トップページ > 記事閲覧
2018年国際アンケート調査報告
日時: 2020/02/11 14:36:44
名前: ヨランダ

Lymphoma Coalition(リンパ腫連合)との連絡係を担当していますヨランダです。
2018年の国際アンケート調査では、ネクサスの会員さんや一般の方たちの参加のおかげで、日本からは170名の参加者数でした。皆さんのご協力、有難うございます。
参加者数100名を超える国には、その報告書が作成され、日本版も送られてきました。ネクサスの会員さんたちには、その長い日本語訳をメーリングリストで、2018年9月に報告しました。一般の参加者の皆さんへのご報告が遅くなりましたが、ここに抜粋を掲載していきます。

<報告書 No. 1>

2018年リンパ腫・CLL患者国際アンケート調査 日本の報告書<抜粋>


2018年国際患者調査は、2018年1月に開始、3月に終了した。調査は19言語で準備され、実施は、少なくとも65の患者団体のソーシャルメディア、リンフォーマ・ハブ(the Lymphoma Hub)、医療関係パートナー、インターリンフ(INTERLYMPH)、医療関係者の一部を通してである。
全世界から合計6,631人の参加者があり、2016年の4,129人から飛躍的な増加となった。

2018年国際患者調査の目的は、リンパ腫連合とそのメンバーが以下の項目に関する調査から患者の体験を理解するための情報を集めることであった。

1.患者への情報、ガイダンス、サポート
2.再発の不安
3.疲労感
4.副作用との暮らし
5.バリアや困ったこと

メンテ

Page: 1 |

2018年国際アンケート調査報告(2) ( No.1 )
日時: 2020/02/11 14:08:54
名前: ヨランダ

<報告書 No. 2>

【概要】

2018年の国際調査には、日本から170人が参加した。

日本の参加者の多くは、調査時に自分のリンパ腫の型を知っていた。しかし、治療のオプションと副作用の管理を理解しづらいと思った者も多い。

回答者の3分の2はもっと情報がほしいと思い、診断後すぐに情報とサポートを求めている。回答者の主な情報源は医者とウェブサイトだ。

回答者は、十分な情報を得ていると思っているときは、体の状態や治療の選択肢に関する情報が信頼できるものであると確信するというポジティブな影響を与えている。それはまた、医者とのコミュニケーションにおいてもポジティブな影響を与えており、その例として、患者は自分の気になることを医者に話す時間をさいてもらう権利があると感じていることがあげられる。

全体的に、疲労感と脱毛が心理面で最も頻度の高いものだ。医療面で最も一般的なのは、しびれと好中球減少で、これは治療中と治療後の両方に当てはまる。

体の見た目の変化が気になることは、最も多く報告されている治療中の心理社会的な事柄であり、治療後には再発の不安が最も多い。全体として、医療上の問題や体の状態、心理社会的な問題は様々で、それが治療後に続く期間も人によって異なる。

日本の回答者の多くは、リンパ腫に罹ったことでライフスタイルに変化があり、半数は自立への変化だ。

再発の不安を覚える回答者は、治療後2年から5年の間がピークとなっている。中には治療後8年以上も不安を覚える者もいる。

再発の不安は、不安感やうつや孤独感と関連しており、これらについて医者に話すことはめったにない。回答者の再発の不安は、治療後3年から5年の間と同様に、治療直後にも報告されている。また、8年以上もの経験の報告もある。

疲労感は回答者の自立に影響しており、ライフスタイルへの影響が大きく、活動全般に大きなインパクトを与えている。

日本の回答者は治療へのバリアとして金銭問題を挙げており、それに続くのは治療までの待ち時間の長さだ。

居住地によるバリアもあった。田舎や都会に住む回答者よりも郊外に住む回答者からは、治療を受ける医療機関へのアクセスや高額な交通費がよく挙げられている。田舎の居住者のバリアは、地方に適切な専門医がいないことと、治療までの待ち時間の長さだ。

回答者の関心のあるサービスは、信頼できるウェブサイト、ダウンロードできる資料、治療の情報、生の医療講演会である。日本で利用できないサポートとして多く回答されているのは、ソーシャルワーカー、スピリチュアル、補完療法士からのサポートだ。回答者が一番良く利用しているサービスとしては、患者会と栄養士のサービスが一番有益だったと言う。

メンテ
2018年国際アンケート調査報告(3) ( No.2 )
日時: 2020/02/11 13:28:28
名前: ヨランダ

<報告書 No. 3>

【調査結果】
I)回答者統計

日本から今年の国際患者調査には合計170人が参加した。そのうち138人(81%)はリンパ腫患者で、32人(19%)は、患者に代わって回答した人だ。これ以降、二つのグループを一つにした「回答者」として扱っている。

回答者のうち119人(70%)は、これまでに国際患者調査に参加したことはなく、51人 (30%)は以前に参加したことがある。数名は2回以上参加したことがある。

48% が男性で、52% が女性。
77% が40〜69歳。 

年齢分布は
18-29歳 (6%)
30-39歳 (7%)
40-59歳(44%)
60-69歳 (33%)
70歳以上 (10%)

居住地は
45% が都会
21% が郊外
34% が地方

回答者の最終学歴は様々であるが、大多数は中等教育を受けている。
学歴の詳細は

中卒 2%
高卒又は同等レベル 16%
短大・大学中退 19%
短大・大卒 50%
商業・工業・職業専門学校 5%
修士号 7%
専門職学位 1%

メンテ
2018年国際アンケート調査報告(4) ( No.3 )
日時: 2020/02/11 13:30:47
名前: ヨランダ

<報告書 No. 4>

(回答者統計の続き)

リンパ腫の型

濾胞性 40%
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(どのタイプのDLBCLか知らない)23%
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(GCB)  2%
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(ABC)  1%
節外性NK/T細胞リンパ腫 2%
ホジキンリンパ腫 6%
MALTリンパ腫/辺縁帯リンパ腫 6%
マントル細胞リンパ腫 5%
末梢性T細胞リンパ腫 4%
その他の中・高悪性度リンパ腫 2%
形質転換 2%
ワルデンストレームマクログロブリン血症 2%
その他の低悪性度リンパ腫 1%
分からない 1%
バーキットリンパ腫 1%
皮膚リンパ腫 1%
慢性リンパ球性白血病 (CLL)/小リンパ球性リンパ腫 (SLL) 1%


びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)の場合は、DLBCLのどのタイプか知らされていない患者と、胚中心B細胞 (GCB)、活性型B細胞 (ABC)のタイプの3パターンがある。これらの3種の回答を合わせてDLBCLの回答数とした。

リンパ腫と診断されたのは

1996-2002年 5%
2003-2009年 24%
2010-2016年 54%
2017年 16%
分からない 1%

回答者の病歴は

5% リンパ腫であると初めて診断された 
9% 診断されて、現在治療中
6% 診断されたが、治療はまだ必要ないと告げられた
14% 寛解しており、この2年間は治療を受けていない
14% 寛解しており、この2〜5年間は治療を受けていない
15% 寛解しており、5年以上治療を受けていない
7% 今回初めて再発し、現在治療を受けている
8% 2回以上再発したが、現在は寛解している
6%  2回以上再発し、現在治療を受けている
14% 治療を終え、現在は維持療法中
2% 形質転換した

メンテ
2018年国際アンケート調査報告(5) ( No.4 )
日時: 2020/02/11 13:44:09
名前: ヨランダ

<報告書 No.5>

II)情報、ガイダンス、サポート

【情報】
多くの回答者(85%)は、最初のリンパ腫の診断の時に自分のリンパ腫の病型を知らされていたが、14%はそうではなく、1%は分からないと答えた。

リンパ腫であると初めて診断を受けたときに、もっと情報を得たいと思ったかという質問に対して、
 
もっと得たいと思った(65%)
気持ちが動揺していたので、それ以上情報を受け入れる余裕はなかった(15% )
十分な情報を得たと思った(14%)
これ以上の情報を得たいと思わなかった(6%)

患者であった時の主たる情報源は、
医師 81%
ウェブサイト 70%
患者会 45%
ブログ/ソーシャルメディア 35%
看護師 24%
家族/友人 19%
その他 9%

医師とのコミュニケーションに関する質問では、

・医師にあなたの身体的な問題について伝えましたか?
はい(62%)、幾らか(26%)、いいえ(8%)、該当せず(1%)

・医師はあなたをサポートすることができましたか?
  はい(35%)、幾らか(41%)、いいえ(21%)、該当せず(3%)

・医師にあなたの感情的な問題について伝えましたか?
はい(30%)、幾らか(24%)、いいえ(40%)、該当せず(6%)

・医師はあなたをサポートすることができましたか?
はい(21%)、幾らか(29%)、いいえ(33%)、該当せず(17%)

・あなたは副作用の問題について質問しましたか?
はい(79%)、幾らか(14%)、いいえ(4%)、該当せず(3%)

・医師はあなたの質問に答えることができましたか?
はい(61%)、幾らか(27%)、いいえ(8%)、該当せず(4%)

・医師は医薬品やその他のサポートを提供して、あなたが副作用に対処することを支援できましたか?
はい(59%)、幾らか(27%)、いいえ(8%)、該当せず(6%)

・あなたは自分が理解できないことに関して明確な答えを得ることができましたか?
はい(36%)、幾らか(44%)、いいえ(12%)、該当せず(8%)

・医師はあなたの質問に答えることができましたか?
はい(49%)、幾らか(36%)、いいえ(9%)、該当せず(6%)

・再発の不安について医師と話合うことができましたか?
はい(32%)、幾らか(26%)、いいえ(33%)、該当せず(9%)

・これによって不安感が和らいだと感じましたか?
はい(15%)、幾らか(38%)、いいえ(29%)、該当せず(18%)

・医師又は看護師は、あなたが利用できるその他のサポートについて教えてくれましたか?
はい(30%)、幾らか(24%)、いいえ(41%)、該当せず(5%)

・あなたは自信を持って、あるいは進んで自分の関心事を医師に話すことができましたか?
はい(31%)、幾らか(39%)、いいえ(27%)、該当せず(3%)

・あなたは疲労感を覚えていたとき、医師や看護師は利用できましたか?
はい(20%)、幾らか(29%)、いいえ(37%)、該当せず(14%)

・あなたは診察を受けているときに上記の問題について医師と話合う権利があると思いましたか?
はい(36%)、幾らか(25%)、いいえ(27%)、該当せず(12%)

・医師は、上記のいずれかについてあなたと話合うことに積極的でしたか?
はい(40%)、幾らか(29%)、いいえ(29%)、該当せず(2%)


メンテ
2018年国際アンケート調査報告(6) ( No.5 )
日時: 2020/02/11 13:42:46
名前: ヨランダ

<報告書 No.6>

【サポート】
患者へのサービスに関して回答者の大きな関心は、信頼できるウェブサイト(65%)で、電話によるサポートには関心が低かった(16%)。

全回答者からの関心のある患者へのサービス(%)

・信頼できるウェブサイトへのリンク 65
・ダウンロード可能な資料 59
・治療の情報 57
・生の勉強会や医療公開講座 55
・患者会のサービスに関する情報 53
・患者会のサポート 51
・印刷された資料 49
・臨床試験の情報 49
・専門的な身体的サポート 47
・専門的な感情的サポート 39
・保険制度を調べるときのサポート 39
・金銭的サポート 35
・補完的な栄養/フィットネスの情報 31
・疲労感に対するサポート 31
・オンラインのチャット 22
・対面式のサポートグループ 20
・電話によるサポート 16


病歴別 自分の心配ごとを進んで医師に話すかどうかの割合(%)

・リンパ腫であると初めて診断された 
はい話す(33)、幾分(17)、いいえ(50) 該当せず(−)

・診断されて、現在治療中  
はい話す(18)、幾分(27)、いいえ(46) 該当せず(9)

・診断されたが、治療はまだ必要ないと告げられた 
はい話す(−)、幾分(67)、いいえ(33)) 該当せず(−)

・寛解しており、この2年間は治療を受けていない 
はい話す(47)、幾分(20)、いいえ(33) 該当せず(−)

・寛解しており、この2〜5年間は治療を受けていない 
はい話す(38)、幾分(38)、いいえ(19) 該当せず(5)

・寛解しており、5年以上治療を受けていない 
はい話す(29)、幾分(47)、いいえ(24) 該当せず(−)

・今回初めて再発し、現在治療を受けている 
はい話す(20)、幾分(40)、いいえ(40) 該当せず(−)

・2回以上再発したが、現在は寛解している 
はい話す(33)、幾分(44)、いいえ(22) 該当せず(1)

・2回以上再発し、現在治療を受けている 
はい話す(29)、幾分(57)、いいえ(14) 該当せず(−)

・治療を終え、現在は維持療法中 
はい話す(13)、幾分(56)、いいえ(25) 該当せず(6)

・形質転換した 
はい話す(67)、幾分(33)、いいえ(−) 該当せず(−)


メンテ
2018年国際アンケート調査報告(7) ( No.6 )
日時: 2020/02/11 13:51:03
名前: ヨランダ

<報告書 No.7>

III)再発の不安

主な調査結果
再発の不安は回答者が治療中に経験するもので、治療後には不安度は大きくなっていく。回答者は、治療後2〜5年間再発の不安が続く人が多く、8年以上も続くと答えた人もいる。再発の不安は、精神的な不安感、うつ、孤立感に繋がっている。しかし、その気持ちを医師に話すことはめったにない。不安感を覚える回答者の多くは、自分の持っている情報はやや適度あるいは不十分だと感じている。回答者達は、治療中・治療後の再発の不安を、医師、ウェブサイト、看護師に伝えている人が多いが、治療が進むにつれて患者会の利用が増えているのが興味深い。

再発の不安は回答者にとって治療中も治療後も大きな問題で、治療中の36%から治療後には74%と大きく増えている。再発の不安の続く期間も人によって異なる。

再発の不安を覚えた人のうち32%がそれを医師に話し、26%が少し話している。話したことが不安の軽減に役に立ったと感じているのはわずか15%で、少し役に立ったのと感じたのは38%、29%は役に立たなかったと答えている。


治療中に経験した気持ちと、それを医師に話したかどうか(%)

・孤立感  感じた(41%)  話した(3%)
・うつ  感じた(13%)  話した(6%)
・不安感  感じた(50%)  話した(6%)
・再発の不安  感じた(36%)  話した(13%)

治療後に経験した気持ちと、それを医師に話したかどうか

・孤立感  感じた(26%)  話した(4%)
・うつ  感じた(17%)  話した(4%)
・不安感  感じた(33%)  話した(8%)
・再発の不安  感じた(74%)  話した(13%)

メンテ
2018年国際アンケート調査報告(8) ( No.7 )
日時: 2020/02/11 13:54:22
名前: ヨランダ

<報告書 No.8>

IV)疲労感

疲労感は回答者達が最も頻繁に体験している身体的状態だ。回答者達が最も疲労感を覚えるのは治療直後で、治療後3〜5年続く。8年以上も続く人もいる。

疲労感は患者の自立に影響を与え、ライフスタイルの変化をもたらし、一般活動に大きな悪影響を与えている。興味深いことに、疲労感を訴える人は治療後に再発の不安を覚える割合が高い。疲労感による心理社会面の問題として、回答者達がよく述べているのは、体の見た目の変化が気になること、治療中や治療後の学業・仕事の継続の困難さ、再発の不安である。

疲労感は、リンパ腫との診断の後、患者の健康な生活感に最も影響を与える身体的状態だ。

疲労感を覚える人は、生活の中で様々な変化を経験している。生活が変わったと答える人は35%、ある程度変わった人は63%で、十分睡眠をとっても疲労感が取れないという人は52%だ。疲労感は絶えずあるが、日々の生活に変化をもたらしていないと答える人は少数派だ。

疲労感を覚える人の中には、ライフスタイルの変化をあげる人もおり(71%)、自立性の変化(37%)などがあるが、これらの件で医師にサポートを求めたのは26%の人だ。疲労感は他の様々な問題と関連しており、疲労感のある人は治療中よりも治療後に再発の不安を述べている人が多い。


疲労感を持つ回答者の心理社会的影響があったかどうか(%)

・愛する人、友人、同僚・社会生活との関係の変化 
治療中(24)、治療後(23)

・金銭的問題によるストレス
 治療中(22)、治療後(16)

・自尊心の喪失
 治療中(24)、治療後(19)

・身体的外観の変化が気になる事
 治療中(27)、治療後(14)
 
・失業・仕事の減少
 治療中(6)、治療後(14)

・孤立感
 治療中(19)、治療後(14)

・うつ
 治療中(9)、治療後(14)

・不安感
 治療中(22)、治療後(17)

・再発の不安
 治療中(18)、治療後(50)

・仕事や学業の継続の問題
 治療中(25)、治療後(29)

・健康保険や生命保険の補償を受けることの問題 
治療中(13)、治療後(14)

・医療制度を通して効率的に働くことの困難さ
 治療中(8)、治療後(14)

・影響なし
 治療中(1)、治療後(1)

メンテ
2018年国際アンケート調査報告(9) ( No.8 )
日時: 2020/02/11 14:05:27
名前: ヨランダ

<報告書 No.9>

V) 副作用との暮らし

回答者全般に、疲労感と脱毛が身体的状況として最も頻繁に挙げられている。治療中と治療後の両方でよく挙げられているのは、しびれと好中球減少だ。

治療中の心理社会的問題で最も一般的なのは、身体的外観の変化で、治療後では再発の不安が一番多い。再発の不安は2〜5年も続く人が多く、中には8年以上の人もいる。

全体的に見ると、病気の問題、心理状態、心理社会的な問題は回答者により様々で、それらが治療後に続く期間も様々である。

リンパ腫に罹ったことで、回答者の大多数はライフスタイルに変化があり、半数の人は自立面での変化があった。回答者達は感情面の問題よりも頻繁に身体的な問題について医師に話しをしている。回答者達は医師に副作用の治療について話題にしており、多くの人はサポートを得たと思っている。

全回答を見ると、回答者の健康な生活感に影響を与える身体的状況は多岐に分かれている。多いものでは、疲労感(67%)と脱毛(62%)だ。これらの状態が続く期間は様々である。

診断後、好ましくない身体的問題が出たと答えた人の割合(%)

・疲労感 67
・脱毛 62
・味覚と嗅覚の変化 50
・筋力低下 45
・排便習慣の変化 40
・吐き気と嘔吐 40
・感染症に罹りやすいこと 40
・食欲不振 36
・睡眠パターンの変化 34
・粘膜炎・口内炎 33
・皮膚の反応 30
・体重減少 30
・集中しにくい 25
・息切れ 25
・かゆみ 18
・集中力の低下 17
・寝汗 16
・体重の変化 15
・手足のむくみ 15
・性機能の変化 11
・記憶障害 7
・体に水がたまること 5
・不妊 5
・ほてり 4
・けいれん 2
・ウィルスの再活性化 3
・失禁 1
・身体的な変化はなかった 7

メンテ
: 2018年国際アンケート調査報告(10) ( No.9 )
日時: 2020/02/11 14:13:42
名前: ヨランダ

<報告書 No.10>

回答者は体への影響だけでなく、様々な心理社会的な問題によって好ましくない状況になっていた。

これらの問題は回答者の治療中と治療後によって異なる。治療中に一番挙げられているのは、身体的外観の変化で(46%)、治療後は再発の不安(74%)が一番になっている。治療後の再発の不安が続く期間は、2〜5年が一番多いが、8年以上の人もいる。


心理社会的に好ましくない問題があった (%)

・愛する人、友人、同僚・社会生活との関係の変化  治療中(42)、治療後(33) 
・金銭的問題のストレス  治療中(33)、治療後(26)
・自尊心の喪失  治療中(36)、治療後(26)
・身体的外観の変化が気になる事  治療中(46)、治療後(22)
・失業・仕事の減少  治療中(10)、治療後(17)
・孤立感  治療中(35)、治療後(25)
・うつ  治療中(14)、治療後(17)
・不安感  治療中(38)、治療後(29)
・再発の不安  治療中(36)、治療後(74)
・仕事や学業の継続の問題  治療中(40)、治療後(39)
・健康保険や生命保険の補償を受けることの問題  治療中(21)、治療後(17)
・医療制度を通して効率的に働くことの困難さ  治療中(14)、治療後(20)
・影響なし  治療中(5)、治療後(3)
・その他  治療中(-)、治療後(1)


心理社会的に好ましくない問題の続いた期間 (%)

・愛する人、友人、同僚・社会生活との関係の変化  
1年以下(33)、1年(15)、2年(19)、3〜5年(19)、6〜8年(-)、8年以上(14)

・金銭的問題によるストレス  1年以下(24)、1年(17)、2年(21)、3〜5年(24)、6〜8年(5)、8年以上(10)

・自尊心の喪失  1年以下(32)、1年(17)、2年(20)、3〜5年(15)、6〜8年(-)、8年以上(17)

・身体的外観の変化が気になる事  1年以下(39)、1年(18)、2年(25)、3〜5年(12)、6〜8年(-)、8年以上(6)

・失業・仕事の減少  1年以下(44)、1年(4)、2年(30)、3〜5年(9)、6〜8年(4)、8年以上(9)

・孤立感  1年以下(39)、1年(3)、2年(21)、3〜5年(26)、6〜8年(-)、8年以上(13)

・うつ  1年以下(25)、1年(14)、2年(21)、3〜5年(18)、6〜8年(-)、8年以上(21)

・不安感  1年以下(23)、1年(9)、2年(23)、3〜5年(19)、6〜8年(5)、8年以上(21)

・再発の不安  1年以下(18)、1年(12)、2年(23)、3〜5年(24)、6〜8年(7)、8年以上(15)

・仕事や学業の継続の問題  1年以下(36)、1年(16)、2年(16)、3〜5年(16)、6〜8年(6)、8年以上(10)

・健康保険や生命保険の補償を受けることの問題  
1年以下(34)、1年(3)、2年(25)、3〜5年(22)、6〜8年(3)、8年以上(13)

・医療制度を通して効率的に働くことの困難さ  
1年以下(32)、1年(4)、2年(28)、3〜5年(20)、6〜8年(4)、8年以上(12)

メンテ
2018年国際アンケート調査報告(11) ( No.10 )
日時: 2020/02/11 14:40:36
名前: ヨランダ

<報告書 No.11>

VI) バリア・困ったこと

日本の回答者の多くは、治療へのバリアとして金銭的問題を挙げており、それに続くのは治療開始までの長い待機時間だ。

サポートに関しては、日本で利用できなかったものとして報告の多かったのはソーシャルワーカー、スピリチュアルサポート、補完療法士だ。利用したサポートの中で満足度が高いのは、患者会/サポートグループと栄養士/栄養学者となっている。

医師と普段うまく会話ができている人は、治療を受ける際のバリアが少なく、医師と会話があまりできていない人や会話がない人は、バリアが多くなっている。

リンパ腫の治療を受ける際の困ったこと

・金銭的問題 (28%)
・ 治療を受けるまでの必要以上に長い待機時間 (21%)
・医療施設までの交通手段/交通費(19%)
・最新の治療を受けること(12%)
・治療中に介護人(子供、親、障害者)としての役目を休めない(7%)
・ 地元に専門医がいない(4%)
・ 言語 (1%)
・個人的サポート(1%)
・なし (15%)

利用したサービスが、どれくらい役に立ったか5段階で評価してもらった(5が一番高い評価)。また、どのサービスが日本で利用できなかったかも答えてもらった。

一番役に立ったのは栄養士/栄養学者(37%)で、次に患者会/サポートグループ(30%)だ。利用できなかったサービスではソーシャルワーカー(17%)が一番多い。


利用したサービスの評価(「1」が低く、「5」が一番高い)
・ソーシャルワーカー
1(9%) 2(6%) 3(4%) 4(6%) 5(12%)
分からない(9%)  利用できなかった(17%) 該当せず(52%) 

・患者会/サポートグループ
 1(3%) 2(3%) 3(17%) 4(27%) 5(30%)
分からない(7%)  利用できなかった(2%) 該当せず(11%)

・栄養士/サポー栄養学者
 1(10%) 2(6%) 3(12%) 4(7%) 5(37%)
分からない(8%)  利用できなかった(9%) 該当せず(44%)

・カウンセラー/心理学者
 1(9%) 2(3%) 3(7%) 4(6%) 5(6%)
分からない(7%)  利用できなかった(10%) 該当せず(52%)

・スピリチュアルサポート
 1(9%) 2(2%) 3(3%) 4(2%) 5(5%)
分からない(9%)  利用できなかった(15%) 該当せず(56%)

・理学療法 
 1(9%) 2(2%) 3(1%) 4(3%) 5(3%)
分からない(9%)  利用できなかった(13%) 該当せず(55%)

・疼痛処理
 1(9%) 2(-) 3(2%) 4(7%) 5(3%)
分からない(9%)  利用できなかった(13%) 該当せず(57%)

・補完療法士 1(9%) 2(1%) 3(1%) 4(1%) 5(2%)
分からない(13%)  利用できなかった(15%) 該当せず(59%)


上記の利用したサービスの情報は、だれから得たか?

・患者会/サポートグループ (37%)
・看護師 (20%)
・医師 (18%) •
・インターネット検索 (17%)
・他の患者 (9%)
・家族 (8%)
・友人 (1%)
・これらのサポートについて情報がなかった (11%)


(報告書日本語訳抜粋ここまで)
Lymphoma Coalition(リンパ腫連合)のホームページはこちら
https://www.lymphomacoalition.org/


メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存