トップページ > 記事閲覧
再発性の濾胞性リンパ腫とびまん性大細胞B細胞リンパ腫にCMC
日時: 2010/07/08 22:08:17
名前: さんぽう

再発性の濾胞性リンパ腫とびまん性大細胞B細胞リンパ腫にCMC-544が有望

 抗CD22ヒト化抗体製剤のCMC-544(inotuzumab ozogamicin)は、再発性の濾胞性リンパ腫(FL)とびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)においてリツキシマブとの併用で良好な全奏効率(ORR)と無増悪生存率(PFS)を示し、血液毒性や肝機能低下などの有害事象も管理可能な範囲のものであることが、フェーズ1/2試験の結果、示された。6月10日から13日までスペイン・バルセロナで開催された欧州血液学会で、ベルギーUZ LeuvenのGregor Verhoef氏が発表した。
−がんナビより抜粋−

 治験で次々に奏功する薬が出ています。心強い、期待しています。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存