トップページ > 記事閲覧
化学療法後の体調について(ホジキン)
日時: 2014/05/18 14:58:58
名前: かずこ

こんにちわ!
いつも参考にさせてもらってます。
初めて書きこみさせてもらいます。

ホジキン、結節硬化型の20代後半の男です。
原発は縦隔で、わりと大きなものがありました。

きょねんの4月頃にホジキンの結節硬化型と確定診断を得て、abvd療法を6コースの後、ありがたく完解をいただき、げんざいは経過観察半年目です。

化学療法が終了し、体調の回復が実感できるのかなあとおもっていたのですが、経過観察になってから以降、身体的にも精神的にも全快とはならず身体のどこかしらに、おもに腫瘍があった胸部になにか違和感を感じています。

症状としては、疲れや緊張があるときに縦隔や胸に痛みがあったり、違和感があったり、かゆみがあったりします。
また圧迫感もあり、咳もたまにでます。
最近は、やや微熱であったりもします(紅潮したりもするので、自律神経の障害?とかもかんがえました)。

こうした症状がでたときに、不安とともにあたまに浮かぶのは再発なのでは、ということです。。。

上記の症状について、主治医に相談をしていますが、血液検査は問題なく(血液は一指標でしかないと言われていますが)、また、かゆみは、症状としては全身症状になるので、その場合血液検査に反映されるそうです。
主治医としては、確定できないこと、言い換えたらああいまいなことは迂闊に言えず、かといって精密検査査(ペット検査やCT)は被爆量の問題から、毎回不安があるからといって何回もできるわけではありません。



質問なのですが、がんも後遺症も人それぞれだとおもうのですが、当事者の皆さんは、化学療法後の体調はどんな感じでしたか?
やはりなんらかの違和感や後遺症みたいなものは残るのでしょうか?

ちゃんと主治医に相談しなきゃダメなんですが、やはり医師でも説明できないことで、患者が感じてる何かや不安があるとおもうのですが、、、

メンテ

Page: 1 |

Re: 化学療法後の体調について(ホジキン) ( No.1 )
日時: 2014/05/20 09:40:44
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

かずこさま、投稿を拝読しました。非ホジキンリンパ腫の患者としての私自身の経験ですので、かずこさまにそのままあてはまるかどうかはわからないのですが、化学療法後の体調としては風邪をひきやすい、疲れやすい、しびれが残るなどのことがありました。私の場合は「治療前の体調に戻った」と実感できるのに3年程度はかかりました。また、様々な体調不良がありますと、その都度「再発ではないか」と不安になりましたが、私の場合は「再発ではないか」と疑うような体調不良のときは何もなく、「特に問題ないだろう」と思っていたときに再発と診断されたということがありましたので、体調の変化ということと再発ということに関しては、私はあまり気にしていないというところがありました。医師にはなかなか訴えづらいということもあるかと思います。特にいわゆる「不定愁訴」については、なかなか医師には伝わりにくいというところがあるかと思いますが、本当に体調が悪いときには予約外であっても受診されても良いかもしれませんね。
メンテ
Re: 化学療法後の体調について(ホジキン) ( No.2 )
日時: 2014/05/20 13:35:02
名前: かずこ

事務局様

早速のご返信、ありがとうございます。
「不定愁訴」という言葉、初めて聞きました。参考にさせていただきます。

また、体調の変化と、再発ということの関係性についての貴重な体験談もありがとうございます。
なにか違和感や、体調の変化があれば、すぐに再発に結びつけてしまいがちですが、メカニズム的には、そんなに単純ではないですよね。。。
体調の変化が即再発に結びつくかといったらそういうわけでなしに、治療のダメジであったり、もしかしたら全く別のところが障害していたり、他の病気のシグナルということもありますしね。

あまり過敏になりすぎず、しかし、体の声を聞いて、ほんとにヤバそうなときはちゃんと医師に相談します。

同じ病型のひとやそうでないひとの闘病記や、闘病ブログを拝見していますと、闘病中の記事というのは、まま見かけるのですが、治療後の体調の変化についての記事をあまりも見かけなかったので、参考にさせていただきます。

ありがとうございます。
メンテ
Re: 化学療法後の体調について(ホジキン) ( No.3 )
日時: 2014/05/25 20:30:14
名前: ヨランダ

かずこ様
初めまして。もうずいぶん昔にホジキンリンパ腫(混合細胞型)の治療を受けたものです。
まずは、ABVDの治療を無事終えられ、おめでとうございます。治療後のご体調の不調や再発の不安もあり、落ち着かないお気持ちの日々とお察しします。ご自分の体調を観察しながら、心配な時は主治医と相談しながら、乗り越えていかれることを祈っています。
私の場合、1998年と2000年の治療になりますが、血液内科医の主治医が対応してくれる治療中の副作用と、治療後の体調不良への対応は違うのだなと感じました。治療後の体調不良は、生活上不便を感じながらも特に病院での治療も必要なく、時間の経過を待つものが多いかと思います。いつの間にか治っている場合もありますが、やはりご自分でおかしいと思われるときは、主治医や他の医師に相談されることも必要と思います。私の主治医は熱心な血液内科医でしたが、閉経による体調不良や骨粗しょう症には、あまり関心を持ってくれませんでしたので、自分で産婦人科を受診して、その後主治医に報告しました。
ABVDのダカルバジンの血管痛から静脈炎を起こした左腕は、血管が固くなってしまい、1年ほどはまっすぐ伸ばせませんでした。いつの間にか治りましたが、今でも左腕からの採血は、血管が出てこないので、できません。右腕で対処しています。
ABVDの治療後、よく咳をするようになりました。ブレオマイシンの肺毒性で、肺機能が20%くらい落ちると聞きました。が、何とか仕事もできています。人前で咳き込んだときは、チョークやホワイトボード・マーカーにアレルギーだと弁解しています。(今は風邪で咳き込んでいますが)
再発治療で首や胸に放射線を当てた後は、のどの炎症と口内の乾燥で苦労しました。当時お世話になった看護師さんたちの副作用対策のご尽力には感謝しています。唾液が少ないと、口紅が普通に塗れない(すぐにポロポロ剥がれ落ちる)という意外な発見もありました。
初発のABVD治療の時は47歳で、治療後はそれほど体力も落ちず、早く元の体力に戻れました。が、1年後の再発治療では体力の衰えは大きく、職場復帰できましたが、週末はいつも布団に入って寝ておりました。
1〜2年後に、ようやく元の体力に戻ったかなと思います。
おかげさまで60を超えた今は、主治医に年相応の体調不良の相談に乗ってもらっています。しっかり、お年寄りらしい体調管理になりました。
かずこさんも、時と共に体調が回復されることと願っています。お大事になさってください。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存