トップページ > 記事閲覧
海外からの地震お見舞いメール <リンパ腫連合より>
日時: 2011/03/22 08:16:57
名前: ヨランダ

東北地方太平洋沖地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

ネクサスも加わるリンパ腫連合(Lymphoma Coalition)は33カ国44のリンパ腫患者会・支援団体の集まりですが、日本のみなさんに励ましのメールをたくさんいただいております。既にネクサス会員さん用のメーリングリストではご紹介したのですが、メーリングリストに入っておられない方にもこの掲示板でお見舞いメールをご紹介します。
ネクサス事務局では、私がリンパ腫連合の担当窓口なのですが、このたびの大地震に関してあちらに連絡を取ることもなく忙しくしておりましたところ、日本の様子が心配でたまらないというメールが届きました。それで急いで全メンバーに状況を知らせたところ、次々と励ましのメールをいただきました。
時差の関係で昼夜が逆転している国もあり、すぐに返信をいただける国とそうでない国があることや、英語が通じにくい国もあることをご理解ください。海外からのメール原文はご紹介しておりませんが、ネクサスからの連絡メールは英語と日本語でご紹介しております。また、メール原文で私個人に宛てた部分は省略しておりますことと、私の日本語訳が力不足の点はご了承ください。

1.2011/03/14 10:52
ビルヒニア (ウルグアイ)
Virginia (Grupo Limfoma, Uruguay)

どうしていますか?ご家族やネクサスのメンバーはお元気ですか?
もし無事ならメールをください。とても心配しています。
メンテ

Page: 1 | 2 |

Re: 海外からのお見舞いメール(ネクサスから) ( No.2 )
日時: 2011/03/21 12:12:46
名前: ヨランダ

Dear Karen and the LC members,
This is Group Nexus Japan. Virginia in Uruguay e-mailed to me, and I realized that I should have reported you our situation earlier after the earthquake.
Group Nexus and I are OK!  

My family and I are safe since we are living in the western parts of Japan far from Tokyo. Nexus directors in Tokyo, five including our leader in the head office, were OK though they had to walk long way home from their work places on March 11.

Nexus is a nationwide organization with 14 directors resided in different parts of Japan, and we are fortunate that none of the directors live out in the north of Tokyo where the earthquake levelled the cities, towns and villages with tsunami. But we'll be forced to find out soon what happened to the lives of our members in the northeast parts along the Pacific coasts.

Nexus has some 1,300 members all over Japan and half of them exchange e-mail with us to share information and friendship. Many of them seemed to be shocked and remain quiet. Our leader Mr. Amano is e-mailing to the members with information such as how to survive the hard situation under chemotherapy, how to avoid causing new side effects, how to manage with the chemo-drug at home, etc. We are happy that the haematology oncologists help our leader to give this information.

It's really sad that many people were killed by tsunami in the northeast part in spite that they tried hard to escape. Even the survivors, earthquake and tsunami victims, many of them are still in the difficult situation with food and water shortage as well as the snowy weather. It's a pity that they have to wait for a while until the damaged roads get restored so that trucks, buses and cars can transport sufficient things needed for them.

Right now, the Japan Self Defence Forces are trying very hard to rescue the isolated survivors and transport food, water, blankets, etc to the temporary shelters by helicopter. We really thank the support from the foreign countries. According to yesterday's newspaper, 56 countries offered us their support. Your countries.
 (Continued)
メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール(ネクサスから) ( No.3 )
日時: 2011/03/21 12:16:43
名前: ヨランダ

(Continued)

As you know, another disaster is being caused by the earthquake. We are worried about the explosion of the nuclear power plant. I hope people living near the site will survive.
I know everyone shall die in the end, that is to say, nobody can keep on living in this world. But no one wants to be killed in a natural disaster. No one wants their family members and friends killed in an accident.

Japanese people in many parts of Japan, such as Yokohama, Nagoya, Osaka, Kobe, Hiroshima, and Fukuoka, are leading a normal life now in spite of the disaster in the northeast part. They are donating money for the victims and disaster volunteer organizations are ready to dispatch their members there when asked.

I'm sure that Japan will survive and reconstruct the country after shedding lots of tear just as we have done so many times in the past on this island country repeatedly attacked by earthquakes. I learned it, surviving from the big earthquake in the Kobe area, near Osaka, that took the lives of some 6,400 people in 1995.

Thank you for caring about Japan. We will survive!
メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.4 )
日時: 2011/03/21 12:19:32
名前: ヨランダ

2. 2011/03/14 14:49
ニック (白血病リンパ腫財団、シンガポール)
Nik  (Leukemia & Lymphoma Foundation Singapore)

あなた方が無事と聞いて本当に嬉しいです。でも、ご家族や友人を亡くされた方たちのことを思うと胸が痛みます。心よりお悔やみ申し上げます。けがをされた方たちにお見舞いを申し上げますとともに、自然の猛威を目の当たりにし、苦しみながらも耐え抜いた日本のみなさんにお見舞いを申し上げます。

言葉では、私たちの気持ちをうまく伝えられません。ええ、きっと、日本は強く切り抜けていくはずです。


3. 2011/03/14 15:43
アンナ (白血病財団、オーストラリア)
Dr Anna Williamson (The Leukaemia Foundation, Australia)

連絡を有難う。日本のニュースに心配していましたが、ネクサス役員のみなさんが無事と聞き安心しました。オーストラリアではニュージーランドへの募金活動に協力していましたが、今は日本への募金も協力しています。

私たちはこの困難で悲しい状況のあなたがたのことを思っています。日本の皆さん、私たちも応援しています!


4.2011/03/14 18:18
アニタ と仲間達(骨髄腫ユーロネット、ドイツ)
Anita & colleagues (Myeloma Euronet, Germany)

私たちは、地震、噴火、原発の爆発と相次ぐ怖いニュースにとても心配しています。私たちもとても悲しく思っており、日本の皆さんのお気持ちをお察しします。
とくに病気の手当ての必要な方々のことを思います。電気が制限されていると聞きました。

すべての皆さんにとって、事態が早く良くなるようお祈りしています。
メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.5 )
日時: 2011/03/21 12:22:07
名前: ヨランダ

5. 2011/03/14 22:08
サリー (リンパ腫アソシエイション会長、イギリス)
Sally (Lymphoma Association, UK)

私はあなたと直接の面識はないのですが、そちらの現状を知らせてくれて感謝していると伝えたいです。私がこちらの日々の生活で心配していることなど、ほんのちっぽけなことだと思い知らされました。しっかり働いて、十分休息も取ってくださいね。

リンパ腫連合の仲間はみんな、あなた達のことを思っています。


6. 2011/03/14 22:10
マジャ (LYPA、セルビア)
Maja (Lymphoma Patients Association (LYPA), Serbia)

私はリンフォーマ・ペイシェンツ・アソシエイション(LYPA)のマジャです。ヨーロッパの小さな国セルビアからです。

あなた方の国に起きたことに、心よりお見舞い申し上げます。私たちみんなが応援していますよ。あなた方が力強く困難を克服していかれることを願っております。


7. 2011/03/14 23:31
ヒルディ (白血病リンパ腫ソサイエティ、アメリカ)
Hildy (The Leukemia & Lymphoma Society, USA)


最新情報を有難う。このような大災害時に、連絡を取り合って、この災害の前から病気になっていた人たちへ病気と闘い続けることを手助けする方法があることに感動しました。

私たちの気持ちと祈りが、日本の皆さんに届きますように。

メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.6 )
日時: 2011/03/21 12:24:38
名前: ヨランダ

8.2011/03/15 0:45
カレン (リンパ腫連合会長、カナダ)
Karen (Executive Director, Lymphoma Coalition, Canada)

あなたから連絡が来てとても嬉しいです!どうしているかとずっと心配で、メールを書こうかと思っていたところに今日あなたからの最新情報が入ってタイムリーでした。

私たちはずっとあなた方のことを思い、祈っておりますが、こんなに離れていて手伝いに行けないのがもどかしいです。あなたや、ネクサス事務局の皆さん、患者さん達に、私達でできることがあれば、言ってください。
あなた方が、情報を集めて患者さん達に伝えているのはいいことですね。私たち外国でもそのような状態になった時の参考にさせてもらいます。
あなたがメールで言っていたように、人はいつ生を終えるか予測はできないのですから、毎日をより良きものに生きていかねばなりません。

私たちに連絡をとり続けて下さい。そて、私たちにしてほしいと思うことはなんでも言ってくださいね。



9.2011/03/15 10:44
プルー (白血病財団、ニュージーランド)
Pru (Leukaemia & Blood Foundation of New Zealand)

日本は恐ろしい事態に見舞われ、そしてその余波としての放射能の危機が起きているのですね。

ご存知のようにニュージーランドのクライストチャーチも地震が起こったばかりで、大きな被害を被り、たくさんの命を失いました。でも、あなたも言っているように、緊急時に各国が協力し合うのは素晴らしいことです。ニュージーランドの地震では、日本の地震レスキュー隊が来て救援活動を続けてくれていたのですが、先週の日本の地震で当然のことながら帰国しました。こちらで活動していたニュージーランドの救助隊も外国の救助隊も日本の支援のためにそちらに向かいました。

私たちは津波の襲う様子を見て、たくさんの命が奪われたことにとても心を痛めております。この大きな悲しみに当たり、私たちの気持ちはあなた方と共にあることをお伝えします。

メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.7 )
日時: 2011/03/21 12:29:48
名前: ヨランダ

10.2011/03/15 17:57
ギー (リンパ腫エスポワール、フランス)
Guy (President, France Lymphome Espoir, France)

日本は偉大な美しい国で、日本人は粘り強い人達です。きっとこの大災害を乗り越えていくと思っています。

皆さんのことを思っています。


11. 2011/03/17 13:10
アイデ (リンフォーマス・アルヘンティーナ、アルゼンチン)
Haydee (LINFOMAS ARGENTINA)

アルゼンチンからも日本の皆さんを応援しております。素晴らしいお国が、この苦難の時に立ち向かい、打ち勝つことを信じております。

私の国の皆が、日本の皆さんを守ってくださるよう神に祈っています。


12. 2011/03/17 19:07
トニー (白血病ケア、イギリス)
Tony (Leukaemia CARE、UK)

大災害に見舞われて状況を把握するのも困難な中の皆さん、私たちの気持ちと願いは皆さんと共にあることをお伝えします。


13. 2011/03/17 19:28
エリザベータ (ポーランド・リンパ腫アソシエイション“アウル・アイズ”)
Elzbieta (Polish Lymphoma Association "Owl Eyes")

私たち患者会メンバーとポーランドのリンパ腫患者全員が、日本の皆さんを思う気持ちと心からの励ましをお届けします。

私達リンパ腫連合は一つの家族であり、大変な状況に直面している仲間とはいつも共にあるのです。私たちが大変な状況であった時には、あなた方がいてくれました。今度は私たちが支援の手を差し伸べたいと思っております。
状況を知らせて下さいね。

メンテ
海外からのお見舞いメール(ネクサスから) ( No.8 )
日時: 2011/03/21 12:32:07
名前: ヨランダ

14. 2011/03/17 11:09
カレン、リンパ腫連合の皆さま

私たちへの暖かいメッセージを有難うございます。
皆さんからのメールには、とても勇気づけられます。ネクサスがリンパ腫連合のメンバーであることを幸せに思います。

ネクサスの役員達と相談して、皆さんからのメールをネクサスの会員さん達に知らせることにしました。日本を思う皆さんのお気持ちを、ネクサスのメーリングリストに登録している約700人に伝えました。10ヵ国からのメールを、皆さんの許可も得ずに紹介してごめんなさいね。メール原文ではなく、日本語訳で紹介して、会員さん達が皆さんの温かいお気持ちに勇気づけられればと思いました。

東北地方は今も厳しい状況で、43万人もの被災者が、食糧不足の中で避難所暮らしをしています。水・電気・ガス・交通手段というライフラインが広範囲に破壊されており、残念ながら事態の改善までには時間がかかりそうです。

東北地方のネクサス・ボランティアの方が、昨日ようやく東京の理事長に電話連絡してこられました。被災されたこの方は、太平洋側から遠くのご実家に移られたそうです。骨髄移植を受けた後、免疫抑制剤が手放せない方ですが、かかりつけの病院は救急の被災者を診るのに手いっぱいで、従来の患者を診る余裕はないようです。
他の東北の会員さん達とは連絡が取れていません。その方たちは、連絡手段のない避難所にいるのかもしれませんし、もしかしたら、いつか、悲しい知らせを聞くことになる人もいるかもしれません。メディアの報道によると、3月16日午後11時現在で死者が5,167人、行方不明者は16,414人以上だそうです。ご無事を祈ります。

医療者だけではなく、患者会のネットワークも、被災者支援の情報の収集と発信に努めています。5つの患者会で構成されるJ-CAN(ジャパン・キャンサー・アクション・ネットワーク)もその一つで、一生懸命活動しています。今回は医師達、製薬会社、国会議員達とも協力して、東北地方に生活必需品だけではなく、薬も早く届けるように、政府をプッシュしています。ええ、効果は表れており、防衛庁が要望に応えてきているそうです。

ネクサスもこのJ-CANの一員であること、そしてネクサス理事長であり、東京の若きDLBCL(び慢性大細胞型B細胞リンパ腫)サバイバーの天野さんが、この活動でもリーダーシップを発揮しているのを誇りに思います。

私はネクサス大阪支部担当なのですが、以前から大阪では他の患者会と医療者達と連合体を作って活動しております。「大阪がんええナビ」というグループで、800万人の大阪府民を対象にがん情報を提供しております。こちらのウェブサイトでも、地震被災者への支援情報として、J−CANや日本臨床腫瘍学会のホームページを紹介しています。

東北地方と東京近辺の人たちはかつてない苦難を味わっております。その一方で他の地区の多くの人々は、何の心配もない普通の生活を送っています。今、日本は一つとなって、被災者を救済し、被災地を復興しなければなりません。かつ、東北の福島原発の原子炉がどういう状態なのかも注意しておかねばなりません。

皆さんのメッセージに、私たちは本当に励まされます。日本のことを思ってくれて、有難うございます。
メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.9 )
日時: 2011/03/21 12:36:47
名前: ヨランダ

Dear Karen and LC members,

Thank you very much for your kind words to us.
I am really encouraged by your e-mails, including many direct ones to me, and feel happy that Group Nexus is a member of the LC.

I showed your emails to the Nexus directors and we decided to tell our patient/family members, some 700 on the mailing list system, about your kind words caring about Japan. Please forgive me that I showed your emails from 10 countries without your permission. I didn't show your original email but the Japanese translation so that they get encouraged, feeling your warm heart.

The northeastern part of Japan called the Tohoku Region is still in a severe situation with some 430,000 tsunami victims fled in evacuation shelters with food shortage.
Since the lifeline in infrastructure such as water, electricity, gas and transportation was destroyed in a vast area, it will take time for the victims to have their situation improved, to our regret.

One of our volunteer staff members in the Tohoku Region managed to call our leader in Tokyo yesterday to report him that she survived from the earthquake and was transported to her native home far from the Pacific coast. She had had bone marrow transplant and needs immunosuppressant drugs, which is now hard to get at her hospital with lots of victims in serious condition, being unable to take care of their regular patients.
According to her, she can't contact other Nexus patient members in the Tohoku Region. Some of them may be in the isolated shelters without any means to communicate with us, or we will have to know the sad news someday because the mass media show the figures of 5,167 dead and 16,414 missing as of 11:00 pm, March 16. We hope they are safe.

(Continued)
メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.10 )
日時: 2011/03/21 12:42:45
名前: ヨランダ

(Continued)

Not only the doctors but also the patient groups have network to support the victims, getting and giving information for the ones in needs; J-CAN (Japan Cancer Action Network) composed of the five leading patient groups is working very hard, this time cooperating with doctors, pharmaceutical companies, and parliament members to push the government to hurry to transport medicine to the Tohoku region as well as necessities of life. And, sure enough, the Defense Agency is responding to the petition!

I'm proud to say that Group Nexus is a member of J-CAN and Nexus leader Mr. Amano, a young DLBCL survivor in Tokyo, is taking the leadership in this work.

J-CAN http://jcan.e-ryouiku.net/

I have been working in Osaka as a Group Nexus Osaka leader with other patient groups and doctors, forming an organization "Osaka-anavi", which aims to give cancer information mainly for Osaka residents of 8 million people. We also started showing the both websites of J-CAN and Japanese Society of Medical Oncology for the earthquake victims.

http://www.osaka-anavi.jp/

http://www.osaka-anavi.jp/from/2011/03/post-16.html

People in the Tohoku region and some parts around Tokyo are experiencing unrecorded hardship now, while many people in other parts are living as usual without any fears or difficulties in our daily life. It's time in Japan again for us to be united to help the victims and restore the destroyed region, watching carefully what's going on to the reactors in the Fukushima nuclear Power Plant, Tohoku.

Your kind words really encourage us. Once again, thank you for thinking of Japan.

メンテ
Re: 海外からのお見舞いメール <リンパ腫連合より> ( No.11 )
日時: 2011/03/21 12:46:45
名前: ヨランダ

15. 2011/03/18 2:47
カレン (リンパ腫連合会長、カナダ)

メール紹介で私たちに謝る必要はないですよ。状況を知らせてくれてありがとう。
リンパ腫連合から何かできることはありませんか?そちらに駆けつけられないのは残念です。

私たちはあなた達のことを祈り、気持ちはいつもあなた達を思っています。早く状況が改善されますように、行方不明者が見つかりますように、家をなくした方たちには安心できる温かい場所が見つかりますようにと願っています。

私たちに連絡をとり続けて下さいね。
メンテ

Page: 1 | 2 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存