トップページ > 記事閲覧
3大療法以外の治療法について
日時: 2015/09/19 02:01:17
名前: りょう

身内が先日、悪性リンパ腫の診断を受けました。
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫です。
本人は抗がん剤の治療を今のところ拒否してます。
抗がん剤なしにこの病気が寛解された方を身内等の比較的近いところでご存知の方っていらっしゃいますか?
ちなみに身内は38歳女性でこどももまだ小さいです。
メンテ

Page: 1 |

Re: 3大療法以外の治療法について ( No.1 )
日時: 2015/09/20 01:46:26
名前: ナーサン

りょうさん、初めまして。
ご家族と同じタイプのリンパ腫患者です。
発病は2004年2月です。
約半年の抗がん剤治療で今もこうしてφ(..)する事が出来ています。

身内の方はどうして抗がん剤の治療を拒否されているのでしょうか?

リンパ腫でも濾胞性(ゆっくり進むタイプ)の場合は、経過観察という選択も有ります。

既に主治医からは説明を受けておられる事と思いますが。

び漫性大細胞型B細胞の場合は、「進行が速いタイプ(月タイプで悪化)」なので、「治療を受けるなら始めるタイミングが予後に影響大」だと思います。

確かに、抗がん剤療法は副作用なども有りますが、「がんと闘うな」で有名な元慶応病院の放射線科講師だった近藤誠氏も「血液がんの場合は抗がん剤をする事を進める。」と発言されています。

私自身は抗がん剤療法を選択しましたし、び漫性の患者さんで抗がん剤無しで寛解した患者さんと出会った事は有りません。

治療は、「納得して受ける事」が大前提だし、「治療の強制」は出来ません。
なので、主治医も抗がん剤の強制はされないと思います。

ただ、私自身がそうでしたが、「瀰漫性大細胞型B細胞性リンパ腫」の場合は、本当に「進行が早く、全身状態の悪化も早い」と思います。

「考える時間」は、そんなには無い。と体験から感じています。

お身内の方が納得されて、お身内の方にとって一番良い選択をされます様に。
疑問や不安については、主治医やナース、リンパ腫の治療をする病院でしたら、相談室なども利用して。

「納得するまで説明を受ける」事だけはして下さいね。

この掲示板の二つ下にも多くの患者さんや家族の方の投稿が有りますので、
そちらも参考にしてみて下さいね。
メンテ
Re: 3大療法以外の治療法について ( No.2 )
日時: 2015/09/23 20:51:36
名前: YS

母親が1年前にリンパ腫にかかり、素人ながら勉強して、セカンドオピニオンなども使いました。
まず最初はどこの病院でも抗がん剤治療R-CHOPを勧めてくると思います。ここでびまん性の場合、かなりの確率で寛解にもっていけるみたいです。うちの母親は特別な種類のDHLというリンパ腫だったので寛解はできませんでしたが。。。

人によって異なるようですが、母親の場合は抗がん剤の副作用もほとんどなく、3日間くらい熱が出るくらいでした。

1番は精神的ケアだと思うので、ご家族や身内が精神的ケアをしてあげてくださいね。
メンテ
Re: 3大療法以外の治療法について ( No.3 )
日時: 2015/09/28 23:06:23
名前: RIRIKO


はじめまして。

昨年の秋にびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の診断を受けました。

進行が速かったようで、他の療法を考える間もなく
抗がん剤治療に入りました。
私もがんになる前は「自分ががんになっても抗がん剤治療はしない」と考えていたのですが・・・あれよあれよという間にベルトコンベヤーで運ばれていくように治療が進んでいった感じです。
(R-CHOP療法ではありませんでした。が、その時は標準治療が何かということも知らず調べる時間も余裕もありませんでしたので、先生にお任せ)

治療が始まったばかりの時は「抗がん剤治療なんてしたくなかった」なんて先生に訴えていましたが。。。。
半年後に寛解となり、少しずつ病気の前の生活に戻っています。

りょうさんのお聞きになりたいこととは違うコメントで申し訳ありません。

しかしリンパ腫は抗がん剤の効果が出やすいがんです。

こんなふうに当初は自分の意志に反して文句を言っていた者でも、何とかやり切って新しい人生をもらった気持ちになっていることが何かのお役に立てばと思い、投稿いたしました。

ベストな方法が見つかりますように。。。。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存