トップページ > 記事閲覧
訂正 芽球性T細胞リンパ腫治療中にびまん性B細胞リンパ腫発生
日時: 2018/11/18 21:56:05
名前: ヤス

はじめまして、68才女性です。
私は昨年7月に末梢性T細胞リンパ腫の血管免疫芽球性T細胞リンパ腫ステージWと診断されCHOP,CHOEP,DHAPと治療をしましたが湿疹が出たりで効果得られず途中で断念。
T細胞ガンを攻撃する新薬が保険で受けられることを知り、同種移植をキャンセルし新薬治療を昨年末から開始しました。ムンデシンは3ヶ月で効果無くなりジフオルタは4〜10月末までして脾臓が小さくなり、腫瘍マーカーも改善が見られたのですが全身アチコチ約1cmのシコリが28コ出て来ました。pet-ctでも同箇所に集積がありました。生検結果はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫でした。免疫が落ちてEBウイルスの変質転換かT細胞がB細胞に変化したか原因わからずです。
リツキサンが使えると喜んでいたらプレドニン毎日20mgでシコリの終息が見られ抗ガン剤治療は中止となりました。今は5mgですがゼロになった時どうなるか経過観察中です。
似たような症例をご存知でしたらお知らせいただきたくよろしくお願い致します。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存