トップページ > 記事閲覧
悪性リンパ腫は怖くないのか??
日時: 2014/11/23 18:24:54
名前: 遠江 守

私の母は昨年の夏から胃原発の悪性リンパ腫と闘病しています。しかし、母のリンパ腫は薬剤抵抗性なのか、これまでのレジメンの選択が間違っていたのか、今は胃と背中の激痛に苦しみ、オキノーム、フェントステープで何とか痛みを抑えています。

しかし。オキノームの量は次第に増えていき、フェントステープも9mmになりましたが、激痛はコントロール出来ていません。

胃噴門部の腫瘤が大きくなってきたせいか、食事をしても吐いてしまいます。オキノームも飲める時と飲めない時があります。

痛みで横になっていることも多くなりました。

「悪性リンパ腫は化学療法や放射線療法で寛解する」と言われていますが、こういうケースはたまたま抗癌剤や放射線療法が合っていたからでしょう。

最近は「死ぬならがんで死んだほうが楽」と言っているお方もありますが、安楽死するというのならともかく、死期の近い悪性リンパ腫の患者の苦しみは壮絶です。ドラマと全く違う強烈な光景です。

悪性リンパ腫の闘病を書いたブログを読むことがありますが、日付が止まったままのもの、しばらく更新がなくて、何日か後に「息を引き取りました」と家族が書いているもの、もちろん寛解された方のものありますが、亡くなられた場合の最後の状況について記されたものはほとんどありません。

悪性リンパ腫はがんです。リツキサン等、効果のある薬が登場して必ずしも死を意味する病気ではなくなったかもしれませんが、怖い病気には変わりありません。

定期的な健康診断は必要です。特に高齢となると移植も困難となりますから、決して「安心」できる病気ではないのです。

なお、検査は高価ですがやはりPET-CTが優れています。でも、内視鏡検査でも今は楽にできるようになってきていますので、少なくとも内視鏡検査かバリウムによる胃透視をされることをお勧めします。

ちなみに市販の「がんチェック」キットでは、悪性リンパ腫の場合、必ずしもマーカーの値が異常になるわけではありません。MALTやDLBCLなら、ペプシノーゲン検査で異常値が出ることがありますが、これも必ず異常となる訳ではないので注意が必要です。

俳優の高倉健さんが悪性リンパ腫で亡くなりましたが、高齢者の場合、使える抗がん剤も限られてきます。「悪性リンパ腫は怖くない」なんて思っている方がいたら、考え直していただきたいです。
メンテ

Page: 1 |

Re: 悪性リンパ腫は怖くないのか?? ( No.1 )
日時: 2014/11/23 21:48:41
名前: 患者本人

患者本人です。
怖いです。限りなく怖いです。
高倉健さんが病名を公表され
患者は、また「死」を意識しています。
この掲示板を見る患者(や家族)は
病気と向き合っています。
怖さに向き合っています。

少しばかりの怒りと
かなりたくさんの悲しみを感じています。

独り言です…

メンテ
Re: 悪性リンパ腫は怖くないのか?? ( No.2 )
日時: 2014/11/28 23:18:37
名前: 遠江 守
参照: http://www.janssen.co.jp/public/rls/news/4505

ヤンセンファーマのイブルチニブ、製造販売承認申請しましたね。

承認されても、上市までには数ヶ月かかります。どうか1日も早く日本での販売を期待しています。

個人輸入だと約200万円とのことです。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存