧
抜去困難となった中心静脈カテーテル
日時: 2014/02/28 14:10:14
名前: さんぽう

濾胞性ホジキンリンパ腫、40代、11年前に発症した妻ですが、約5年前に化学療法及び採血のために左前腕にリザーバー(ポート)を留置しました。その後リザーバーから採血できなくなり、リザーバーを除去する簡単な手術を行い、リザーバーは除去できたのですが、カテーテは左鎖骨付近(除去手術時にこのあたりがひっぱられる感じがしたらしい又CTで静脈の狭窄がみられるので。この部分から心臓側の癒着は不明)の静脈内壁と癒着している状態で抜去できず、そまま留置し半年たちました。このまま留置しておくと合併症のこともあるので抜去したいのですが、どなたか類似した境遇の方がおられましたらご教示の程、よろしくお願い致します。
メンテ

Page: 1 |

Re: 抜去困難となった中心静脈カテーテル ( No.1 )
日時: 2014/03/19 06:38:27
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

さんぽうさま、投稿を拝読させていただきました。類似した境遇の方からのご投稿がないようで、申し訳ありません。抜去については担当の診療科(血液内科でしょうか)にて対応されているということでしょうか。例えば他の外科などのご見解はいかがでしょうか。少しでも良い状況に向かわれていることを願っております。
メンテ
Re: 抜去困難となった中心静脈カテーテル ( No.2 )
日時: 2014/03/23 10:15:24
名前: さんぽう

いつもお世話になります。またコメントにつきましてもお礼申し上げます。
心臓外科、医師の話によるもので、癒着したまま放置すると、いくつかの合併症があり、中には命に関わるものもあるのでできるだけ早く抜去を考えております。がその後の後遺症があるという医師からの話があり、生活する上で再発にはストレスも敵ですし、少しでもストレスの軽減を考えての情報をと思っております。
セカンドオピニオンも考えておりますが、ぜひ、情報をお持ちの方がおられましたら、ご提供をよろしくお願い致します。
メンテ
Re: 抜去困難となった中心静脈カテーテル ( No.3 )
日時: 2014/03/25 07:14:17
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

コメントをありがとうございます。拝読させていただきました。すでに心臓外科の先生からのお話をいただいていたのですね。医療者向けの情報であり、かつご家族の状況に合致するかはわからないので注意して読むべきかとは思いますが、日本臨床外科学会雑誌にて「抜去困難となった埋め込み型中心静脈カテーテルの4例」(PDF)との論稿がありました。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsa/73/11/73_2741/_pdf
すでにご存知かもしれませんがご参考になるかもしれないかと思いました。
メンテ
Re: 抜去困難となった中心静脈カテーテル ( No.4 )
日時: 2014/03/25 10:30:59
名前: さんぽう

お忙しい中、情報提供ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
メンテ
Re: 抜去困難となった中心静脈カテーテル ( No.5 )
日時: 2014/05/20 19:43:24
名前: sanpou

濾胞性ホジキンリンパ腫、40代、11年前に発症した妻ですが、約5年前に化学療法及び採血のために左前腕にリザーバー(ポート)を留置しました。その後リザーバーから採血できなくなり、リザーバーを除去する簡単な手術を行い、リザーバーは除去できたのですが、カテーテは左鎖骨付近(除去手術時にこのあたりがひっぱられる感じがしたらしい又CTで静脈の狭窄がみられるので。この部分から心臓側の癒着は不明)の静脈内壁と癒着している状態で抜去できず、そまま留置し半年たちました。このまま留置しておくと合併症のこともあるので抜去したいのですが、どなたか類似した境遇の方がおられましたらご教示の程、よろしくお願い致します。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存