トップページ > 記事閲覧
白血病と闘ったひとりの投手
日時: 2004/09/29 21:21
名前: QuVoRi

3年前に悪性リンパ腫を患い、入院生活を送りました。毎日、テレビをぼんやり見ていました。野球の好きな自分は、シーズンオフにもかかわらず野球ニュースを楽しみにしていました。ある日、急性骨髄性白血病を克服し、来季の契約を結ぶことのできた、ひとりの投手のニュースが流れました。

オリックスブルーウェーブの岩下修一投手。
派手さはなく、中継ぎとして淡々と投げる堅実な投手です。それからはオリックスの試合を見に行くと、いつ登板するか楽しみになりました。しかし、決してファンは多いとは言えず、彼の背番号「26」ユニフォームを着ているファンはいまだに見たことがありません。「誰も応援しなくても俺が応援するねん」の旗のもと、「26」ユニフォームを作り、サインを入れてもらいました。「ありがとう」の一言に心底うれしかったのもつかの間、ブルーウェーブは時代の流れに消えて行きました。来年、彼はどのチームにいるのか今は全くわかりませんが、これからも応援したい投手であることには変わりません。↓は昨年末放送されました特番です。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/1230hakke/
メンテ

Page: 1 |

Re: 白血病と闘ったひとりの投手 ( No.1 )
日時: 2004/09/30 01:56
名前: ネクサススタッフ

QuVoRiさん、情報ありがとうございます。私も岩下投手のニュースは、ぼんやりと記憶しています。「白血病ということは、リンパ腫よりも強力な化学療法を受けているはず。となると、身体へのダメージは、リンパ腫の治療を受けている自分よりも大きいはず。なのに、プロ野球・・・すごすぎる」と思ったように記憶しています。オリックスは時代の流れの中でどうなっていくかは未知数ですが、彼の活躍は色褪せることなく、我々患者に勇気を与え続けるでしょうね。
メジャーではイチローがとてつもない記録を打ち立てようとしていますが、同じメジャーで二度の悪性リンパ腫の治療から2004年の9月に復活し、メジャー通算398本塁打の記録をもつ選手がいます。現在43歳のガララーガです。こちらを参照してください。
http://www.major.jp/news/news.php?id=2004090211
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20040921ie04.htm
メンテ
Re: 白血病と闘ったひとりの投手 ( No.2 )
日時: 2006/08/11 21:54
名前: ヨランダ

某大手新聞の日曜には「患者の目」という記事があり、元近鉄バッファローズ投手の盛田幸妃さんが取り上げられていました。脳腫瘍と闘っておられるのですね。また、一昨日は、女子砲丸投げの日本記録保持者の森千夏さんが虫垂がんで亡くなられました。
人並みはずれた運動神経や体力・忍耐力・闘争心を持つスポーツ選手であっても、病魔に襲われることもあるのですね。闘って生き抜く人、残念ながら病魔に命を落とす人、さまざまです。人生には努力も作用するけれど、運もあるのでしょうか。
私は、スポーツ選手ではないけれど、生き抜こう。残念ながら、戦い途中で力尽きた人の分も、生き抜こう。
と、思うのですが、2006年夏のこの暑さはどうだ?ちょっと、生き抜く気力もひるみそうです。
メンテ
Re: 白血病と闘ったひとりの投手 ( No.3 )
日時: 2006/08/13 19:17:51
名前: しん@ネクサススタッフ

2年前に偉業を達成というニュースのあったガララーガ選手は、その後どうなったのでしょうかね。病で闘い、克服された方の話はとても励みになります。僕自身は、がんを克服し、ツールドフランスで前人未到の7冠を達成したランス・アームストロングの著書『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』は、病気になった頃に何度も読んだ記憶があります。彼の財団は米国のがん医療の向上にも大きく寄与していますし、こういった試みが日本でも広がればいいですね。
メンテ
Re: 白血病と闘ったひとりの投手 ( No.4 )
日時: 2006/08/13 21:49:19
名前: ヨランダ

しんさん、レス有難うございます。
リンパ腫仲間では、あまりスポーツは話題にならないかと、地味に投稿してみましたが、はい、レスにお答えします。
アンドレス・ガララーガ(Andres Galarraga)選手は2005年3月に44歳で引退しました。メジャーリーグでのホームランが通算399本という、あともうチョイの数字が心残りだったようです。2度の非ホジキンリンパ腫の治療のあとも、お元気なようで、引退後ゴルフを楽しむ写真が故郷ベネズエラのwebページにのっています。
http://www.eluniversal.com/angal_index.shtml

それにしても、外国では悪性リンパ腫闘病体験のある有名人がいるのに、どうして日本にはいないのでしょうね。似たような病気の白血病より、患者数は多いのにね。病名がかわいくないからかしらと、ちょっといじけてみたりします。
メンテ
ちょっと視点は違いますが・・・。 ( No.5 )
日時: 2006/08/13 22:36:46
名前: お兄さん

 ヨランダ様、お兄さんです。

 そうなんですよね。同じ血液がんである白血病より患者数は圧倒的に多い悪性リンパ腫なのに白血病に比べて、日陰者扱いですよね。

 白血病が血液のがんであることを知っている国民は多いのに、悪性リンパ腫が同じく血液のがんであることを知っている方は非常に少ないように私も感じます。

 また、日本において、血液がんの患者を題材にしたドラマのヒロインやヒーローになるのは殆どの場合、白血病か稀に骨髄腫の患者さん、悪性リンパ腫の患者が取り上げられたのは金八先生の息子位か、あと星野仙一物語の中での奥様だけしか承知しておりません。

 こんな中、公共広告機構により本田美奈子.さんをイメージキャラクターに活用しての骨髄バンクへのドナー登録を呼びかけるPRが各種の媒体を使って7月から来年6月までの1年間のロングランで大々的に展開されています。

 ところが、その内容たるや骨髄移植やドナー登録は白血病患者のためだけのもの、との誤解を与えかねないものとなっています。イメージキャラクターとして非常にインパクトある本田美奈子.さんを使っているだけに、その影響が非常に憂慮され、危惧されるところであります。

 本件と同趣旨の投稿は、ももの木HPのBBSに「直君」さんからなされているところですが、公共広告においてこのような問題があると考えざるを得ない内容で、骨髄バンク制度やドナー制度についてのPRがなされる今の現状は今後悪性リンパ腫の患者サイドにおいても積極的に声を上げていくことによって変えさせて行くことが重要だと考えます。

 悪性リンパ腫という疾患についての国民の皆様の理解が促進され、リンパ腫の患者が適宜適切に必要な治療を何の心配も無く、受けられるような状況を作り上げるためにも、そのような姿勢で進んで行きたいと考えますが、如何なものでしょうか?

 是非共、一緒に頑張りましょう!
 
メンテ
白血病とリンパ腫 ( No.6 )
日時: 2006/08/14 00:48:58
名前: ヨランダ

お兄さんの投稿、有難うございます。QuVoRiさんのスレッドをお借りして、ちょっと、話を横道にそれましょう。(あまりひどくそれないよう、気をつけて
どうしても、白血病の方が、治療も治癒率も厳しいということもあり、世間の注目を浴びるのはしかたないかなとは思います。逆に言うと、リンパ腫の方が治る人や生き延びる人も多いので、目立たないのかもしれません。が、こういう病気であると、世間に知ってもらう必要はありますね。

実は、2004年にも骨髄バンクが夏目雅子さんでCMを流したのです。(この方は、若くして白血病で亡くなられた女優さんです。)このときもリンパ腫患者達から、「白血病だけを取り上げている」と、不満の声がありました。また、同じ頃、イギリス映画の「カレンダーガールズ」がTVで紹介されたとき、原作ではリンパ腫で亡くなった人なのに、TVの紹介と違って映画では白血病になっていたことも、リンパ腫患者達の間では話題になりました。話題性という点から、日本だけではなく、イギリスでもすり替えがあるのかと驚きました。
ちなみに、外国では「白血病協会」という組織名が、最近では「白血病&リンパ腫協会」となってきているようです。この動きも興味深いものです。
さて、そこで、問題は二つあると思います。一つは、『悪性リンパ腫も骨髄移植が必要になることもある血液のがんである』と、広く世間一般に知ってもらうこと。もう一つは、『悪性リンパ腫の病名に悪性をつけないで、通称はリンパ腫だけでいいのではないか』と問いかけていくこと。がんはすべて悪性なのに、どうしてリンパ腫だけに、こんな衝撃的な形容詞がつくのでしょうね。

日本には、まだまだ聞いたこともないような難病はたくさんあります。世間の人に全部知ってくださいとは言えないですが、まず言えるのは、「病気にならないで、健康な生活を送ってくださいね。でも、病気と闘っている人たちがいることは忘れないでくださいね。困っている人には手を貸してください」でしょうか。
メンテ
有り難うございました。 ( No.7 )
日時: 2006/08/14 08:47:43
名前: お兄さん

 ヨランダ様、深夜遅くにレス有り難うございました。
 大いに参考になりました。

 でも、何だか自分の説明不足や説明の仕方の拙さから、真意とするところが完全というか十分には伝わらなかったようで、残念に思います
メンテ
再び! 白血病と闘ったひとりの投手 ( No.8 )
日時: 2007/01/15 21:23:34
名前: ヨランダ@オーサカ

QuVoRiさん、ヨランダ改めヨランダ@オーサカです。元日本ハム投手・岩下修一さんの連載記事がY新聞で始まりましたよ。待ってました!

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20070108ik01.htm

抗がん剤を打って、どういう風に白血病を乗り越えて、再びスポーツ界にもどったのか、とても気になります。がんを克服して現役復帰した人には、とても力づけられますね。

そうそう、オーストラリアには、ホジキンリンパ腫を克服した人気歌手がいることも、A新聞で知りました。去年の11月の記事ですが、美人シンガーソングライター、デルタ・グッドレムさん(22歳)が、日本でアルバムデビューしたと。デルタさんにはご迷惑でしょうが、ものすごく身近に思えてうれしい。美人じゃないけど、私もホジキンよ〜!おばさんだけど、オーストラリアに行ったのよ〜!(ちょっとはしゃぎすぎですね。すみません)

自分のあこがれる世界の人が、自分と似たような病気を克服した話を聞くと、がぜん応援したくなります。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存