トップページ > 記事閲覧
頸部リンパ節 放射線照射の副作用
日時: 2014/11/04 15:31:43
名前: ななちけ

濾胞性リンパ腫、治療後2年で再発しました

今回も頸部リンパ節に限局されていましたので、限局している
場合には放射線治療が効果が高いということでリツキサン+
放射線治療となりました。

前回はR-CHOP + 放射線(限局期 ただし頸部にうっすら
PETの集積がありました)で治療しましたが、いま考えると
最初のPETで頸部にあった淡い集積はやはりリンパ腫だった
と今更ながら思いますが、今回は前回の治療場所に
集積はありませんでしたので、放射線が奏功したものと
思います。

前回は腹部に照射しましたが、食欲不振と照射場所の
腸が
癒着してしまった(軽度のもの)くらいでしたが、今回は
頸部です。同部屋の患者さんで咽頭がんの患者さんが
照射による
のどの痛みに苦労されていたのを思い出しては少々怖いと
思ってしまいます。

頸部放射線治療をされた方の経験を知りたくてスレッドを
立ち上げました。

抗がん剤では吐いてばかりだったので、リツキサン +
放射線と聞いて少しほっとしていますが、放射線には
放射線の辛さが...と考えてしまいます。
メンテ

Page: 1 |

Re: 頸部リンパ節 放射線照射の副作用 ( No.1 )
日時: 2014/11/11 21:36:09
名前: breezing

びまん性大細胞B型非ホジキンリンパ腫(DLBCL)の患者本人です。
1回目治療(抗がん剤治療、放射線治療)から9年、最終治療から7年になります。
タイプは違いますが私も頸部放射線治療を受けましたので、私の場合についてご参考まで
コメント申し上げます。
・私の場合は右頸部にリンパ腫の腫瘍ができたため、1回目治療において鎖骨あたりから
あごの上あたりまで放射線治療を受けました。
・抗がん剤治療と放射線治療から1,2か月はのどがはれ食道の入り口が狭くなり食事や水を飲むのも
苦労しました。氷やアイスクリームを口に含むなどしましたが、(残念ながら)あまり効果なかった
ように思います。でもしばらくの辛抱です。数か月で徐々に元に戻り全く問題なくなりました。
・放射線治療後4年ほどして甲状腺機能低下症になりました。「甲状腺が1/3くらいの大きさに
なっている。放射線治療の後遺症の可能性が大きい」との医師のコメントでした。
甲状腺機能低下症の症状としては、体温低下(平熱から1度くらい低くなりました)、むくみ、
手足のしびれ、手足がスムーズに動かないなどがありました。
しかし、甲状腺機能を補助する有効な薬があり、毎日それを飲んでいるため現在は全く問題ありません。

ななちけ様の治療が良い方向に向かわれることをお祈り申し上げます。

メンテ
Re: 頸部リンパ節 放射線照射の副作用 ( No.2 )
日時: 2014/11/16 20:55:49
名前: ななちけ

breezingさま

経験者さまからのご回答、大変参考になりました。
明日からいよいよ照射が始まります。

breezing様の後に続くべく治療 頑張ります。
今度こそ長期寛解になります。

お返事 有り難うございました。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存