トップページ > 記事閲覧
小腸の濾胞性リンパ腫の治療
日時: 2015/10/24 21:07:19
名前: 小腸リンパ腫患者

はじめまして。小腸リンパ腫患者です。よろしくお願いします。
今年の8月初旬に大腸に近い部分の小腸で腫瘍が見つかり(大腸カメラにて)、生検・骨髄検査・PET-CT(9月末の検査)により、
10月初旬に濾胞性リンパ腫・グレード1、現在のところ小腸のみの限局でステージ1の診断を受けました。
治療法について自分なりに調べ、また、3箇所の病院の医師の診察を受けた結果、リツキサン単剤による治療を希望し、数日後、主治医と治療方法について相談する予定です。
放射線治療も検討したのですが、小腸は放射線に弱く、小腸の内外で癒着が起こる可能性が高いとおっしゃる医師もおられたので、迷ってます。
小腸のリンパ腫の方がおられたら教えてほしいのですが、放射線治療をどう思いますか。また、リツキサン単剤の治療をどう思いますか。
よろしくお願いいたします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 小腸の濾胞性リンパ腫の治療 ( No.1 )
日時: 2015/11/06 21:34:23
名前: rurupapa

はじめましてrurupapaと申します。56歳のオヤジです。昨年1月に胃と小腸に濾胞性リンパ腫がわかり、検査の結果、微量の骨髄浸潤がありステージ4、グレードは2の診断を受け3月よりR-CHOP 6コースにて完全寛解昨年8月から2年間2ヶ月に1度のリツキサンの維持療法を行い7回目を終えた所です。
私も治療に当たっては相当悩みました、最初に行った病院での担当医もセカンドオピニオンに対しては協力的でしたが結局そのまま治療を受けることにしました。
心配であれば積極的にセカンドオピニオンを利用されたら良いと思いますよ。
また、この掲示板でもキンシャチさんは相当詳しい濾胞性リンパ腫の情報も掲載されていますので参考にされてはいかがですか?
それと私は病気になってからネクサスの講演会等は出席し再発に備えた情報を得るようにしています。
あまり参考にならないかもしれませんが完全寛解をお祈りいたします。
メンテ
Re: 小腸の濾胞性リンパ腫の治療 ( No.2 )
日時: 2015/12/28 00:59:31
名前: sasanisiki

もうすでに治療ははじめられたでしょうか?

わたしは少し位置が違いますが2015年8月に人間ドックで十二指腸に異常がみつかり、9月に濾胞性リンパと確定しました。
骨髄検査では顕微鏡レベルでは浸潤なし、でも細かなフロー上では浸潤ありでステージではIともWとも言えるが、治療は顕微鏡レベルでいいので経過観察しています。


日本血液学会の監訳する
「NCCN腫瘍学臨床診療ガイトライン2015年 第2版 MS4ページ」では
消化器の濾胞性リンパ腫は最近になって記載された疾患単位で、小腸に多く見られ、大多数が十二指腸で発生する。
ほとんどの症例は臨床的にイントレンドな経過をたどる限局例である。生存予後は無治療でも良好なようである。

http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/hematologic/nhl/japanese/overview.pdf#search='%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8+%E6%BF%BE%E8%83%9E%E6%80%A7%E6%82%AA%E6%80%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E8%85%AB+%E9%AA%A8%E9%AB%84%E6%B5%B8%E6%BD%A4'

たぶん医学雑誌と思われる「消化器内視鏡 15年5月号」東京医学社出版
「消化管原発悪性リンパ腫」の特集をやっていて購入してみました。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281683454/b/1228240/

専門用語が多く正確にとらえることができていないかもしれませんが、やはり腸管内濾胞性リンパ腫については経過観察でよいのではという内容でした。


わたしは都市部の癌センターで治療していて近隣の県の方も通っているようですが、先生は初め「長年やっていても十二指腸原発の濾胞性リンパ腫の患者さんはあまりいなくてデータがない」と言われました。しかし、その後先生に「消化官原発の濾胞性リンパ腫は他の濾胞性リンパ腫とくらべ、進行がとても遅くかなり予後が良い」と読んだのですがと質問した次の診療で「僕もいろいろ調べてみたらそのようです。」と答えをいただきました。

上記の資料は2015年のものなので先生方もご存知ない可能性もあります。
メンテ
Re: 小腸の濾胞性リンパ腫の治療 ( No.3 )
日時: 2015/12/28 01:12:22
名前: sasanisiki

さきほどの追加です。
質問の答えになっていなくてすみません。
上記理由で経過観察でもかなりよいと思われますので、治療するとしたら、なるべく軽いリツキサン単剤の治療で様子を見られるのが良いのではないかと思います。
「消化器内視鏡 15年5月号」東京医学社出版
によると消化官原発の濾胞性リンパ腫は抗がん剤による治療後の結果も大変良いデータが載っていたのを付け加えさせていただきます。

メンテ
Re: 小腸の濾胞性リンパ腫の治療 ( No.4 )
日時: 2016/01/26 16:35:02
名前: rurupapa

sasanisiki様
消化内視鏡 15年5月号の情報ありがとうございます。
早速購読しました。

主治医からも消化器原発の場合は予後が良好だとの話を聞いていたのですが、この本でまた少し安心していた所です。
メンテ
Re: 小腸の濾胞性リンパ腫の治療 ( No.5 )
日時: 2016/01/31 18:58:46
名前: sasanisiki

rurupapa様

私もこの本を読んでかなり気持ちが軽くなったので、もしかしてrurupapa様のお気持ちが軽くなるのではと思い書き込みいたしました。

とは言え私の場合は骨髄浸潤もあり、不安になるときも結構あります。そんなときこの本のデータを見直して気持ちを落ち着かせることも多いです。

もし少しでもお役にたてているのでしたら、とてもうれしいです。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存