トップページ > 記事閲覧
CHASER療法、成年後見制度について
日時: 2014/06/07 16:28:14
名前: testudo < >

胃原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の母のことにつついては、これまでにもいろいろ書かせていただき、事務局の皆様をはじめ、皆様からいろいろとアドバイスを受けてきたところです。心から感謝申し上げます。

ところで、母の病状は一向に良くならず、期待していたR-EPOCHも不変という形になってしまいました。

主治医からは、来週からCHASER療法をしたいと遠方に住む弟に伝えたとのことです。弟から当方に電話がはいり、キロサイド使うって言ってたよ、というので、何という療法なのかよくよく聞いてみたらCHASER療法とのことです。

弟に連絡が行くようになったのは、前の病院でもそうですが、私に連絡するといろいろと突っ込まれるのが医療関係者にとっては都合がわるいようです。また、ケアマネージャーと当方の関係も最悪で、口先だけのケアマネージャーを批判したら、やはり私には連絡が来なくなりました。

正直、母は通過障害で食べても嘔吐する状況です。そういう中、キロサイド(シタラビン)を60%の量で使うとはいえ、かなりリスクのある治療法ではないかと思い、母も「実験台にされるのか」と泣いて私に言う次第です。

そもそも弟はリンパ腫には無知で、患者会にも強ミノない人間です。医者がやるというのなら、それでいいんじゃないか、という始末です。

親のお金ね預かると言って数百万円持ち出しています。

結局、認知症の父とリンパ腫の母の事は最終的には私がみなければならないのです。

後々のトラブルを避けるために、家庭裁判所で成年後見人の申立をしたいと考えていますが、私もいろいろな病期を抱えている中、仕事を休むことができず、今に至っています。

ネットで調べるとCHASER療法は体力のある患者向けのレジメンとのこと。とても、今の母には向いていないと感じています。

CHASER療法をされた方の体験を聞きたいのと、親の財産管理について、訴訟沙汰にならない方法があれば、御教示いただければ幸いです。私の父方の祖母が亡くなった時、父の兄弟間でかなり揉め、家裁で争ったを見てきただけに、嫌な思いはしたくないのです。
メンテ

Page: 1 |

Re: CHASER療法、成年後見制度について ( No.1 )
日時: 2014/06/09 08:41:41
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

testudo さま、お母様のご病状、ご家族としてご心痛のことと拝察いたします。私はCHASER療法は経験しておらず申し訳ないのですが、患者さんがどのような治療を選択するかについては、患者さんの年齢や病状、体力や臓器状態などをもとに提案され、決められていくものと思いますが、何よりも重要なのは、患者さんご本人のお気持ち、どういう治療を受け、どういう生活を受けられたいかということかと思います。例えば、治癒を目指して強めの治療を受けていくということを希望される患者さんもいるでしょうし、生活の質を重視して弱めの治療を受けていくことを希望される患者さんもいるでしょう。患者さんご本人が強い治療を希望されていないのであれば、それははっきり医師に言って良いのではないかと思います。成年後見制度などについては、私は詳しくないのですが、例えば病院のMSWや場合によっては法律の専門家にご相談されてみてはいかがでしょうか。ご家族も精神的に大きな痛みを抱えてのご看病と拝察いたしますが、お母様が平癒に向かわれることお祈り申し上げております。
メンテ
Re: CHASER療法、成年後見制度について ( No.2 )
日時: 2014/06/10 19:19:30
名前: testudo< >

事務局の皆様、いつもありがとうごさいます。医療だけではなく、いろいろな問題が一気に吹き出して、当方も吐き気や多汗等の症状に悩まされている状況です。眠剤も無くてはならない状況です。

母も弟もCHASER療法とかキロサイドと言われても分からないとのことで、主治医にお任せするとのこと。母曰く、これで亡くなってもそれまでの人生だったと諦めるしか無いと漏らしていました。

成年後見制度は、昔、禁治産者云々と言われていたのを改正し、人権侵害等のトラブルを無くするためにできた制度と聞いています。なかなか病院の医療相談窓口に聞いても、あるいはケアマネージャーに聞いても分からないというのが殆どです。

家庭裁判所に行けば、職員が詳しく説明してくれるそうです。検索エンジンで検索すると法務局が出てきますが、法務局では詳しい情報は提供できないそうです(そういう体制になっていないとのこと)。
メンテ
Re: CHASER療法、成年後見制度について ( No.3 )
日時: 2014/06/12 10:39:22
名前: グループ・ネクサス・ジャパン事務局

testudoさま、ご家族としてのご心痛やご苦労、大変な状況でいらっしゃることが伝わってまいりました。どうかご家族ご自身のお身体も、ご自愛ください。成年後見制度について、逆にご教示いただき有難うございました。人権擁護に関する情報も、必要になってくるのでしょう。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存