トップページ > 記事閲覧
びまん性の治療について
日時: 2016/09/14 17:47:42
名前: かあちゃん

びまん性DLBCLのステージVです。
明後日r-chop 6回で、治療終了予定です。
3回終了後のPET-CTで、CR でしたが、治療が始まる前から、「6コースがこの病院の方針」でした。
8コースの方が多いようで、不安です。病院の血液内科の先生は一人、年間10〜20人の悪性リンパ腫の診察をしてるそうです。
先生は優しくて、話もよく聞いて下さるのですが泣いてばかりの毎日です。
びまん性V〜W、r-chopを受けた方がいたら、アドバイスお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: びまん性の治療について ( No.1 )
日時: 2016/09/14 22:59:42
名前: ナーサン

2004年3月よりr-chopGクールしました。
骨髄には有りませんでしたが、両肺、鳩尾〜骨盤まで葡萄大の物が筋子状態、胃・十二指腸・膵頭部に跨る形と、もう一つ(8cmと6cm)縦隔大動脈に有りました。
治療前は、年齢以外のPSが有りました。
当時は、発熱、体重減少、日常生活は出来ない等のB症状の高リスクの予後不良群との事でしたが。
当時、保険適応になったばかりのRが奏功して今も生きています。
交流の方の掲示板の過去スレッドに私も含めて、
瀰漫性の先輩患者の書き込みが有りますよ(^^)探してみて下さいね。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存