トップページ > 記事閲覧
悪性リンパ腫に関するお勧め本
日時: 2007/03/23 11:26:47
名前: ヨランダ@オーサカ

初めて悪性リンパ腫といわれた方やそのご家族は、この病気についていろいろ調べられることでしょう。私も患者になって少しずつですが、調べました。
インターネットで、このグループ・ネクサスや、国立がんセンターのホームページをチェックされる人も多いでしょうが、書籍を手にとってお読みになりたい方もたくさんいらっしゃると思います。そこで今日は、私のお勧めのもの、特に手に入りやすく、分かりやすいものをご紹介します。

1.入門編としてお勧め(漫画イラスト豊富):
「血液のガン 悪性リンパ腫と白血病」飛内賢正著 講談社 2005年発行 1,200円+税

2.初級編としてお勧め(フローチャート入り、文字が大きい):
「悪性リンパ腫」堀田知光編 医薬ジャーナル社 2004年7月発行 3,800円+税

3.再発が不安な方へ中級編(初発の人にも役立ついろんな治療法についての解説あり):
「心配しないでいいですよ 再発・転移 悪性リンパ腫」畠 清彦著 真興交易(株)医書出版部 2006年4月発行 2,200円+税

4.専門用語をマスターした人向け中級編:
「やさしい血液疾患 第4版」押味和夫著 日本医事新報社 2005年4月発行 4,000円+税

以上の本は、大型書店に並んでいたり、並んでいなかったりします。まずご覧になりたい方は、公共図書館や病院内患者図書室で尋ねて見るといいかと思います。
ちなみに大阪市立中央図書館には、上記4冊ともありますので、ほかの23の大阪市立図書館や大阪近辺の公立図書館を通して、貸し出しが可能です。
メンテ

Page: 1 |

症状別の料理の本 ( No.1 )
日時: 2007/04/01 00:46:40
名前: ヨランダ@オーサカ

悪性リンパ腫の治療は、抗がん剤を使って半年くらいかかる人も多いです。副作用で、食欲が減退したり、好みが変わったりすることがあります。また、首に放射線を当てる人もいますが、飲み込みにくくなったり、ヘンな味に感じるようになることもあります。
闘病中のお役立ち料理本を見つけました。

1.10以上もの症状別の食事のヒントと献立(料理は中級レベル)
「病気の人の食事ケア」プリメド社 2006年7月発行 2,800円+税
 福生吉裕、日本医科大学付属四病院栄養士 共著

2.主食・副菜・汁物・デザートのカラー写真豊富(料理は初級レベル)
「かむ・のみこむが困難な人の食事」 女子栄養大学出版部 2006年4月発行 1800円+税

3.春・夏・秋・冬の献立カラー写真豊富(料理は初級レベル)
「かむ・飲み込むが困難な人の献立カレンダー」女子栄養大学出版部 2006年3月発行 2800円+税

以上の本は、お年寄りの病人を対象としているようで、書店や公共図書館ではがんの本コーナーに並んでいないことがあります。介護や栄養のコーナーをのぞいてみてください。
メンテ
化学療法と副作用の知識 ( No.2 )
日時: 2007/04/01 01:51:59
名前: ヨランダ@オーサカ

抗がん剤治療の進め方や副作用対策について、詳しく、しかも分かりやすく書いたものがほしいと思っていました。たくさんありました。書店や公共図書館では、看護のコーナーをご覧になってください。看護師さん向けのがんの本がたくさんあります。

1.抗がん剤の知識が身につき、副作用対策もわかる(中級レベル)
「決定版 がん化学療法のベストケア エキスパートナース2006・11臨時増刊号」照林社 2006年11月発行 定価1400円

2.無菌室で治療を受ける患者とその家族向けのアドバイスあり(この部分は入門レベル)
「ナースのための白血病ノート 改定第3版」南江堂 2003年8月発行 2900円+税 

でも、ダカルバジンの点滴中の副作用、血管痛の対処法はめったに載っていません。ホジキンリンパ腫のABVD療法で使われる薬の一つですが、ホジキンリンパ腫患者数が少ない上に、ダカルバジンの血管痛のひどくなる人も少ないからでしょうか。
上記1の雑誌92ページに血管痛の起こる仕組みが解説してあります。さらに患者が知りたいのは、痛いときの対処法です。温めると楽になるのか、冷やすといいのか。血管の上から皮膚に痛み止めの薬を塗るとか、痛み止めを飲むとかするのでしょうか。
メンテ
化学療法と放射線治療に関する本 ( No.3 )
日時: 2007/05/28 21:59:39
名前: ヨランダ@オーサカ

抗がん剤と放射線について、一般の人対象の分かりやすいものを見つけました。初級編として、おすすめです。平易な日本語で、分かりやすい構成となっています。手ごろな値段も嬉しいです。

1.「抗がん剤の作用・副作用がよく分かる本」
主婦と生活社 2007年5月発行 1,600円+税
監修 佐々木常雄(都立駒込病院副院長)

※抗がん剤名や製薬会社名の一覧もあります。専門用語も分かりやすく解説してあり、血管痛や骨粗しょう症についての短い解説もあり。

2.「がん! 放射線治療のススメ」
三省堂 2007年3月発行 1,600円+税
中川恵一 著(東京大学医学部付属病院放射線科准教授、緩和ケア診療部長)

※いろんながんのサバイバーからの放射線治療の短い体験談が載っています。カタカナ専門用語のあとには( )内に日本語が書いてあるのも、理解しやすくて助かります。
◎アジュバントって術後補助療法のことで、ネオアジュバントって、手術前の化学療法でがんを小さくしてから切るという、アレのことやったんだ―と、悪性リンパ腫仲間では出ない言葉ですが、乳がんなど固形がん仲間との話ではちょくちょく聞いてた言葉ですが、これでスッキリ。

3.「がん!患者会と相談窓口全ガイド」
三省堂 2007年5月発行 1,600円+税
いいなステーション [編]

※全国160ほどの患者会情報が載っています。乳がんの患者会が多いのに驚き。わがグループ・ネクサスは、95ページ、血液・りんぱのがんのトップに載っています。96ページには、ネクサス役員が「相談で多い質問は?」に答えています。



メンテ
治療中の食事の工夫 ( No.4 )
日時: 2007/11/20 07:12:45
名前: ヨランダ@オーサカ

治療中の食事の工夫に、とても役立つ本が出ました。先日11月4日に大阪で開催されたネクサス医療セミナーで、紹介されたものです。講師の菅野かおり先生(日本看護協会神戸研修センター)から薦めていただきました。

がんよろず相談Q&Aシリーズ
がん患者さんと家族のための
「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」
監修・著 山口建
女子栄養大学出版部 2007年11月1日発行 2,000円+税
http://survivorship.jp/syoseki/index.html

リンパ腫治療中の患者さん・ご家族にとっては、待ち焦がれていた本です。しかも、一般書店で販売しているばかりではなく、インターネットで無料で、本の中身が読めるのです。出版やウェブ掲載に尽力された、静岡がんセンター・女子栄養大学・日本大学短期大学部・大鵬薬品に感謝です。
以前、静岡がんセンターが同じような内容の本を出版していることは、ネクサス仲間のナーサンからもこの掲示板(交流)で紹介していただいたことがあります。大阪府のがん連携拠点病院のがん相談支援センターでも置いているところもあります。
でも、やっぱりうれしいのは、このカラーのきれいな本、本屋さんでも売っている本、(これから置かれるはずの)公共図書館でも借りられる本、しかもがん患者・家族向けに書かれた本!
昨日、駅前の大型書店にたくさん積み上げて売られているのを見て、うれしかったです。がん患者の闘病環境が少しずつよくなってきているのが、感じられます。
そう、私が特にうれしいのは、私が料理べただからです。作れる料理のレパートリーが少ない私でも、基本的な料理が作れない私でも、これがあれば強い味方です。
メンテ
看護師向けの本にいい物あり ( No.5 )
日時: 2007/12/26 00:32:07
名前: ヨランダ@オーサカ

看護師さん向けの本は、とっつきやすい漫画の入門書から、専門用語たっぷりの難しいものもあるのですが、患者や家族にとってわかりやすい本が多いのが魅力です。今日のお勧めは次の2冊です。

1.がん放射線治療の基礎知識が身につく本

「がん放射線治療の理解とケア」
 編集 唐津久美子
 Gakken 2007年10月発行 2,100円

しかも悪性リンパ腫の放射線治療について、5ページも書かれています。目のリンパ腫の治療で使われる鉛のコンタクトレンズの写真も載っています。

2.がんの検査や化学療法の副作用がよくわかる

「がん化学療法と患者ケア 改訂版第2版」
 監修 福島雅典/柳原一宏
 医学芸術社 2007年12月発行 第3版第1刷 2,800円+税

抗がん剤治療に携わる看護師さんのための化学療法の基礎知識の本だそうですが、改定前に比べて、看護師向けというより一般向けの装丁になっています。
埋め込み式のポートの説明も詳しいです。
メンテ
消費者の視点からのがんの本 ( No.6 )
日時: 2008/02/03 09:32:05
名前: ヨランダ@オーサカ

がん闘病に役立つ本はいろいろありますが、費用や保険についても詳しく載っているものは珍しいです。
がんの告知、治療、退院後のケアに加えて、どういう場合にどれくらいお金がかかるか、お金が返ってくるかなど医療費や保険に関する最新情報が載っています。消費者の視点でのがん闘病を取り上げた優れものです。

別冊暮らしの手帖「がん安心読本」
 暮らしの手帖社 2007年12月1日発行 1,300円

前半は、「がんとわかるまで」「がんと知るまで」「入院まで」というまとめ方で、検査、告知、情報の集め方、などについて書かれています。セカンドオピニオンの項は、血液がんの専門医の飛内賢正先生が担当です。ソーシャルワーカーの項は、国立がんセンターの大松重宏先生担当です。積極的に紹介する患者会をいくつか挙げておられますが、グループ・ネクサスも入っているのは、嬉しいです。

後半は、がん種別の治療法について述べてあり、最後の章が「かかるお金と備え」です。
この章では、48ページにわたって、次の3点にまとめて書いてあります。「がんになったらかかるお金」「治療費の備え。公的医療保険と民間保険」「民間医療保険の賢い利用法を探る」

この本は、昨年12月「ネクサス大阪お茶会」でスタッフのともこさんが紹介されたものです。その後、駅前の大型書店を何度かのぞいたのですが、がん関係の書籍コーナーには見当たりませんでした。見つけたのは、女性向けの一般雑誌コーナー。暮らしの手帖社が、せっかく医療消費者という考え方での本を出版したのですから、家事・育児などの月刊誌と共に並べているのはもったいないですね。




メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存