トップページ > 記事閲覧
書籍『天国で君に逢えたら』飯島夏樹著、新潮社刊、定価1,20
日時: 2004/08/20 17:29
名前: ネクサススタッフ

■書籍『天国で君に逢えたら』飯島夏樹著、新潮社刊、定価1,200円(税別)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104694010/qid%3D1092120202/250-6398177-4079406

 8月8日(日)朝日新聞朝刊社会面、および週刊文春8月26日号で紹介されてい
ます。
 現在37歳のプロのウインドサーファーの処女作ですが、作者自身が2年前に
肝臓がんを発病し、今年6月には「余命半年」と言われ、猛然と書き上げた作品
だそうです。7月30日の発売日の翌日には、国立がんセンターに15度目の入院
をなさいましたが、現在はハワイのホスピスに移られているそうです。
 物語は、国立がんセンターの精神科医が、がんセンター最上階に末期患者の
手紙を代筆するという「手紙屋」なるコーナーを開設し、残り少ない時間を生き
る患者たちの話に日々じっくりと耳を傾け、その話を彼らにとって大切な人宛に
代筆するというストーリーだそうです。
メンテ

Page: 1 |

Re: 書籍『天国で君に逢えたら』飯島夏樹著、新潮社刊、定価1,20 ( No.1 )
日時: 2004/08/31 11:01
名前: ネクサススタッフ

書評が新潮社のホームページに掲載されていましたので、ご参考までに紹介します。

『「生」と「死」と「愛」を見つめた傑作の誕生 』
相原 力

http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/469401-0.html
メンテ
Re: 書籍『天国で君に逢えたら』飯島夏樹著、新潮社刊、定価1,20 ( No.2 )
日時: 2005/02/12 09:56
名前: 柿元政憲< >

私も2年半前に肝臓癌で内視鏡で肝臓の一部を照射しました、やはり生きようとする気持ちと奥さんの寛子さんの献身的な看病と明るく振舞っている姿に感動しました、奇跡が起きてもう一度ウインドサ−ファ−として活躍していただきたいです。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存