トップページ > 記事閲覧
進行していると思われるリンパ腫に出来ること
日時: 2014/04/05 13:11:35
名前: ccccchi

母66歳がびまん性大細胞型B細胞リンパ腫のステージ4で治療中です。
短期間で再発を繰り返しており、R-CHOP、R-EPOCH、放射能治療を実施しました。
現在放射能の効果判定待ちですが、LDHが徐々に上がってきている様子です。
これまでの傾向からいって、LDHが徐々にでも上がってきていると再発してしまっていたので、今回もじきに何らかの症状が現れてくるのではと懸念しています。
このような状態で、何か病院で出来ることはないものでしょうか?このまま悪くなるのが過去の傾向からわかっているのに、ただそれを待つしかないのが、本人も家族もとても辛いです。
体力も落ちてきており、骨髄抑制も回復していないので、すぐ次の治療というのは難しいのでしょうか。
また虎ノ門病院でのセカンドオピニオンを考えていますが、移植を受けるには全身状態が厳しいでしょうか。
絶対に諦めたくなく、家族で出来ることを模索しています。。
メンテ

Page: 1 | 2 |

Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.5 )
日時: 2014/04/28 22:18:49
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

ご投稿を拝読いたしました。ご指摘の通り多剤併用療法ということであれば、いくつかの組み合わせ(レジメン)がありますので、治療が奏効しなかった場合は異なるレジメンを行う、ということはあり得ることだと思います。ベンダムスチンとリツキシマブの組み合わせですが、ご承知の通りベンダムスチン(販売名:トレアキシン)の添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4219405D1021_1_03/
にありますように、現在の保険適用は「再発又は難治性の下記疾患:低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫/マントル細胞リンパ腫」となっており、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)については再発又は難治性も含めて保険適用がありませんので、現在適用拡大に向けた取り組みが行われているところかと思います。また、適応拡大や効果ということに関していえば、例えばインターネット上では以下のような内容などがあります。
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/search/cancer/report/201401/534580.html
testudoさまにおかれましては、転院されたお母様の治療がうまく進むこと、お祈り申し上げております。
メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.6 )
日時: 2014/04/27 14:28:29
名前: たか

私は63才、7年前に同じ病名
びまん性B細胞リンパ腫を発症し、自家移植にて寛解となった者です。経験からするとまずは現状把握が一番かと思います。医師にお母さんの体力がどの程度でどの位の治療に耐えられるのか、危険性も含め正確に把握することから出発すると思います。ベスト選択はそこから生まれます。
メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.7 )
日時: 2014/04/28 12:28:58
名前: ccccchi

testudo 様、
グループ・ネクサス・ジャパン 様
たか 様

ご返信ありがとうございます。
その後やはり母の具合が悪くなり、入院となりました。
主治医の先生、母とも話をしまして、母の体力的な面が許す限り前向きな治療を行っていくこととなりました。移植はやはり難しいようです。
複数回の再発のため、どこまで治療が可能となるか分かりませんが、母もまだ諦めていないことから、家族で精一杯応援していきたいと思っております。
testudo様、お母様の治療、効果が見られるといいですね。DLBCLでもリツキサン後もしくは効かなかった時の新たな薬が開発されることを望みます。
グループ・ネクサス・ジャパン様、情報ありがとうございます。私も引き続き病気や薬剤について勉強していきます。
たか様、ご経験からのアドバイス誠にありがとうございます。そうですね、現状出来ることをその都度確認しながら治療方法を模索します。少々パニックになってしまいまして…落ち着いて考えないといけないですね。

コメント大変参考になりました。
がんと闘う皆様、ご家族様におきましてもよりよい治療ができますことお祈り申し上げます。
メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.8 )
日時: 2014/05/02 07:26:50
名前: testudo

グループ・ネクサス・ジャパン 様
たか 様
おはようございます。母はR-EPOCHをやっていますが、体力か落ちたと言っています。以前なら3人分のそうめんを食べられたと言いますが、今は病院から出るお粥を完食でできません。胃に出来たDLBCLのせいもあるのでしょうが、だんだん食べられなくなってきていると言っています。

CD20といえば、オファツムマブも効くはずですが、治験の話は聞いていますが、その後どうなってしまったんでしょうかね。

何だか前評判は良くても、いつの間にか「効果が認められなかった」という薬もありました。

医師にお任せ、という時代ではないとは言え、患者側から何か言うと、私の母のようになってしまいますね。本当に日本の医療は・・・と思ってしまいます。

メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.9 )
日時: 2014/05/03 14:15:40
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

testudoさま、お母様の治療、お身体がご心配のことかと思います。療養中の食べものということですと、静岡県がんセンターのホームページ
http://survivorship.jp/meal_top.html
にレシピがありますので、ご参考になるかもしれません。オファツムマブについては、インターネット等での発表では、濾胞性リンパ腫やびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などを対象に、海外および国内にて臨床第3相試験という状況ですね。「効果が認められなかった」ということについては、おっしゃる通り、例えば小規模な試験では効果があっても、大規模な試験を行うと有意差が出ないということもあるかもしれませし、「効果」についても無進行生存率は伸びたけど全生存率は変わらないという場合もあったりしますので、いろいろと評価が難しい面もあるのかもしれませんね。お母様の治療が無事進みますこと、お祈り申し上げております。
メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.10 )
日時: 2014/06/05 21:15:33
名前: testudo< >
参照: http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2013/me140131.html

こんばんは。私の母もR-THP-COP療法6コースで、増悪。
R-EPOCH療法(初めの1回目はリツキサン抜き)で3コースしましたが、全く良くならないです。圧迫骨折は酷くなり、その治療もしているのですが、なかなかすぐには良くならないです。

主治医はCHASER療法を来週からすると言っているようですが、果たして母の体力が持つのかかなり不安です。歩行器を使わないと歩けない状況です。

縦隔の腫瘤のせいで、通過障害が起きていて、食事も満足にできていません。

個人的には、治癒は諦めて、少量VP16(エトポシド)療法に切り替えて欲しいと考えているのですが、また、医師や看護師に言うとトラブルになってしまいそうで、言えずにいます。同じフロアの患者が亡くなると母もかなりショックのようです。抗うつ剤(レスリン)は飲んでいますが、鬱には殆ど効いていません。

ステロイドによる鬱については、看護師からも聞かされています(自分もなったことがあります)。

ただ、だんだん弱っていく母の姿を見ていると、もう
強力な抗がん剤治療はさせたくないと強く感じる次第です。確かにCHASER療法の効果は認めますが、体力のない患者に行ったら、かなり危険ではないでしょうか。


メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.11 )
日時: 2014/06/09 08:26:51
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

testudoさま、ご投稿を有難うございました。転院前も大変なご経験をされる中で、転院先でもスタッフの方々との関係が難しいとのこと、お母様のご病状と併せてご家族としてご心配のことと拝察申し上げます。ステロイドはリバウンドと申しますか、ステロイド投与の反動として気分が落ち込むということは私も経験したことがありますし、そもそもがん患者さんの一定数が鬱状態にあるともいわれています。直接接している医師や看護師に対応が難しいということがあれば、MSWなどの他のメディカルスタッフにもご相談されてみてはいかがでしょうか。お母様のご病状が快方に向かわれますこと、お祈り申し上げております。
メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.12 )
日時: 2014/06/10 19:30:55
名前: testudo< >

こんばんは。母は以前から不眠を訴えており、今も中途覚醒してしまうことから、市内のメンタルクリニックの医師の診察を受けています。入院している病院に週1回医師が来てくれるそうです。

今は、レスリンというSARIという抗うつ剤(私も過去に飲んだことがありますが、どちらかというとうつ病の薬というより、睡眠薬として使われているくらい、
眠くなります。

入院されている方々は、殆どが睡眠導入祭、睡眠薬を飲んでいます。リンパ腫と睡眠の関係について、何かありそうな気がします。

ちなみに、日本では医薬品扱いのメラトニン(睡眠薬代わりに飲んでいる方がいるようです)は、リンパ腫の患者には禁忌とのこと。免疫系統に悪影響を及ぼすから、と言われています。しかし、いろいろネットで探してみましたが、メラトニンがリンパ腫に悪いと言う論文の類は見当たりませんでした。販売業者のサイトに、「白血病、リンパ腫の方は飲まないでください」と書かれています。

メラトニンと構造が似ているロゼレムを製造販売している武田薬品工業にも問い合わせてみましたが、ロゼレムでリンパ腫が悪化したという話は聞いたこともないと話していました。真相はどこにあるのでしょうか。

メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.13 )
日時: 2014/06/12 10:49:36
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

testudoさま、情報を有難うございました。例えばラメルテオンの添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1190016F1024_1_03/
をみますと禁忌は「本剤の成分に対する過敏症の既往歴のある患者」「高度な肝機能障害のある患者」など、慎重投与は「軽度から中等度の肝機能障害のある患者」「高齢者」「高度の睡眠時無呼吸症候群患者」など、併用禁忌は「フルボキサミンマレイン酸塩」などが挙げられていますね。ただし、私は医療者ではありませんし、添付文書に書かれていない何らかの情報があるのかもしれませんね。また、化学療法中は肝臓や腎臓にかなりの負担がかかっていますので、どのような薬剤であれ、一定の注意が必要ということはいえるのかもしれませんね。
メンテ
Re: 進行していると思われるリンパ腫に出来ること ( No.14 )
日時: 2014/06/12 20:42:27
名前: testudo< >

こんばんは。日本では医薬品扱いのメラトニンですが、
国内メーカーはメラトニンを販売しておらず、そういう中で出てきたのが、ロゼレム(ラメルテオン)ですね。

私も飲んでみたことがありますが、即効性はなく、いわゆる眠剤というよりは、睡眠リズム改善薬として売り出しているようです。

武田薬品工業に聞いてみましたが、マウスの実験でかなり大量のロゼレムを摂取させたところ、肝癌が発生したとのこと。もっとも、通常の服用量ではそのリスクはほとんどないとの回答を得ました。

リンパ腫の治療では、大量のステロイドを使うケースが多いことから、いわゆるステロイドうつ(躁になる人もいます)が問題となり、その場合はベンゾジアゼピン系の眠剤よりは、抗うつ剤でも眠くなりやすいレスリンが使われるようです。うつと不眠の両方に効くので、一石二鳥です。ただ、レスリンは酷いうつには効かないので、その場合は他の抗うつ剤(三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤、NaSSA等)や一部の抗精神病薬の使用になると思われます。ただ、代謝の関係で何でも良いとはならないようですか。

NaSSAは(日本ではレメロン、リフレックスという名称で販売されています)、抗うつ薬としての評価も高いですが、ごく少量の服用だと眠剤を飲んだような感じがします(体験済み)。ただ、眠剤も抗うつ薬もリンパ腫との関係、あるいは抗がん剤との関係については、あまり情報が無いですね。

SSRIのフルボキサミン(ルボックス、デプロメール)は、日本では抗うつ薬として使われていますが、不眠になってしまう欠点があります。ロゼレムとの相性が悪いのも、代謝の問題からのようです。ちなみにロゼレムはうつを悪化させることが分かり、うつ病の患者には処方しないようです。

リンパ腫の患者さんに合った抗うつ薬、眠剤について、研究がどこかで行われていればいいのですが。ベンゾジアゼピン系の眠剤(睡眠導入剤も含めて)は、耐性や依存性、中止した時の離脱症状(不眠、不安
の増大など)があり、あまり長くは飲みたくない薬てです。安全で依存性がなく、離脱症状もない眠剤があれはいいのですけど・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存