トップページ > 記事閲覧
可容性レセプターについて
日時: 2014/06/17 12:29:53
名前: かず

可容性レセプターについてお尋ねします。

私の家内が濾胞性リンパ腫1期でR-CHOP 3クールと放射線で2年前に寛かいしました。その後も定期診断で
レセプターは300台から400台を行ったり来たりしていました。検診前の6/13の昼に食中毒を起こし終日嘔吐下痢に悩まされながらも6/16の検診のころには80%は回復したと言って検診に出かけました。
いつものように400台かな、と思っていた彼女が目にしたものはレセプターが900台、CRPが1.0というものでした。レセプターの上限値を超えてしまい半べそで帰ってきました。医師は食中毒による炎症もあると言いましたが、レセプターが高値で自然に下がった方とかいらっしゃいますか?
妻は再発したのかと落ち込んでおります。といいますのもR-CHOPの時 吐き気が凄かったので「治療」という言葉におびえています。妻は40歳。まだ先は長いと思っていた矢先のリンパ腫に検診前はおびえていますし、今度のレセプター値の高さに絶望しています。
医師は9月にPETの予約を入れました。それまではおびえながら暮らす日々です.....。
メンテ

Page: 1 |

Re: 可容性レセプターについて ( No.1 )
日時: 2014/06/17 19:53:35
名前: testudo< >

かずさん、こんばんは。CRPの上昇は嘔吐下痢のせいかと思います(私は医師ではありませんので、ハッキリしたことは言えないですが)。

可溶性インターロイキンII受容体の値も、上昇したから悪化したとは言えないのではないでしょうか。濾胞性リンパ腫の患者さんのブログで、その数値の上がり下がりを気にされていた方がいました。でも、上昇したからすぐ治療、というような風にはなっていませんでしたが。

LDHやALPだって、抗がん剤の影響等で上下しますね。

最終的には、PET-CTで確認するしかないのではないでしょうか。私の記憶では造影CTでは4割しか判断できないそうです。でも、PET-CTなら9割近く腫瘤を映し出してくれます。

吐き気については、アロキシとかイメンドというような従来より強い制吐剤もあるので、食欲不振にはなるかも知れませんが、昔のドラマみたく吐いて吐いて吐きまくるような事は少なくなってきたと感じています(昔はプリンペランくらいしか無かったですし、プリンペランはSSRI(抗うつ剤)の副作用の吐き気にも効かないような薬です)。

私の母も、食べていて口の中を噛んでしまい、出血しましたが、それだけでもCRPは上昇します。

ただ、仮に再発とだったとしたら、レジメンは帰るのではないでしょうか。また、R-CHOPとはならず、他のサルベージ療法になるかと思います。もっとも、人によって効く抗がん剤が違うので、何が良いかというのは一概に言えないです(医師もやってみなければわからない、という答えしかしません)。

9月のPETというのは、進行が遅いという判断からなのでしょうか。びまん性にトランスフォームしていたら、すぐに治療しなければならないでしょう。PETは早めてもらうことはできないのでしょうか。


メンテ
Re: 可容性レセプターについて ( No.2 )
日時: 2014/06/18 12:35:01
名前: かず

tetsudo様

早々の返答ありがとうございます。R-CHOPの時イメンド、ナゼア等使用しても激しい嘔吐が続きましたので「治療」という言葉をもっとも恐れています。治療となっても次の治療の際は(ゼヴァリンなど)吐き気が少ないかもしれないという一縷の希望はありますが...。

PETの件は妻も早くならないか、と申し出た見たいですが、4月にCT(造影剤なし)を撮った際は何もなかったという読影だったもので主治医も濾胞性だし、前回の画像診断でも何もなかったため予定通り9月で、ということになりました。

正直 食あたりでここまで数値が上昇するのか、と考えてしまします。9月までどういう気持ちで過ごせばよいのか本人も困っているようです。

本人も辛いのでしょうが、傍にいる私も妻を見ていると辛いです。検診前には何らかの原因で体調を崩します。心配が体調に出るのでしょうね。どっしり構えるタイプではなくどちらかというと繊細です。だから尚更この数字におびえているのでしょうね。

しかし食あたりでこんなにも数字が上昇するのでしょうか...。
メンテ
Re: 可容性レセプターについて ( No.3 )
日時: 2014/06/18 20:01:17
名前: kimi

はじめまして、かず様

医者ではないので確かな事は言えませんが、13日に嘔吐・下痢があり16日に検査だったのなら、それが原因の可能性も十分高いのではないでしょうか?

可溶性インターロイキンの医師からの説明に以前、数値が1000くらいあっても少し高いくらいでそれほど高い訳ではない、アトピーの人でもそのくらいの数値になると言われた事があります。
同じ病気の友人もウイルス性の風邪なんかで1000くらいになる事もあるようだと言っていた事があります。
やはり1000くらいでも、そんなに高い数値でないと医師から言われたそうです。

お気持ちとてもよく分かります。
先月治療後1年の検査をした時にCT検査で少しひっかかり、先生から多分大丈夫ですと言われたのですが、大丈夫の前に「多分」とついたので、気持ちが釈然とせず悶々としましたが、次のCT検査は8月でまだまだ先だし、悩んだところで本当に何でもないかもしれないので、不安な気持ちはそれまで横に置いとく事にしました。

かず様もお身体ご自愛下さい。
メンテ
Re: 可容性レセプターについて ( No.4 )
日時: 2014/06/19 02:22:03
名前: testudo< >

可溶性インターロイキン 2 受容体の件ですが、確かにリンパ腫の悪化によって上昇はしますが、基準値を超えたからすぐに再発、悪化という訳ではないと思います。

私の母の場合、通過障害が酷くなり食事も出来ない状態になりましたが、その時のsIL-2Rは800台でした。

他のサイトを見ていると、2000とか8000台それ以上の数値が載っていますが、腫瘍マーカーとしては有用だとしても、変化する要因はいろいろあるので、一概に再発・再燃と考えない方が良いような気がします。

かずさんの不安なお気持ちは分かります。CRPも上がっていたら、まさか・・・と考えてしまうかも知れません。

私も風邪をひいたときに調べたらCRPが上昇していました。

LDHにしても、正常でもDLBCLが進行していることがあります。

市販の「がんチェックキット」なんかはもっといい加減で、母の場合、CEAは正常、p53抗体も正常でした。

本来なら、造影CTの検査をされてみるのも良いかもしれませんが、被曝の問題もあり、簡単には勧められないです。超低被曝CTも出てきていますが。

可溶性インターロイキン 2 受容体の検査は、確か現行の健康保険では月1回しかできないはずです。でも、月が変わったらできるので、もし、どうしても心配でしたら、医師と相談して再度調べてもらってはいかがでしょうか。

メンテ
Re: 可容性レセプターについて ( No.5 )
日時: 2014/06/19 12:27:25
名前: かず

kimi様

返信ありがとうございます。

やはり 治療後は数字に怯え、画像に怯えの日々です。検診前は体調も崩しがちになりますが、結果は知っておかなければならないため、重い足取りで通院しているみたいです。悶々とするのは妻だけではなかったのだな、と思いました。本人は悶々としていますが 口に出すのすら我慢しているような感じです。

妻も9月までどうにもならないし...でも気持ちの悪い数字で...と言っています。

kimi様のご経験を参考にして取り敢えず横に置くことにしました。妻は不安でしょうが、それしかないなと。

たかが数字と思いきや、経過観察の者にはその数字すら辛く 苦しいものだということがわたりました。

kimi様もご自愛ください。
メンテ
Re: 可容性レセプターについて ( No.6 )
日時: 2014/06/19 12:34:49
名前: かず

testudo様

そうですね、どうしても気になるようなら来月にまた行うのもいいと思いましたが、ここで問題なのがtestudo様もご経験の通り「主治医の意思・方針」に背くことにならないか?ということもあります。主治医が9月で良いというのにどうしてまた?となり、大丈夫と言ったのに..となってしまうことも考えられます。

まだ日本は主治医の意思が優先されているように思いますが、妻も今の病院は変えるつもりもなさそうですし、そうなると主治医の判断に委ねるしかないと思っています。私たち個人としては来月にでも調べてほしいと思っていますが...。

アドバイス いつもありがとうございます。
メンテ
Re: 可容性レセプターについて ( No.7 )
日時: 2014/06/19 15:48:38
名前: testudo< >

かず様
確かに田舎の病院ほど医師が妙に威張っていて、パターナリズムの傾向は強いかと思います。主治医の意に反した事をして、不愉快な目に遭うのは確かに不安でしょう。

大都市の場合、いろいろな病院があるので本当に羨ましいですが、地方都市では血液内科が限られていて、担当の医師が決まってしまったら、もう変えることは出来ないに等しいです。

よくセカンドオピニオンはOK、治療方針について分からない事があれば気軽に聞いて、と言われていますが、実際日本の病院でそれをやると、以前よりはマシにはなったとはいえ、辛い思いをされるかも知れません。

ただ、かず様が住んでいるところに多くの血液腫瘍内科があるということであれば、紹介状と診断提供情報書をもらって、転院することは不可能ではありません。

私が住んでいるアパートの大家さんのお嬢さんが日本にきて、病院に行ったら「本当に医師の態度が横柄だ」と憤慨されていたようです。

私の母の場合もいろいろ紆余曲折があって転院しましたが、年度末の忙しい時にいきなり母を強制退院させると言われて、かなり苦しみました。私としては、会報に載っている程度の話しかしていないし、医師を名指しで馬鹿にしたりはしていません。この医師は遠くの病院へ転職しましたが、今となっても私の何が気に入らなかったのか、よく分かりません。

GDP療法を断ったのが原因なのか、母からの電話で「苦しい」と言われ、ナースステーションに電話をしたことが悪かったのか、いまだに分からないのです。別のスレで、病院関係者と思われる方が医師との折り合い云々と書かれていますが、高圧的な態度にビクビクしていたのは私です。

この病院は公立病院ですから、職員名簿を見ればフルネームは分かるのですが、ある看護師が自分のフルネームを知られて気持ちが悪いと周りに漏らしていたそうです。公務員であることを忘れてしまったのでしょうか。

長々と書いてしまいましたが、濾胞性リンパ腫から、形質転換(トランスフォーム)して、びまん性大細胞型リンパ腫になることもあるわけです。

濾胞性は進行が遅いので、9月と言われたのでしょう。ただ、医師との関係を悪化させたくなかったら、黙っているか、あるいはLDHとCRP位は調べて欲しいとお願いしてみてはいかがでしょうか。よほど小規模な病院(クリニックは別として)てない限り、1〜2時間で結果が分かります。もし、その時に数値が上昇していたら、無理にでもPET-CTの検査を早めてもらうようお願いした方がいいと思います。

メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存