トップページ > 記事閲覧
濾胞性からDLBCLへと形質転換
日時: 2015/09/08 04:59:55
名前:

夫のことで相談です。(アメリカ在住)

2013年7月に激しい腹痛で濾胞性リンパ腫がみつかりました。
その後、治験に期待して参加しましたがリツキシマブ+の薬で治療しましたが昨年末から腹痛が出て今年に入り我慢できなくなり(リツキシマブは続けてました)2月にR−CHOP開始を強く勧められ3月から6クールで6月まで治療しました。終わったと思ったのも束の間、、、直ぐに激しい腹痛が続き調べたところアグレッシブに形質が変り我慢できない痛みで入退院を繰り返し先月直ぐに大量化学治療を開始しないと危ないと言われました。
元々担当医との相性が悪く(評判も悪い)また、担当医も気が短く夫に「直ぐやらないなら今週で死ぬぞ!」などと平気で言う人なので信頼関係が作れてません。
夫は今も治療を拒否してます。腕にパッチ?(痛み止め)を張り良くなって来てると勘違いを起こしてるようです。
私は勇気をだして、それはごまかしであって実はどんどん進行して、、、手遅れになるよ!と言いましたが
治療をする=収入も止まり大変なことになる。そして治療が怖い。ようです。子供も3人居るので実際問題、本当に家族は大変になりますが今はとにかく手遅れにならないか心配してます。
夫は高濃度ビタミンCなどを期待しているといい自然治療を望んでます。
もし、このように大量化学治療をしなかったら今後はどうなります?転移や白血病に変ることもありえますよね?
勿論、予想は誰にもできないかもしれませんが何かアドバイスがあったらお願いします。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存