トップページ > 記事閲覧
余命1か月 eshapか自宅療養かと
日時: 2014/03/25 05:54:58
名前: penpen

戦っている皆様にこんな話題失礼します
父が抹消T細胞性リンパ腫非特定です。
投薬で収まり元気だったのですが、突然熱が出だしました。朝は平熱夜は高熱を繰り返しています。血液検査とCTの結果、リンパ腫が活発化し始めたと。
このままだと余命1か月。治すことはできない。ESHAP治療をして状態を抑えることしかできないが、腎不全をおこしかけているので治療中に致命的なことがおきるかも。とのことでした。
身体に優しい代替療法なども取り入れながら楽に過ごしてもらいたいと思うのですが、入院治療するしかないのでしょうか。
メンテ

Page: 1 |

Re: 余命1か月 eshapか自宅療養かと ( No.1 )
日時: 2014/03/25 07:24:33
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

penpenさま、投稿を拝読いたしました。患者さんご本人のお辛さ、そしてご家族のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。まずいちばん重要なのは、患者さんご本人のお気持ちかと思います。治癒を目指して比較的強めかつリスクのある治療を望むのか、進行や症状を抑えることを目指して比較的弱めの治療を望むのか、ということがあるかと思います。余命1ヶ月という言葉や数字については、人の命を正確にはかることは誰にも出来ませんので、そういった数字にはとらわれなくとも良いかもしれません。あとは、療養の環境ということがあるかと思います。入院治療ではなくご自宅での療養を望まれるのであれば、その旨を主治医の先生に伝えることも重要と思います。ただし、リンパ腫などの血液がんの場合、症状緩和の一つとして化学療法が行われる場合もありますし、在宅療養を支援してくださる診療所などを見つけるのには難しい場合もありますので、早めに相談されるかと良いかと思います。患者さんが少しでも良い環境で療養できることをお祈り申し上げております。
メンテ
Re: 余命1か月 eshapか自宅療養かと ( No.2 )
日時: 2014/03/26 09:47:25
名前: penpen

ありがとうございました。
おっしゃる通りですね。本人はまだ決めかねているようですが、数字にとらわれず希望を捨てずに行きます。
メンテ
Re: 余命1か月 eshapか自宅療養かと ( No.3 )
日時: 2014/03/27 08:59:58
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

penpenさま、投稿を拝読いたしました。もし、自宅での療養を決められた場合には、(国の指定するがん診療連携拠点病院であれば)相談支援センターがあり、その他の病院でも医療ソーシャルワーカーや在宅療養を支援する部門があるかと思いますので、相談されてみてください。あと、患者さんの状態にもよりますが、もし介護保険を申請される場合にはできるだけ早くご対応されることをお勧めいたします。以前よりは改善されていますが、それでも申請から適用までに時間がかかります。
メンテ
Re: 余命1か月 eshapか自宅療養かと ( No.4 )
日時: 2014/03/27 23:09:45
名前: ケトル

中国地方の某大学病院で、末梢性T細胞悪性リンパ腫の治験のお知らせを見かけました。
詳しい内容はわからないのですが、もしよかったら問い合わせされてみてはいかがでしょうか。
メンテ
Re: 余命1か月 eshapか自宅療養かと ( No.5 )
日時: 2014/04/19 00:35:22
名前: penpen

皆様アドバイスありがとうございます。お礼お返事遅くなりすみません。
治療のための入院した途端熱が下がったので現在服用している薬が効いてきたか、と退院してきましたが、その途端再び発熱。血液の値も悪くなり100m歩くのがやっと、という感じです。
担当医に再び入院抗がん剤治療を勧められています。
メンテ
Re: 余命1か月 eshapか自宅療養かと ( No.6 )
日時: 2014/04/21 07:49:44
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

ご投稿を拝読いたしました。事務局宛にいただいた電子メールにつきまして、返信をさせていただいておりますので、お時間のあるときにご参照いただければと思います。よろしくお願い申し上げます。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存