トップページ > 記事閲覧
2010年世界リンパ腫デーのアンケート調査
日時: 2010/06/30 09:24:15
名前: ヨランダ

ネクサスも加盟するリンパ腫連合(本部:カナダ)が、今年も9月15日の世界リンパ腫デ―に向けて、リンパ腫に関するアンケート調査を実施しております。
リンパ腫患者さんやご家族・支援者対象の調査で、リンパ腫の診断と治療法から、治験参加や治療費、若年層患者さんの生活上の心配事まで、いろんな項目があります。この調査により、国・地域別の問題の共通点や相違点を見つけ出して、共に解決策を見つけていくことにつなげるという目的です。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

リンパ腫連合(Lymphoma Coalition)のアンケート調査のページ

http://lymphomacoalition.org/en/survey-understanding-lymphoma-2010

手順をご説明します。
(1)上記のホームページのアドレスをクリックすると、リンパ腫連合の調査のページが開きます。

(2)何語で答えるか選択します。「Select Language ▼」という表示の右の三角をクリックして、Japanese(日本語)を選びます。

(3)「あなたはリンパ腫患者ですか」という質問に、「○はい」「○いいえ」のどちらかの○をクリックして、next(次へ)をクリックします。
ここから、患者さん本人対象の調査と、患者さんでない人(ご家族や支援者)対象に分かれます。

(4)「現在お住まいの国はどこですか」の質問には、Japan(日本)を選んでください。「Please select ▼」という表示の右の三角をクリックして、かなりスクロールして、Japan(日本)を見つけてください。
このあとは、質問や答えの選択肢はすべて日本語になっています。(無記名で10分くらいで終わります)

日本ではリンパ腫は珍しいがんですが、欧米では5大がんの5番目に入っている国も多いようで、リンパ腫連合には30数カ国42の会が参加しておりますが、多くはヨーロッパ、南米アメリカの患者会です。新しく代表になったカナダの患者会が、とても熱心で、今年の調査項目はたくさんあり、気合いの入れ方が伝わってきます。
カナダで作成された原文を、各地の患者会が自分たちの言語に訳しました。内容的に、日本的ではないところもあったり、日本語の意味が分かりにくかったりするところもあると思いますが、皆さんのお知恵で解釈いただき、たくさんの方のご協力がいただければ嬉しく思います。

結果は、9月15日の世界リンパ腫デーに向けて、発表されるそうですので、欧米と日本の患者さんの意識の違いなどが分かるのではないかと、お楽しみになさっていてください。
調査の締め切りについては、少し延長もあるようですので確認中です。できるだけお早目にご参加くださいますよう、お願いします。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存