トップページ > 記事閲覧
濾胞性の自家移植
日時: 2014/04/18 13:40:14
名前: ぽんちゃん < >

2011年に濾胞性Wbと診断されRCHOPを8回しましたが寛解ならず そのまま続けてリツキサン・ベンダムスチンを6回しました。
骨髄にはまだ3%残りましたが経過観察で過ごしておりました。

それから約1年たち忘れかけてた頃に再発しサルベージ療法のCHASERを2回し初めて寛解にこぎつけました。(骨髄は1パーセント以下です)

ここで続けて自家移植を勧められておりますが寛解したのにまたつらい治療になるのと また再発を繰り返す濾胞性には自家移植はあまり向いていないと いろんな文献にあるので なかなか自家移植に踏み切れず
悩んでいます。

自家移植できるぎりぎりの65歳なのでここで思い切ってしたほうがいいのか このまま経過観察か迷っております。

 
メンテ

Page: 1 |

Re: 濾胞性の自家移植 ( No.1 )
日時: 2014/04/21 07:53:33
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

ぽんちゃんさま、ご投稿を拝読しました。濾胞性リンパ腫で移植となりますと、骨髄非破壊的前処置による造血幹細胞移植(いわゆるミニ移植)なども含めてのご検討になるのかと思います。どのような移植であれ強い治療となりますので、ご選択に迷われているということであれば、セカンオピニオンがまだであればセカンドオピニオンをとられることをお勧め申し上げます。より良い治療選択ができるよう、祈念申し上げております。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存