トップページ > 記事閲覧
小児患者の危機
日時: 2019/11/25 19:04:58
名前: 昭和大学藤が丘病院職員

謹啓
匿名で失礼いたします。私は昭和大学藤が丘病院の1職員です。
当院に罹ってくれている白血病やリンパ腫の子供達に危機が迫っているので,是非食い止めていただきたいと思い,ご連絡申し上げました。
当院には常時15-20名程度の小児血液疾患の患児が入院してくれています。疾患の性質上,どうしても入院期間が長くなってしまう傾向にあります。一方,現在の法律では入院期間は短ければ短いほど病院の利益が上がる仕組みになっているようです。そのため,当院の高橋寛院長,池田裕一小児科診療科長は利益第一主義の観点から,こうした子供達の医療を切り捨てようとしています。この姿勢に耐え切れず,小児科の先生たちが「院長と診療科長に信頼が置けなくなった」という理由で辞表を出す騒動に発展しております。もし,この先生方が辞めるような事態になれば,困るのは何年も藤が丘病院を頼ってくれている子供達です。病院の経営は大切かも知れませんが,それ以上に社会的使命を忘れてはならないと思います。上記の流れを阻止できるのは,患者さんやご家族の声だと思います。お力添えをいただければ幸いです。
                 頓首
問合せ先:227-8501 横浜市青葉区藤が丘1-30 昭和大学藤が丘病院小児科 045-971-1151
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存