トップページ > 記事閲覧
祖母が、びまん性大細胞リンパ腫です。
日時: 2016/07/15 00:47:45
名前: KH

はじめまして。閲覧くださりありがとうございます。

祖母が、びまん性大細胞リンパ腫と診断され、治療を行っていましたが、ついにその治療を中断し、
他院でターミナルケアを受けるように勧められてしまいました。

腫瘍発見当初から腫瘍が大きすぎ、手術で取り除くのが困難とのことで、細胞のみ取り出し検査したところ、
悪性リンパ腫であることが発覚しました。
もともと糖尿病と脳梗塞、心筋梗塞の病歴があり、加えて高血圧であるため、適用できる療法がほとんどない状態です。
年齢も68歳であるため、造血幹細胞移植も行うことができません。

発覚後は一年間の抗がん剤治療行ったものの、めぼしい効果が得られず、放射線療法に切り替えましたが、
放射線で少し小さくなった腫瘍も、連続の照射ができないためしばらく間を置いているうちに元に戻ってしまい、
さらに他の部位にも転移してしまっているという状況でした。現在は内臓すべてに覆いかぶさるように腫瘍が張り付き、
その影響で十二指腸が細くなり、食事をとることもできない状態です。

場所が悪く、十二指腸にステントを入れる手術はできないとのことで、
現在はひとまず食事をとれるようになることを優先し、一旦、抗がん剤を使用してみようという動きになっているのですが、
抗がん剤の使用で本当に食事が摂れるようになるかは医者にもよくわからない状況のようです。
また、今回抗がん剤で食事がとれるようになったとしても、十二指腸の手術が行えなければ、また閉塞してしまい、
食事がとれなくなるのではないかという不安があります。

病院には、もう本人に今後抗がん剤での治療と放射線療法を続けていくほどの体力が残っていないため、
同じ病院で治療を継続することはできず、ターミナルケアができる病院への転院を勧められました。
また、セカンドオピニオンを希望するならば、紹介状を書いてくださるともおっしゃっています。


本題ですが、家族としては他に治療ができる病院があるならばそちらに祖母を転院させたいと思っています。
しかし、祖母はもう県外へ転院する体力は残っていないと思われますので、徳島県内で、似たような状況で
治療をしてもらえた病院の元患者の方やその方のお知り合いの方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をいただければと思い、
こちらに書き込ませていただきました。
また、県外の方でも、似たような状況にある方の経験談を知りたいと思っています。

がんが治らないならば、せめて食事だけでもちゃんと摂れるようになってほしいと思っています。
食事がとれないため、体も衰弱し、心もどんどん摩耗してゆくようです。

わずかな情報でも構いませんので、ご協力いただけますと幸いです。どうかよろしくお願いいたします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 祖母が、びまん性大細胞リンパ腫です。 ( No.1 )
日時: 2016/07/16 10:34:07
名前: ヨシコ

こんにちは。ヨシコです。

まだお若いお祖母様に「びまん性リンパ腫」が見つかって闘病中とのこと、さらに、見つかった時点では、身体の内臓の多くに広がっており、持病があるので思うような治療ができないということで、ご家族の心配は察するに余りあると思います。

セカンドオピニオンはご本人でなくても、資料を持参すればご家族でも受けられると思います。徳島県ということですので、交流会に来ていただければ、いろいろな病院の情報が聞けると思います。

ご本人の気持ちをよく聞いて、その気持ちに添ってあげていただきたいと思います。

私は県外の病院で初回治療をしましたが、副作用が強く、故郷に生きて帰れないのではないかと思いました。「車で通える近くの病院」ということの有難さを痛感しました。

治療例については、同じびまん性の患者仲間からの書き込みを待ちましょう。

幸せは足元にあります。そのことを患者本人もお医者さんもよく知っています。家族の笑顔や好きな音楽、蝉の鳴き声や聞きなれた山鳩の声、一口でも食べられるものがあれば、それだけでずいぶん癒されると思います。

足や背中をさすってあげたり、とりあえず、今の苦痛を取り除いてあげて欲しいと思います。お祖母さまの体調が上向きますように祈っています。
メンテ
Re: 祖母が、びまん性大細胞リンパ腫です。 ( No.2 )
日時: 2016/07/17 22:16:45
名前: KH

ヨシコ様、はじめまして。こんばんは。
患者の方の目線でのアドバイスや、暖かいお声をいただき、たいへん参考になったとともに、
このような名も知れぬ他人の話を真剣に聞いてくださる方がいらっしゃるということに、とても元気づけられました。

今朝、病院にいる祖母に会いに行ったのですが、抗がん剤の効果で少し元気を取り戻していたようでした。
今日からまず飲み物から始まり、少しずつ食事を摂ることができるようになったらしく、
「もう七日何も食べていなくて、お腹がすいているから、早く何か食べたくてたまらない」と、
「自由に食事ができるようになったら、好きなあのお菓子を一番に食べるのが目標」と話している姿を見て、
やはりせめて食事だけは最期まで自由に摂らせてあげたいという気持ちが高まりました。

病院のお医者様にはなかなか個別に相談する機会が得られませんので、近日中に、
セカンドオピニオン用の資料をいただけるようお願いをしたためた手紙をお渡しするつもりでいます。

私は祖母とは離れて暮らしていて、なかなか祖母のもとに会いに行くことができていないのですが、できるだけ時間の許すかぎり祖母に会いに行き、少しでも苦しみを取り除くことができたらと思います。
また、交流会にもお誘いいただきありがとうございます。今は焦りばかりがあるのですが、とにかく情報がほしいという気持ちも大きいので、
もう少し家族全員の心が落ち着いたら、ぜひ参加させていただきたいと思っております。もしもまた、そちらでお世話になることがございましたら、よろしくお願いいたします。
メンテ
Re: 祖母が、びまん性大細胞リンパ腫です。 ( No.3 )
日時: 2016/07/18 20:16:31
名前: さくら

KH様。

こんにちは。さくらです。

お祖母様が少し食事がとれるようになったとのこと。少しでも食べられるといいですね。

口に合うものを食べて、体力がついてくると、気持ちも元気になります。

今だと、少し、冷たいスープやアイスクリームなど、つるんと口に入って、さっぱりするものがいいのかもしれません。

そして、ほっとする時間が持てると、ご家族の皆様もうれしいですね。

セカンドオピニオンのことなどが、スムーズにいきますように。

優しいお孫さんたちの気持ちが届きますように。

私も祈っております。

メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存