トップページ > 記事閲覧
国際リンパ腫患者憲章
日時: 2006/09/25 00:37:24
名前: ヨランダ@オーサカ

今日は、「リンパ腫連合」(Lymphoma Coalition)という外国の組織についてご紹介します。2004年に9カ国のリンパ腫団体で発足したところですが、2006年には22ヶ国、27のリンパ腫団体・患者会が集まるほどになりました。
リンパ腫という血液のがんへの一般の理解を高めたいと、9月15日を「世界リンパ腫啓発デー」に制定しました。そして第3回目となった今年の啓発デーでは、「国際リンパ腫患者憲章」が発表されました。

http://www.lymphomacoalition.org/PDF_2006/Eng_Patient_Charte_%20FINAL_230506.pdf

私のつたない日本語訳ですが、以下、数回に分けて、ご紹介します。専門用語など、不適切な表現がありましたら、どうぞご指摘してください。訂正すべきところは訂正していきたいと思います。
メンテ

Page: 1 |

国際リンパ腫患者憲章 声明文 ( No.1 )
日時: 2006/09/25 00:41:41
名前: ヨランダ@オーサカ

国際リンパ腫患者憲章
        2006年3月リンパ腫連合により批准

【声明文
この国際憲章は、世界で100万人を超えるリンパ腫と共に生きているたちが、最良のケア、情報、サポートを得られるべく創られました。リンパ腫発症数は急速に増加してきており、患者さん達がご自分の病気についてより良い情報を得ることは不可欠です。医療関係者、患者団体、行政、保険、基金、臨床医、研究者、企業を含めた社会全体で、現状を改善していくためにできることはたくさんあり、また、そうすることは社会の責任でもあります。リンパ腫患者さんたちが最良の治療を受けられるようにするためには、この憲章に述べてられている患者の権利が世界中で採択されることが必須です。】

すべての患者さんは、年齢、性別、婚姻関係、民族性、宗教、性的方向性、学歴、経済状態に関わりなく、この憲章に述べられている権利を持っています。この憲章は、患者さんの診断、治療、治療後のケア、継続観察という流れの中で、どの段階の患者さんも支援するためのものです。
                        (憲章本文へと続く)                

メンテ
国際リンパ腫患者憲章 本文 ( No.2 )
日時: 2006/09/25 00:44:22
名前: ヨランダ@オーサカ

(国際リンパ腫患者憲章 本文)
      
診断
すべてのリンパ腫患者は、有資格の血液専門医による適切な時期での検査と正確な診断を受ける権利がある。専門的な画像と精密検査により病気の進度を決定し、適切な治療計画を立てることが重要だ。すべての患者は血液内科医への紹介やセカンド・オピニオンを得て、自分の病気や診断材料について見直してもらう権利がある。

治療
患者は、正確な診断、病期、現在のエビデンスによる薬剤に基づく最善の治療を手に入れる権利がある。患者はすべての選択可能な治療法を知る権利があり、関連する治験の情報を与えられるべきである。患者の経済状態が、患者に治療法選択への情報を与える際の障害や決定要因ではないのは、すべての患者は最善の治療を受ける権利があるからであり、この病気の最新の治療法は大きな関心事であるからだ。患者は、治療法の決定段階で積極的に参加する権利がある。

継続観察
リンパ腫は再発もあり得るので、患者は治療後の定期的なケアや身近な指導を受ける権利がある。リンパ腫患者は必要ならば、専門医や、カウンセラー、看護師、栄養士、緩和ケア専門医からなる特別チームによる継続的なケアを受ける権利がある。これらの人々と患者との間での長期にわたる繋がりと継続観察は、どのような措置を取るべきか最良の決定を下すのに必要である。

情報
患者は診断、治療、闘病全般に関する必要な情報をすべて与えられる権利があり、治療法を決める段階で積極的に参加する人になるように奨励されるべきである。

この情報とは以下のものである。
1) 病気の性質
2) 治療法の選択肢
3) 治療のリスクと副作用
4) 治験参加
5) 患者支援の方法と支援グループ


サポート
患者は、患者支援の方法や支援団体も含めた、すべての支援体制に関する情報を与えられる権利がある。患者は自分の闘病において「声を上げる」権利を持っている。患者支援手段や支援団体は、心理面でのサポートから家族へのカウンセリングまで多くの支援情報への繋がりを広げ、患者の回復過程において大きな役割を果たすことができる。患者は支援団体を通じて、すべてのリンパ腫患者の闘病にインパクトを与える政策決定の話し合いに加わることができる。適切なサポートのネットワークがあることは、どの病期の患者にとっても非常に貴重なことである。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存